仮想通貨のあるとこ

仮想通貨(アルトコイン)を研究して1おくえん目指すブログ

これで覚えられる!WAVESアドレスにエイリアス(別名)を設定しました

f:id:tweetbot:20170905231908p:plain

仮想通貨のアドレスって絶対覚えられませんよね?

WAVESでは長ったらしいアドレスにエイリアス(別名)をつけることができます。

エイリアスとは?

エイリアスとは簡単に言ってしまえば「別名」です。

Macではエイリアスというショートカットを作成できるので、Macユーザーにはお馴染みかもしれません。

f:id:tweetbot:20170905221429p:plain

仮想通貨のアドレス長すぎ問題

ビットコインをはじめとする仮想通貨のアドレスは非常に長い文字列です。

例えば以下のアドレスはぼくのWAVESアドレスですが、非常に長ったらしいです。

  • 3P6NKykqh2ioJ1SwTDM2tGFz6HymRAhDPKS

近い将来、仮想通貨で決済をするようになったときアドレス管理が大変になるのは目に見えてますし、気軽さが全くありません。

 

いくつかの仮想通貨はアドレスに別名を登録することができるようになっています。(イーサリアムなど)

 

WAVESも最近それに対応したというわけで、早速取得したので紹介していきたいと思います。

WAVESのエイリアス(別名)取得方法

WAVESのエイリアス取得方法はかなり簡単です。

まずウォレットを使ったことがない人は以下の記事を参考に導入してみてくださいね。

www.bitcoin-trade.info

プロフィール→エイリアスの登録

WAVESウォレットの右上にあるユーザーアイコンをクリックします。

f:id:tweetbot:20170905222749j:plain

するとエイリアスを作成する画面になります。

エイリアスには以下の3種類が使えます。

  • 英語(小文字)
  • 数字
  • 記号の「_」「@」

また1つのアドレスで複数のエイリアスを取得することも可能です。

今回は「deg2020」というエイリアスを取得してみました。

f:id:tweetbot:20170905215702j:plain

 

取得するには文字列を入力し、CREATEのボタンをクリックするだけでOK

手数料は0.001Waves(0.5円ほど)と格安です。 

f:id:tweetbot:20170905220215j:plain

たったこれだけでエイリアスの取得は完了です。

今回2種類取得してみました。

 

WAVES上で以下のどのアドレスを使ってもぼくに送金することが可能です。

  • 3P6NKykqh2ioJ1SwTDM2tGFz6HymRAhDPKS
  • deg2020
  • degusan

簡単に取得できますし、エイリアス名のほうがはるかに覚えやすいですよね?

地味なアップデートですが普及の為には大切な機能だと思いました。

エイリアスで送金してみた

実際に取得したエイリアスで送金もしてみました。

「deg2020」というのを送金先アドレス欄に入力するだけでOKです。

f:id:tweetbot:20170905220356j:plain

 

また受け取り側は、どのエイリアス名を使って送金されたのか?がわかるようになっています。

f:id:tweetbot:20170905220409j:plain

特定の用途だけにエイリアスを取得するのもアリかもしれませんね。

例えば「このエイリアスはブログの寄付用だから誰か寄付してくれたんだ」など色々使いみちがあると思います。

WAVESの勢いは徐々に・・・

f:id:tweetbot:20170905232321p:plain

今回はエイリアス機能を紹介しました。最近のWAVESは開発スピードが早く非常に期待できますね。

 

ロシアが本拠地のWAVESは既存社会の仕組みを破壊していくのではなく、融合していくアプローチをとっています。

政治的に敵対することのないように取り組んでいるので今後が非常に楽しみな通貨です。(プーチン大統領お墨付きになれば嬉しい)

 

またバーガーキングがWAVESトークンを発行したのはご存じですか?これは凄いことだと思いますよ。

Burger King Russia issued a token on Waves – Waves Community

今後も色々な企業がWAVESプラットフォームへ参加していくでしょう。

WAVESを色々知りたい人へ

WAVESの情報収集をしたい人へオススメなのがニルスさんのブログです。

waves Archives - ページ 2 / 2 - ニルスの暗号通貨日記

ロシアのニュースなども取り上げてますので、かなり参考になると思います。

なかなか日本語でWAVES情報をここまで発信してる人はいません。

 

また、ぼくも過去にWAVESの記事を書いていますのでよければどうぞ。 

www.bitcoin-trade.info

 

 以上、「これで覚えられる!WAVESアドレスにエイリアス(別名)を設定しました」でした。

んでは(๑´ڡ`๑)