仮想通貨のあるとこ

ビットコインとアルトコインの「最前線」を発信するブログ

【仮想通貨】アルトコインをトレードするなら知っておくべき6つの海外取引所

f:id:tweetbot:20170825221620j:plain
アルトコインをトレードする時に必ず意識しておきたいのは「主要取引所への上場」です。今回はアルトコインの主戦場であり、知っておくべき海外の取引所を紹介していきます。

出来高、流動性の高い取引所の重要性

まずはじめにビットコインやアルトコインをトレードする際には、その取引所の出来高はとても大切です。

出来高が少ないということはそれだけ流動性が低いということです。 

 

流動性低いとたった1ビットコイン分の売り注文を出しただけで暴落してしまったり、取引が成り立ちません。

ICO通貨やマイナー通貨にとって

f:id:tweetbot:20170818183810p:plain

また、ICOをした通貨やマイナーな通貨にとって出来高の高い取引所へ上場することは非常に重要です。

 

多額の資金が流通している取引所へ上場することで、一気に価格が跳ね上がることが期待できますし、通貨の知名度向上にも繋がるというメリットがあります。

 

このことからICO通貨やマイナー通貨にとって大きな取引所への上場というのは共通した目標です。

 

ぼくのアルトコインのトレードスタンスはICO銘柄や、マイナー通貨が大型取引所へ上昇する際の価格上昇で利益を出すというものなので「情報が命」です。 

アルトコイン取り扱いが多い海外取引所

そんなアルトコインの事情を踏まえた上で、海外の取引所で「アルトコインの取り扱いが多い」かつ「出来高(24h)が高い」取引所をピックアップしました。(日本でいうコインチェックのような位置づけです。) 

 

それが以下の6つの取引所です。

  1. Poloniex
  2. Bittrex
  3. Bitfinex
  4. Coinone
  5. Binance
  6. HitBTC

※参考にしたのは以下のサイトです。

coinmarketcap.com

順に紹介していきたいと思います。

Poloniex(ポロニエックス)

f:id:tweetbot:20170825141624j:plain

 

アルトコインをトレードする人なら、ほぼ知っているであろうPloniex

すでに色々なアルトコインが扱われています。 

先日、数ヶ月ぶりの新規銘柄追加となった0xはあっという間に値を上げました。 

www.bitcoin-trade.info

※そのあと下落しましたが

最近はサポートへ問い合わせても数ヶ月返事がないなど、体制が心配されるところではありますがそれでも大手には変わりなく不動の地位を築いています。

サイト:Poloniex

取り扱い通貨: Poloniex trade volume and market listings

Bittrex(ビットレックス)

f:id:tweetbot:20170825141649p:plain

Poloniexのサポート態勢の悪さや、銘柄追加のなさから次第に人気になってきたBittrexです。

現在、世界で1番アルトコインの種類が豊富です。

しかしここ最近は銘柄追加が少なく法規制に備えて精査しているのでは?という状況です。

どのICOプロジェクトも終了後は「いつBittrexへ上場するの?」という質問が始まり、専用のスタンプがあるぐらいです(笑)

f:id:tweetbot:20170825140023p:plain

ここも必ず開設しておきたい取引所ですね。

サイト:Bittrex.com

取り扱い通貨:Bittrex trade volume and market listings

Coinone(コインワン)

f:id:tweetbot:20170825141713p:plain

Coinoneは韓国の取引所です。

韓国ではあまりアルトコインの取り扱いがありませんでした。

しかしここ最近にきてリップルや以下のQuantumの追加などが相次ぎ、アルトコイン市場ができつつあります。

 

韓国の仮想通貨に対する取引ボリュームは非常に大きく、どの通貨も韓国上場の瞬間はかなりの値動きがあると思われます。 

 

以下はQuantumが韓国ヘの上場が決まった瞬間の値動きです。

f:id:tweetbot:20170825141259p:plain

瞬発力の凄さがわかると思います。

銘柄の追加は頻繁ではありませんが、情報はおっておきたい取引所です。

 

サイト:https://coinone.co.kr/

取り扱い通貨:Coinone trade volume and market listings

Bitfinex (ビットフィネックス)

f:id:tweetbot:20170825141701p:plain

Bitfinexはビットコインの取引量が世界トップクラスです。ビットコイン価格指標にもなっている取引所です。 

ここ最近はアルトコインの取り扱いも増えてきています。 

 

また注目すべきは、ethfinexというイーサリアム系トークンの取引所開設も計画されており、さらにアルトコイントレードが活発になっていくかもしれません。

ethfinexについての情報はこちら→https://www.bitfinex.com/ethfinex

サイト:Bitfinex

取り扱い通貨:Bitfinex trade volume and market listings

Binance(バイナンス)

f:id:tweetbot:20170825141408p:plain 

最近設立された中国の新鋭取引所のBinanceです。

登場するやいなや、中国での取引量はトップクラスになりました。BNBという取引所独自のトークンを手数料に使えるのも特徴です。 

最近はBittrexで扱われているアルトコインが次々とBinanceに上場しています。

 

知名度を上げるために銘柄を増やしたいはずなので、今後ICO銘柄がどんどんこの取引所へ上場していくかもしれません。

また韓国語や日本語への言語対応も開始しているので、1年後にはトップクラスの取引所になっているかもしれません。

 

Binanceにどんな銘柄が追加されるかは以下のアナウンスをチェックするといいです→Business Announcement – Binance

サイト:https://www.binance.com/

取り扱い通貨:Binance trade volume and market listings

開設方法はこちら。

www.bitcoin-trade.info

HitBTC(ヒットビーティーシー)

f:id:tweetbot:20170926231740p:plain

HitBTCは欧州にある取引所です。IOUがあることが最大の特徴でICO通貨を多く扱います。

IOUとは先物取引にイメージが近いです。

f:id:tweetbot:20171017180019j:plain

IOU(権利)を取引している

しかし通常ICOで受け取ったトークンはロックアップ期間があり、売買はできません。

なのでHitBTCでやりとりされているICO通貨の値動きは、「その通貨を受けとる権利」をトレードしているというわけです。

ICO終了後にどれぐらいの期待が集まっているか?という指標に多少は役立ちます。 動向を見守っておきたい取引所ですね。

サイト:HitBTC

取り扱い通貨:HitBTC trade volume and market listings

アカウント作成は10分程度で完了します。

www.bitcoin-trade.info

以上が海外の主要取引所の紹介です。

アルトコイントレーダーにオススメしたい「Coinigy」

f:id:tweetbot:20171016144147p:plain

世界に目を向けてチャンスを狙う

ここまで紹介したように世界には色々な取引所があり特徴があります。

アルトコインをトレードする人は海外取引所の口座を複数持ち、監視しながら売買しています。

ほとんどの人が「Coinigy」というトレードツールを使っています。

このツールは複数の取引所と連携し残高を1つの画面にまとめることが可能です。

 

たとえ5つの取引所を使っていたとしても、トレードや残高管理を1つのサイトから操作できます。 

本当に便利ですよ。

 

1ヶ月の無料期間もありますし、詳しい内容を以下の記事に書いているのでアルトコイントレードをする人・したい人は見てください。

www.bitcoin-trade.info

んでは(๑´ڡ`๑)