仮想通貨のあるとこ

仮想通貨(アルトコイン)を研究して1おくえん目指すブログ

いま話題の分散型取引所、EtherDelta(イーサデルタ)の使い方について

f:id:tweetbot:20170820210822j:plain

マイナー通貨の宝庫、EtherDelta(イーサデルタ)という取引所の使い方を詳しく紹介しました。

EtherDelta(イーサデルタ)とは?

イーサリアムベースの分散型取引所です。*1

管理者不在で運営されるのが特徴で、ブロックチェーン技術で実現が期待されている分野です。

 

ICO直後に取引できる」「まだ上場してない通貨が買える

上記の理由から、分散型取引所であるEtherDeltaの人気が高まってきてます。

 

しかし従来の取引所と同じ感覚で利用すると思わぬトラブルに遭遇します。

以下のことを理解した上で利用してくださいね。

  • 取引所ではなく交換所、サポートは一切ナシ
  • 入金、取引、出金の全てに手数料がかかる
  • セキュリティ上、イーサリアムアドレスは使い捨てるべし

事前準備~Metamaskの導入~

f:id:tweetbot:20170813124211p:plain

EtherDeltaの利用にはイーサリアムウォレットのMetamask(メタマスク)の導入をしておきましょう。

導入方法はこちらの記事を参考にどうぞ。

www.bitcoin-trade.info

メタマスクの導入が完了したら、イーサアドレスをメタマスクに登録するところまで終えます。

EtherDeltaで使うアドレスの秘密鍵は必ず控えるようにしてください。

EtherDelta(イーサデルタ)の使い方 

EtherDeltaでの大まかな取引の流れは以下の4ステップです。

  1. イーサアドレスを入力&メタマスクの認証をする
  2. EtherDeltaへ入金する
  3. オーダー情報を送信する
  4. メタマスクのアドレスへ出金する

では順に解説していきますね。

イーサアドレスを入力&メタマスクの認証

EtherDeltaを開き右上のメニューに「import account」があります。

f:id:tweetbot:20170819155719j:plain

 

この場所へ事前にメタマスクへ登録したイーサアドレスを入力します。

f:id:tweetbot:20170818223227j:plain

 

アドレスを入力した直後は右上に赤色でアカウントが追加されます。

f:id:tweetbot:20170818223129j:plain

赤色の状態は認証がすんでいない状態なのでいったんEtherDeltaを読み込みなおしてください。(もし緑ならやらなくてOK) 

 

再度読み込みをして「Metamask」と緑色で表示されたら、EtherDeltaとの接続は完了です。

f:id:tweetbot:20170818223315j:plain

※もしこれをメタマスクを使わずやろうとした場合、非常に面倒くさいので素直に使うのがいいです。

入金する(Deposit)

次にEtherDeltaへイーサを入金をします。

左上の「BALANCE」にある左側がメタマスク、右側がEtherDeltaの残高になっています。

f:id:tweetbot:20170818223516j:plain

 

EtherDeltaへ送金する数量を入力したら「Deposit」をクリック 。

するとメタマスクが起動し、こんな画面がでてきます。

f:id:tweetbot:20170818223840j:plain

表示されている送金手数料を確認するようにしてください。

 

イーサリアムの送金の概念は以下の2つで構成されており、GAS金額を上げれば上げるほど早く送金できます。

  • GAS Price → ガソリンの値段
  • GAS Limit → 使用する燃料の上限

 

しかし、上げ過ぎると送金に数百円かかることもあるので、よほど急いでる場合でない限りデフォルト設定のまま送金しましょう。

 

送金の反映時間はイーサリアムのネットワーク状態に依存します。

※3時間かかったこともあります

 

完了すると以下のようにEtherDelta側へ残高が表示されます。

f:id:tweetbot:20170819155900j:plain

 ここまできたら入金は完了です

オーダーを送信する

次にオーダー方法です。

EtherDeltaの特徴としてオーダする金額を間違えたとしても、その額で取引されてしまうというのがあります。

 

例えば0.000531で買いたいはずなのに、0.00531とゼロを1個間違えてオーダーしてしまっても間違えた金額で約定します。

普通の取引所であれば、ゼロを1つ間違えても1番安い売値で取引が成立しますがそれもありません。

f:id:tweetbot:20170818224443j:plain

EtherDeltaは非常に誤発注が多いです。注文のキャンセルもできません。

しかも誤発注を狙った売り注文(現在値からゼロを繰り上げる)も非常に増えてきてます。

ちなみにEtherDeltaを取引所ではなく交換所と表現したのはこのためです。 (注文をマッチングしてるだけ)

誤発注を防ぐために

誤発注を防ぐためにも、板にある数字を直接クリックすることをおすすめします。

以下の画像のように価格を直接クリックし「ETH」で数量を調整すればOKです。 

f:id:tweetbot:20170819160406j:plain

繰り返しになりますが誤発注だけは気をつけてくださいね。

 

なおEtherDeltaはオーダーをするのにも送金手数料が発生します。(イーサのブロックチェーンへ書き込むため)

入金の時と同じくオーダー情報の送信後、しばらく待つ必要があります。

 

なお、売り手がいない金額でオーダーを出した場合は以下のようにSignをすることで、売買成立時に自動的に処理をしてくれるようになっています。

f:id:tweetbot:20170819231224p:plain

オーダー情報のトランザクションが承認されたら取引は完了です。

メタマスクのアドレスへ出金する 

出金は以下の画像のように「Withdraw」をクリックし購入した通貨を引き出します。

f:id:tweetbot:20170819160459j:plain

※この時も送金手数料が発生します。

メタマスクのアドレスへ出金が完了すると以下のようにトークンが届いています。

f:id:tweetbot:20170819185518j:plain

以上がEtherDelta(イーサデルタ)での取引の流れです。

イーサ系の通貨ならほぼすべての通貨が取引対象になっていますので、マイナーコインを手に入れるのにうってつけです。

こんなときは?

以下にEthterDeltaでよくあるトラブルをまとめておきました。

エラー画面で進めない

f:id:tweetbot:20170819193902p:plain

取引の途中でエラーが出る場合は、右上のアドレス部分がメタマスク認証が通った緑色になっているか確認しましょう。

また、何度かリロードすると状況が改善することもあります。

入金/オーダー/出金が反映されない

f:id:tweetbot:20170818231327j:plain

イーサリアムネットワークが混雑していると非常に時間がかかります。

自分のイーサリアムアドレスを以下のサイトで検索して、トランザクションが詰まってないか確認してみましょう。

Ethereum BlockChain Explorer and Search 

上記画像のようにpendingになっていたら待ってみましょう。

何度送金してもエラーになる

f:id:tweetbot:20170821213656p:plain

Pendingにすらならず、エラーが出続ける場合もあります。

ぼくも最大8回連続でエラーがでたことがありますが、だいたいの場合原因は「送金手数料不足」です。

 

送金時のガスの設定を上げて再度試してください。

  • GAS Price → ガソリンの値段
  • GAS Limit → 使用する燃料の上限

GasPrice:60 GasLimit:250000ぐらいなら、エラーが出ない可能性が高くなります(送金手数料は高くなります)

ちょうど良いガス設定を試してみましょう。

トランザクションが発行されるがペンディングに進まない

f:id:tweetbot:20170821220425p:plain

ガスリミットを上げてトランザクションが発行されるものの、先に進まないパターンもあります。

上記のような画像が出た場合はその可能性が高いです。

この場合もガス価格やリミットを上げるなどして再トライしてください。

 

またPCやネット環境を変更してうまくいったという事例の報告もあります。

ガス調整→時間を置く→環境変更の順に試してみてください。

 

ちなみに以下の画像はイーサリアムの送金の流れです。

どこの部分で問題が発生しているかの理解にもなるので参考にしてください。

f:id:tweetbot:20170821215934j:plain

その他、気をつけること

  • 取引したイーサアドレスを消さない/忘れない
  • 取引が完了するたびに出金しておく

 

これらを気をつけてください。

注文履歴や残高はイーサアドレスと紐付いており、取引したアドレスが分からなくなった場合取り出せなくなります。

なので取引が終わるたびに全額出金することをおすすめします。

 

また、セキュリティの観点から普段使っているアドレスをEtherDeltaで使うのではなく、メタマスクで作ったイーサアドレスを一時アドレスとして使うと安全です。

 

 

 

以上、EtherDelta(イーサデルタ)の使い方でした。

質問があればTwitterで連絡ください。(DMあまり見てませんので公開返信のほうで・・)

 

なお、EtherDeltaだけで買えるCDTは、ぼくのオススメ通貨です。

www.bitcoin-trade.info

 

イーサリアムの便利ウォレットのメタマスクの導入方法はこちらから。 

www.bitcoin-trade.info

 

んでは(๑´ڡ`๑)