仮想通貨のあるとこ

仮想通貨(アルトコイン)を研究して1おくえん目指すブログ

【エアドロップ】Byteball/GBYTE(バイトボール)のよくある質問について

f:id:tweetbot:20170729185852p:plain

Byteballには毎月の満月にエアドロップがあります。この時期、多く質問をいただくので代表的なものをまとめました。

エアドロップへ参加しようとしてる人は確認してみてくださいね。

エアドロップについて、ウォレットのインストールについてはこちらの記事を読んでください。 

www.bitcoin-trade.info

【追記】

Byteballのエアドロップ料率の変更がありました。

最新の状況はこちらに書いてるので、あわせてご確認ください。

www.bitcoin-trade.info

1.取引所にあってもエアドロップされるか?

Byteballの通貨であるGBYTEの代表的な取引所はbittrexです。

こちらで入手する人も多いと思いますが、現在取引所へ置いておいてもエアドロップは受けられません(bittrexが持っていく?)

ですのでByteballのエアドロップを狙っている人は、公式ウォレットへ送金してください。

公式ウォレットはこちらからダウンロードできます。

Releases · byteball/byteball · GitHub

補足:エアドロップ対応の取引所

こちらは未確認情報ですがCRYPTOXという取引所では、預けたままでもエアドロップを受け取れるようです。

こちらの「BMCodes」というところにコードが発行され受け取れるようです。 

f:id:tweetbot:20170802222936j:plain

こちらは実際に試したわけではありませんので、利用する人はご自身で調べてみてくださいね。

2.取引所からGBYTEをウォレットに送ったが届かない

f:id:tweetbot:20170803172933j:plain

取引所から送金したがウォレットへ着金しない、そんな場合は取引所かウォレットどちらの問題であるか確認しましょう。

Bittrexから送金した場合「WITHDRAWAL HISTORY」の欄で送金履歴がCompletedになっていた場合はウォレット側の問題です。(上記画像参考)

Byteballの送金は1分もかかりません。 

もしウォレットに残高が反映されない場合は再起動をしてみましょう。

それでも反映しなければ、ウォレットがまだ同期中で最新の取引履歴が取り込まれていない状態です。(この場合3の内容を確認してください。)

3.Byteballのウォレットの同期が終わらない

Byteballのウォレットは「フルVer.」と「ライトVer.」があります。

これは最初の起動時に選択することができ、あとから変更することはできません。

f:id:tweetbot:20170704203822p:plain

エアドロップを受け取るだけに使う場合は、基本的にはライトウォレットを推奨します。(ライトウォレットではSeedによる復旧はできません)

 

もしフルウォレットを選択した場合、同期中の間は以下のような表示が続きます。

f:id:tweetbot:20170803173025j:plain

これは過去の取引内容をダウンロード中であることを表します(画像は2017年1月5日分)

環境にもよりますが、完了まで1日〜2日かかりますし、データ容量も大きいです。

  • ウォレットのバージョンが最新かどうか?
  • 一旦削除して再インストールし「ライトウォレット」を入れてみる

どうしても同期が終わらない場合、上記2点を確認してみてください。 

4.BlackByteballが届かない

Byteballには匿名送金に特化したBlackByteballというアセット(通貨)があります。

こちらもエアドロップの対象になっています。 

  • BTC to bytes: For every 1 BTC, 62.5 MB [0.0625 GB or 62,500,000 (white)bytes]
  • BTC to blackbytes: For every 1 BTC, 2.1111 x 62.5 million blackbytes (money supply of blackbytes is 2.1111 times as much as that of bytes)
  • Bytes to bytes: For every 10 (white)bytes on any Byteball address, 2 new (white)bytes
  • Bytes to blackbytes: For every 10 (white)bytes on a linked Byteball address: 4.2222 new blackbytes

引用元:Byteball Wiki

こちらはByteballのBTCアドレスリンクと、BlackByteballがウォレットにある、このどちらかの条件を満たしていればエアドロップを受けることができます。(GBYTEのみの場合エアドロップ無し)

「 BTCアドレスリンクとは?」についてはこちらに書いてあります。

www.bitcoin-trade.info

しかしBTCアドレスリンクをしたのにBlackByteballが届いていない・・・という報告も一部あります。

こちらの原因は不明のため公式Slackで問い合わせする必要があります。(英語です)

5.エアドロップは残り何回ある? 

f:id:tweetbot:20170705170924p:plain

Byteballのエアドロップはあと何回あるのか?現時点では最後のエアドロップは10月〜11月が濃厚です。

wikiにあるようにByteballの総発行量は100万GBYTEです。

Total supply of bytes = 10^15 = 1,000,000,000,000,000
Total supply of blackbytes = 2.1111 x 10^15 = 2,111,100,000,000,000

引用元:Byteball Wiki

7月のエアドロップ終了後時点で365,903GBYTEが発行済みです。

f:id:tweetbot:20170802225419p:plain

このまま保有量の20%、BTCリンクの配布が続くと仮定すれば10月か11月に上限に達します。

※ちなみに現時点の総発行量を以下のサイトで確認しましたが、100%正しいという裏取りはできていませんので参考程度にしてください。

CryptoCurrency Market Capitalizations

最後のエアドロップ後のByteballの価格は?

Byteballの魅力は「20%のエアドロップ」というのが先行してるため次回エアドロップがないとなった場合は暴落・・・と考えられます。

しかし仮想通貨全体のボリュームがこれから大きくなっていくという前提に考えると
追加発行がない=1単元あたりの単価上昇ともいえます。

なので最後のエアドロップ後に大きく暴落、その後徐々に価格をもどしていくと思われます。(アテにしないでくださいね笑)

Byteballの特徴

  • ブロックチェーンではなくDAG技術を採用している
  • 匿名送金、保険、スポーツ結果でのギャンブリング、スマートコントラクト支払いなどの多彩な機能
  • オリジナルのアセット(通貨)を発行できる

Byteballは上記のような特徴を持ち合わせておりポテンシャルは高いです。


しかし多機能ではあれど実際にByteballを企業が採用したり、実生活で使われているわけではありません。

これは他の仮想通貨全般にもいえますが、Byteballが一段と飛躍するためには実際の利用シーンに落とし込まれるのが大切ですね。

以上、Byteballのよくある質問についてでした。他にも共通した質問が出た場合は追記していきます。


んでは(๑´ڡ`๑)

リンク

公式wiki:Byteball Wiki

ウォレット:byteball/byteball · GitHub

redit:Byteball

CoinDateBase:【GBYTE】Byteball(バイトボール)  (日本語)