仮想通貨のあるとこ

ビットコインとアルトコインの「最前線」を発信するブログ

8月1日のビットコイン分裂問題を再考する・・・

f:id:tweetbot:20170713214732p:plain

7月13日、暴落とは何だったのかと思うぐらい回復してますね。

今回はまた8月1日のビットコイン分裂問題について考えてみました。 

まず、第一に書いておきますがこの記事の中に8月1日に向けてこうするべき!という記事ではありません

改めてビットコインの分裂問題を考えるための参考としてと、ぼくの予想を書いているだけです。

ビットコインの分裂問題を正しく理解する為に 

まず「8月1日」「ビットコイン分裂」「UASF」というキーワードだけ何となくわかってるけど・・・・

という人に向けてヨーロピアンさんの記事がおすすめです。 

 

超分かりやすいので、これはぜひ読んでみてください。

ビットコインの基本的な仕組みのおさらいにもなります。

medium.com

恥ずかしながら、ぼくは分かってるようであまり分かってなかったです。 

分裂した後のビットコインの消滅リスク

それでこの記事を読んだ中で、特に以下の部分について超ヤバいと感じました。 

しかしながら、ハードフォークと決定的に違うのは「従来のチェーンはいつ新方式に追い抜かれるか分からないという恐怖と常に戦わなくてはいけない」ということです。 追い抜かれた瞬間にそれまでの歴史は全て無効化され新台帳に上書きされてしまうわけですから、これは当然です。

引用元:約10分で正しく理解する「8/1に何が起こるのか」 – 西欧の車窓から – Medium

 

このままいくとビットコインは高い確率で分裂します。

そこまでは分かります。

 

しかし分裂した一方のビットコインは消滅するリスクがずっと続くということ。

 

つまりビットコインの分裂によって、決済方法として使い物にならなくなる可能性もあるんですよね。

そうなると価値はゼロに等しくなります。

 

「じゃあ消滅しないほうのビットコインを使えばいいのでは?」

 

となりますがこっちは処理能力の問題で決済スピードが激遅になります。

 

これも同様に価値を下げる要因です。

 

つまり誰もトクしてない・・・・ってことです。

 

なんで開発とマイナーの派閥争いのせいでビットコインの価値が下がらなきゃいけないんでしょうね(´Д⊂グスン

※SegWit2xという技術でのハードフォークもあるようですがこれは分裂後に消滅のリスクがないのか?考えても分からなかったので引き続き勉強中です。

ビットコインを扱う取引所の対応

本当にUASFやるの?という誰もが見守っている状態が今だと思うのですが、取引所のアナウンスがそろそろ出てくる頃です。

  1. 取引所がビットコインの入出金を停止する
  2. ビットコインの取り扱いについて声明を出す

上記のような内容ですね、既にそういう動きはみられます。

取引所のビットコインについての声明

f:id:tweetbot:20170713220900p:plain

あとは取引所が分裂したビットコインをどう扱うか?についての声明です。

 

例えば3月にもハードフォーク騒ぎがあったのですが、その時に取引所はBitcoin Unlimitedは従来のビットコインは別モノです、という声明を出しました。

ビットコイン分裂阻止へ、「Bitcoin Unlimitedは新通貨」と取引所18社 

※ちなみに上記の共同声明にbitFlyerはいないんですよね・・・

 

この時は分裂は避けられましたが、本当に分裂してたらどっちのビットコインに価値が有るのか?ということで混乱してたはずです。

 

そう考えると今回の騒動も混乱は避けられません。 

ここからは想像

自分の妄想ですが・・・・

  

本当にUASFやんの?
ただの脅しだよね?|д゚)チラッ

 

っていう状態が今なんじゃないかと思います。

 

ビットコインの開発側がこれ以上は耐えられないということで、脅迫に近い形で新技術の導入を迫っているということ。 

さすがにここまでやれば屈するだろう、と。 

結局分裂しないんじゃない?

f:id:tweetbot:20170713221025p:plain

ビットコインの暴落はいいとして、無価値になることは誰も望んでいないはず。

 

よって結局ビットコインは分裂しないんではないか?

仮に分裂したとしても、先ほどのような消滅リスクを抱えるような状態にはならないのではないか?と思っています。

妄想ストーリー

  1. ビットコイン分裂確定!!のフェイクニュースが出る→暴落する
  2. 7月下旬マイナー側が「UASFには屈しません!分裂しても構いません!」と強硬姿勢を示す→さらに暴落
  3. しかし8月1日直前に「やっぱり分裂はよくないので考えなおしました、スミマセン」これをみてUASF案の撤廃がされる
  4. 「分裂回避!これで安心できる!」→爆上げ 

 

っていうストーリーを予想しました。

1と2の不安騒動による暴落で仕込んだ大手が丸儲け的な感じになるんじゃないかと。

 

たぶん。

 

考えれば考える程、よく分からなくなってきました。

もういちどヨーロピアンさんの記事を読みなおそう。

 

・・・と、ここまで書いてたらビットコイン公式から、8月1日分裂についての注意喚起がリリースされたという情報がありました。

これも読まなければいけませんね!

あとSegWit2xもよくわからないのでこれも読み直します。

 

 

色々調べて、結局振り出しに戻る。。。。

 

んでは(๑´ڡ`๑)