仮想通貨のあるとこ

ビットコインとアルトコインの「最前線」を発信するブログ

【反省会】ビットコインゴールド(BTG)が誕生!結局どうするのがオトクだった?

f:id:tweetbot:20171016144147p:plain
10月24日にビットコインゴールドが予定どおり誕生しました。今回どう立ちまわるのが正解だったのでしょう?

稼げたか?」というところに要点をおいて今回の騒動を振り返ってみます。

10月の仮想通貨全体の動きは?

まずビットコインゴールドが騒がれたのは10月初旬のころでしたね。

このブログでも10月6日ごろに疑心暗鬼ながらも取り上げました。

ビットコインドミナンスの上昇

f:id:tweetbot:20171025150748j:plain

アルトコインはいい迷惑

そして10月からのビットコインの値上がりと共にドミナンス(支配率)が上昇を開始。

その後中旬(15日ごろ)以降はゴールドの情報が出るほどドミナンスは上昇し、結果アルトコインが吸われてしまう形となりました。

BTC建で見た場合のアルトコインはかなり下落したことになります。

スタイルは人それぞれですがゴールドの配布イベントを見越し、一旦ビットコインへ退避させることもアリでした。

10月のビットコイン価格は

次はビットコインのJPY価格を見てみましょう。

f:id:tweetbot:20171025152257j:plain

27%上昇

9月のチャイナショックを脱したこともあり、ビットコインは上昇ムードに突入してます。結局ビットコインゴールドの配布後の下落を考慮したとしても10月1日から27%もの上昇。

10月1日に100万円分のビットコインを買っておけば127万円です。

しかし、そう簡単でもありません。

もしビットコインを買うタイミングが以下のタイミングなら損失が出ています。

  1. ゴールドの情報が広まりきる前(15〜20日前後)→微損。
  2. ゴールド熱が過熱していた数日前(22日頃)→高値づかみで大きな損失。

難しいですね、買うタイミングは。。。

ゴールド発生!当日のビットコイン動きは?

次にビットコインゴールドの付与権利が決定した24日の朝の状況です。

f:id:tweetbot:20171025152848j:plain

数分で8%の下落

ゴールドの付与権利が「特定の時刻」という間違った解釈が市場に広がっており、慌てて駆け込みでビットコインを買ったような上昇が直前に見られます。

そしてゴールドの付与基準であるNo.491407に達した時点で投げ売りされました。

僅か5分の間でビットコインが5万円(8%)下落。

株の優待取りにあるような「クロス取引*1」をしておくべきだったといえるでしょう。

アルトコイン大上昇!

f:id:tweetbot:20171025171937p:plain

アルトコイン暴騰

ゴールドの権利が確定した瞬間ビットコインが流入したかのような上昇。

時価総額の低いアルトコインにはあまり恩恵がありませんでしたがイーサリアムを筆頭とするメジャーアルトは20%以上の上昇も珍しくありませんでした。

ゴールドをどう受けとるべきだった?

次に権利を手にするベストな選択肢は?についてです。

国内ではビットコインゴールドの価格はついていません。 

現在のビットコインゴールド価格は?

f:id:tweetbot:20171025165129p:plain

すでにゴールドが付与され、取引されているのは以下の3つの取引所です。

  • Yobit:0.04BTC
  • HitBTC:0.04BTC
  • Bitfinex:0.02BTC

※最高値は上記の倍ほど

上記の取引所に預けておけばビットコイン価格の2〜4%ほどの利回りでゴールドを手にできたことになります。 

【余談】

ビットコインゴールドは公開環境にありません。

上記のゴールドはそれぞれの取引所がビットコインの数量に応じて勝手に付与している先物(IOU)のようなものです。*2

国内取引所は現物を11月に付与か?

f:id:tweetbot:20171014022850p:plain

日本でゴールドを買う人はいるのか?

bitFlyerとcoincheckはビットコインゴールドの付与を宣言していたので、11月1日(ゴールドの公開)に付与が開始されるでしょう。

しかしセキュリティ上の問題からゴールドの出金は数週間はできないと思われます。

よって国内ではbitFlyerが取引サービスを提供したときのみ、売却できるものと思われます。

 

このことから現時点では比較しきれないものの、BitfinexかHitBTC/Yobitでビットコインを保有するのが「稼ぐ」という観点では正解でした。 

ゴールド騒動まとめ

以下のように立ちまわるのがベストだったのかな?と思います。

  1. 10月初旬からアルトコインをBTCへ退避させる(BTC資産減少を防ぐ)
  2. 24日にBTCをFXでクロス取引する(権利落ちの暴落を防ぐ)
  3. 権利確定の瞬間にアルトコインを買う
  4. BTC現物を海外取引所へ送りゴールドを即売却する(利益確定)

個人的な反省会

3以外の動きは概ねできていたので、割りといい動きでした。

HitBTCにそこそこのビットコインを送ったのがファインプレー。 

 

ところがどっこい、その後にビットコイン価格が戻ると思ってFXで強めにロングしたら大敗北・・・

f:id:tweetbot:20171025170430p:plain

エグくない?

ばかやろーう(ヽ´ω`)

でもビットコインのレバレッジ取引って本当ワンチャンあると思う(懲りない)

www.bitcoin-trade.info

以上「【反省会】ビットコインゴールド誕生!結局どうするのがオトクだった?」 でした。

次はビットコイン本家の分裂騒動が11月に待っています。まだまだ波乱は起きます。 

んでは(๑´ڡ`๑)