仮想通貨のあるとこ

ビットコインとアルトコインの「最前線」を発信するブログ

【必携】仮想通貨の超便利なトレードツール「Coinigy」を紹介!

f:id:tweetbot:20171009181320p:plain仮想通貨を頻繁に売買したり多くのアルトコインを保有している人へオススメの「Coinigy」という海外ツールの紹介です。

Coinigyは何ができるのか?

f:id:tweetbot:20171003233129p:plain

まずこのツールをおすすめしたいのは以下のような人たちです。

  1. 海外取引所を使う仮想通貨トレーダーの人
  2. 様々な種類のアルトコインを保有してる人
  3. 複数の取引所間でアービトラージをしている人

取引所は日本国内しか使わない、コインは取引所にあずけたまま・・という人には正直メリットがあまりないです、スミマセン。

Coinigyの便利なところ

先ほどの条件に当てはまる人たちは色々面倒なことがあると思います。

  • 複数の海外取引所へのログインが面倒だ
  • それぞれの取引所の残高を把握するのが大変だ
  • 取引所間の価格差を調べるのが大変だ

などなど、Coinigyはそういった面倒を解決してくれる仮想通貨トレードツールの決定版です。

他にも以下のような便利な点もあります。

  • 自分の保有している仮想通貨の残高を1つの画面に集約できる
  • BlockfolioのWeb版のようなツールとして使える

便利そう!とりあえず使ってみたい。

と思った方は、1ヶ月無料で登録できますのでどうぞ。→ Coinigy(メールアドレス/パスワードのみです)

Coinigyの残高管理画面

f:id:tweetbot:20171010021913j:plain

Coinigyの便利さは実際に上記の画面をみてもらうと分かります。 

このように「Bittrex」「Poloniex」「Liqui」など海外取引所と連携し、それぞれの口座の残高を一元管理することができます。

 

Coinigyを使えば、もうブラウザのタブを圧迫することもありません。

1つのWebサービスから複数の海外取引所のトレードができてしまいます。

 

デメリットを先に伝えると有料っていうところですね。

「有料か・・・」と思うかもしれませんが、1ヶ月は無料で使えるので試してみてはどうでしょうか?

Coinigyの登録方法(1ヶ月無料)

Coinigyを使う準備はすぐに終わります。

↓のリンクからCoinigyのサイトへ移動してみてください。

www.coinigy.com

その後、メールアドレスとパスワードを設定し認証すれば完了です。

f:id:tweetbot:20171010012151j:plain

メールアドレスを入力

パスワードは強力なものにすることをオススメします。

f:id:tweetbot:20171010012215j:plain

パスワードの設定

2段階認証は必ず設定を!

ログイン後、右上の「Setting」→「Two-Factor Authentication」で2段階認証を設定するようにしましょう。(必ずやってくださいf:id:tweetbot:20171010012848j:plain

ここまで準備が終わりましたら「APIキーの登録方法」→「トレード画面」の順に紹介していきます。

取引所のAPIキーをCoinigyに設定する方法

ではさっそく取引所の情報をCoinigy登録していきましょう。

 

それぞれの取引所からAPIキーを発行しCoinigyに登録することで残高照会やオーダーなどの情報をやりとりできるようになります。

 

以下はBittrex(ビットトレックス)のAPI設定方法を代表例として紹介しています。

APIキー設定画面について

まずCoinigy側でAPIキーをどこに入力するのかの説明です。

ログイン後「Account」→「Add New Exchange」→「Bittrex」と選択していきます。

(Bittrex以外の取引所も同じように設定)

f:id:tweetbot:20171010022051j:plain

Coinigyの設定画面は以下のように「API Key」と「Secret」の2つを入力する画面が出てきます。(ニックネームは任意です) 

f:id:tweetbot:20171009201931j:plain

各取引所からAPIキーを取得する

Coinigyに入力する方法が分かればあとは、各取引所からAPIキーを取得しましょう。

Bittrexの画面で紹介していきます。

ログイン後「Setting」→「API Keys」→2段階認証のコードを入力

f:id:tweetbot:20171009202219j:plain

2段階認証コードを入力するとAPIキーを管理する画面が開きます。

「Add New Key」→「Wethdrawの権限をOFFにする」→「2段階認証コード入力」→「Update Keys」の順に操作します。

f:id:tweetbot:20171010022209j:plain

※Wethdraw権限をOFFにしないと口座からの引き出し権限も与えてしまうので危険です。

ここまでできたらAPIキーの「Key」「Secret」をそれぞれコピペしてCoinigyの設定画面で入力します。

f:id:tweetbot:20171009231616j:plain

Coinigyへの入力が終わると、以下の画像のように「Bittrex」が登録されます。

f:id:tweetbot:20171010022331j:plain

これでCoinigyと取引所の連携が完了です。

今後はBittrexにログインしなくても残高確認やトレードが出来るようになります。

その他の海外取引所について

他の取引所も同様にAPIを取得して設定します。大まかな操作方法は共通しています。

なお、各取引所ごとのAPIキー取得方法がCoinigyのサイトで記載されていますので参考になると思います。

coinigy.freshdesk.com

ウォレットの残高をCoinigyに登録する方法

f:id:tweetbot:20170910143403p:plain

Coinigyでは取引所だけではなく、仮想通貨のウォレットにも対応しています。

ビットコインやイーサリアム、イーサリアム系トークンなど幅広く対応しています。

イーサリアム系の通貨を登録する

ここでは例としてイーサリアム系のトークンを追加してみます。

「Account」→「Add New Wallet」→「Ethereum Tokens」を選択。(名前にはトークン名などを入れましょう)

f:id:tweetbot:20171010013606j:plain

様々なアルトコインに対応可能

仮想通貨の残高管理としてかなり優秀に使えるCoinigyです。 

Coinigyのトレード画面

次にCoinigyのトレード画面の機能を紹介していきます。

トレード画面には便利な機能が豊富にあります。

  • 取引所別の通貨をお気に入り登録できる
  • チャートツールが豊富にある
  • オーダーの価格をドラッグしてコントロールできる(直感的/スピーディ)

f:id:tweetbot:20171010015228j:plain

他にも色々な機能があります。

  • 詳細なアラートの設定、ノート機能(日本語不可)
  • カラーパレット
  • 複数取引所間のオーダー確認
  • 注文履歴の確認

f:id:tweetbot:20171010015203j:plain

とにかく多機能なので全部使い切れないほどです。

元々FXや株などのトレードを本格的にやっていた人でも満足して使えるトレード画面であると思います。

Coinigyの利用料

高機能なCoinigyですが、前述の通り1ヶ月の無料期間を過ぎると利用料が発生します。

1ヶ月約2,000円です。 

f:id:tweetbot:20171010014029j:plain

また利用料はビットコインでの決済も可能です。

有料ではありますが、現時点でここまで海外取引所をまたいで便利に使えるモノはありません。

トレードや残高管理に必携ともいえるツールです。

 

まずは1ヶ月の無料期間で判断してみてはどうでしょうか?(๑•̀ㅂ•́)و✧

登録は以下のリンクからどうぞ!

www.coinigy.com

んでは(๑´ڡ`๑)