f:id:tweetbot:20171231155652p:plain

ぼくが2018年に投資したいと思っているアルトコインです。
それぞれのプロジェクトにコメントを加えながら紹介してます。

一覧はこちら👇

なお紹介するアルトコインは値上がりを保証しているわけではありません。
あくまでもプロジェクト的に有望だと思っているものを紹介しています。

プラットフォーム系

f:id:tweetbot:20171231150723p:plain

プラットフォーム系のプロジェクト。
現在、このプラットフォーム上でトークンを発行したり、DAppsとよばれるアプリケーションが開発されています。

「トークンエコノミー」「DApps」これらのキーワードが語られるとき、基盤となるプラットフォームが何か注目しておくといいとでしょう。

Ethereum(ETH)

鉄板中の鉄板。
イーサリアムがコケるならほとんどの仮想通貨はダメ。それぐらい大事。

NEO(NEO)

中国版イーサリアム。
プロジェクトの質や、開発体制など詳しい内容は追えていないものの中国での政治力が強く&プラットフォームとしての位置を確立した場合今の価格は安すぎる。

NEM(XEM)

こちらは説明不要の日本で人気なプラットフォーム。
現状日本コミュニティでXEM決済は進んでいるものの、NEMはもともとプラットフォームプロジェクト。
そのためNEM上で稼働するサービスを増やせるかが今後の勝負。
NEM上でのICOや、モザイクの活用など、プラットフォーム利用が更に進めばNEM経済圏が広がり、価格も自然と高騰するはず。

Waves(WAVES)

ロシアの巨頭Wavesもプラットフォームプロジェクトとして要注目。
一時、惚れ込んでいて大量に保有していたが手放してしまった。最近は開発、マーケティングともに進んでる。

冷静に考えてバーガーキングがWaves上でトークンを発行してる現状は競合に比べてかなり先にいっている。
トークンエコノミーを実現する実力は十分にあるので資金が流れくるのを待つだけのプロジェクトだと思う。

Wavesに関してはニルスさんのブログで情報を追うべき。

altcoins.blue

Monacoin(MONA)

モナコインは日本で1番コイン(通貨)として使われているのではないかと思う。
よってプラットフォーム系とは言いにくい。・・が、最近リリースされたモナパーティでモナコインベースのトークン経済が誕生する可能性があるため期待できる。

あとは、ほぼ日本に依存した出来高でここまで価格を上げているため、海外での認知が高まり資金流入が実現すればここから2〜3倍の上昇は容易に見込める。

Byteball(GBYTE)

DAG技術を採用しているByteballはまだまだマイナー。
しかし日本での盛り上がりや、サードパーティアプリの日本語化などが進めば認知度は一気に高まる余地はある。
Byteballプラットフォームでサービス開発する人を増やし、キラーコンテンツを出すことが飛躍の条件だと思う。

ツイッターでByteballの情報を発信する人が増えてきたのでチェックしておくべし。

プロトコル系

f:id:tweetbot:20171231150757p:plain

既存技術の改善や問題解決、発展を促すプロジェクトたち。

2018年、以下の記事に書いたように注目される技術のトレンドがあると思う。

www.bitcoin-trade.infoそれに沿った上で注目しているプロジェクトたちを集めた。 

RaidenNetwork(RDN)

イーサリアム版のライトニングネットワーク技術。
2018年、ビットコインやイーサリアムのスケーラビリティについての話題が多くなる→注目を浴びるトークンになるはず。

トークン自体の収益化については不明。

0x(ZRX) 

分散型取引所(DEX)に取り組むプロジェクト。
匿名の問題などは残るものの、現状の取引所形式での売買は徐々に分散型取引所にシェアを奪われると思う(数年スパン)

0xは分散型取引所の課題である高速化をオフチェーンで取り組んでいる。
サービスが形になってきたら買われる。

KyberNetowork(KNC)

上記0xの内容に加え、決済システムも担うのがKyberNetwork
イーサリアムの創設者ヴィタリックがアドバイザーに就いていることから期待度は高い。

分散型取引所に期待するなら0xとKyberNetworkにベットするといいと思う。

Bancor(BNT)

バンコールは簡単にいえばアルトコインの流動性問題の解決に取り組むプロジェクト。

現状、マイナーなアルトコインを購入するためには海外取引に登録し、買い付けなければいけない。しかもマイナーであればあるほど大量の購入がしにくく(板が薄い)流動性が低くなる原因になっている。

プロジェクト側はバンコールに一定量の担保をだすことで、安定した市場価格でトークンを供給できる。ユーザー側にとっても欲しいと思ったトークンを「適正価格」で買うことができるのがメリット。

すでにBancorのサービスではいくつものトークンが買えるようになっている。

Enigma(ENG)

エニグマについては後日記載する(勉強不足でコメントできない)

金融系

f:id:tweetbot:20171231150853p:plain

金融系分野はブロックチェーン&スマコンとの相性が良いことから注目されている。
特にレンディング(金貸)分野は競争が活発。

 

SALT(SALT)

仮想通貨を担保に法定通貨(USDなど)を借り入れできるサービス。

こういったレンディングサービスの需要は高いと思う。最近サービスが稼働したので、徐々に注目を浴びるはず。

Everex(EVX)

発展途上国をメインに金融サービスを提供するプロジェクト。

ウォレットサービス、レンディングなどを総合するプラットフォームを開発している。Everexはもともと「Tokens」「Coinigy」などの有名なサービスを提供していることから開発力、信頼性は高い。

プロジェクトが進むごとにトークン価格が上がることが見込める

ETHLend(LEND)

イーサをメインにレンディングするサービス。

すでにベータ版ではあるが実際にトークンを担保にETHの貸出しが行われている。現状はイーサリアムを借りたいという層が少ないが、需要が拡大するころには大化けするかもしれない。

RedPulse(RPX)

NEO系のプロジェクト。
正直自分にとって何をやってるか分からないプロジェクトだが、自分がフォローしている金融業界出身の方々が注目しているので情報を追う予定。

サービス系

f:id:tweetbot:20171231150949p:plain

サービス系のカテゴリでは実生活で仮想通貨を使ったり、トレード支援ツールとしてのプロジェクトを紹介する。

TenX(PAY)

仮想通貨をそのままリアル決済に使いたい」というニーズは高まっているものの決定的なサービスが不在。

TenXはウォレットにビットコインやアルトコインをデポジットしておき、キャッシュカード決済ができるサービス。これは従来のデポジット型のサービスと違い、TenXはその時のレートでリアルタイムに決済できるのが特徴。

VISA、Mastrerロゴのカードがリリースされたらかなり注目は集まる。

更にCOMITの開発がうまくいき、それに接続するサービスが増えればTenXの収益は相当なものになると予想。

Stox(STX)

予測市場、平たくいうとギャンブルのような賭け事に対してブロックチェーン技術が期待されていることは多い(相手を信頼せず賭けられる)

Stoxはスポーツ賭博をメインにサービスを展開しようとしている。
派手なプロモーションが多いが、開発はまだまだこれからなので過度の期待はできない。

www.bitcoin-trade.infoただプロジェクトチームがサッカーワールドカップ、FIFAクラブワールドカップまでには製品をリリースしたいという意気込みを語っているので個人的には注目している。

Gnosis(GNO)

Gnosisも同じく予測市場に対してのプロジェクト。
Stoxよりはるかに開発は進んでいる。どういうことができるのかは以下の記事がわかりやすい。

individua1.net

 

Cindicator(CND)

集合知をAI分析にかけてトレーダーに有利なツールやトレード情報を提供するサービス。今後仮想通貨トレードでさらに精度の高い情報が求められるようになるためそれに応えるプロダクトを開発し続ければ注目は高くなる。

製品開発に集中すればトークン価格は上がるというのもいいところ。詳しくは過去記事どうぞ。

www.bitcoin-trade.info

CoinDash(CDT)

ICOを開催するときにハッカーにコインを奪取(コインダッシュ)されたプロジェクト。もう駄目かと思いきやBinaceへ上場していたりと、中国方面へのマーケティングは強い模様。

プロジェクトの完成時期は2019年、内容的には面白いのでチェックするつもり。詳しい内容は過去記事をどうぞ。

www.bitcoin-trade.info

OmiseGO(OMG)

東南アジアの決済通貨として開発されているプロジェクト。
イーサリアムのブロックチェーン技術に加えて独自のブロックチェーンを開発中。

どこまでシェアを伸ばせるか不明だが、ニュースが多いので価格上昇に期待できる。

BinanceCoin(BNB)

ご存知、Binanceが発行しているトークン。
ユーザーは300万人、最近のキャンペーンの豪華さをみると相当儲かってると予想。Binanceの収益が上がれば上がるほど、BNBの買い戻しや焼却が進むので自然と高騰するはず。

現状できるかどうかは全くわからないが、日本への進出も計画されていることから期待度は高い。

まとめ

2017年は4月頃からほぼ毎日仮想通貨の情報を追っていました。

情報収集とICOへの参戦をしながら集めた有望だと思われるプロジェクトです。

この中から10〜100倍銘柄がでるといいなぁ・・・・。
2018年もICOを精査しながらこれらに加えて有望なプロジェクトを見つけていく予定です。

仮想通貨に全力コミットしまっせ(๑•̀ㅂ•́)و✧
んでは2018年もよろしく(๑´ڡ`๑)

 

関連キーワード
トレード情報の関連記事
  • 【22選】ご紹介、ぼくが2018年に注目しているアルトコイン
  • 日本コミュニティが活発なアルトコインをまとめました

仮想通貨情報を毎日ツイートしてます→