仮想通貨のあるとこ

ビットコインとアルトコインの「最前線」を発信するブログ

モナコイン(Monacoin)を買った理由、今後の価格や期待できるポイント

f:id:tweetbot:20171127174323p:plain

モナコイン(monacoin)をガッツリ買いました。
このページではその理由と、モナコインの何に期待しているのか書きたいと思います。

モナコインを買うのにオススメな取引はこの2つ! 👍

11月現在、Zaifの口座開設は約1週間必要です。ご注意ください。
👇は目次です。(長文なので)

伸び続ける仮想通貨市場

まずは業界全体の話ですが、世界中で仮想通貨への資金流入が増大しています。

f:id:tweetbot:20171202204847j:plain

市場規模は30兆円超え

仮想通貨全体の時価総額は2017年の1年で約15倍伸びました。

さらには先日、ビットコインの先物が上場することが決定し今まで個人のマネーで構成されていた仮想通貨に企業マネーが流入します。

2018年向けて巨大なマーケットになろうとしています。

日本の投資マネーは日本発祥の通貨に流れる

ちなみに世界の中でも日本人の資金力は世界トップクラスです。

そんな日本の投資マネーはどこ向かうのか?

日本発祥の仮想通貨「モナコイン」に向かう!

そう予想したわけです。


ぼくは2016年当初から仮想通貨を始め、今まで世界の色々なプロジェクトを調べ投資してきました。
そこでさんざん痛感したのは日本人は日本語情報しかアクセスしないということです。

仮想通貨はまだまだ英語情報がメインです。
どれほど有望な通貨があったとしても、日本人は日本語情報を参考にし、日本国内の取引所を使う・・ということを思い知りました。

モナコインは日本発祥の仮想通貨です。

よって情報は日本語が最も早く出てきますし、日本人が調べることもカンタンです。買いたい!と思ったらすぐ買える、こういう強みがあります。

高すぎるビットコイン

もちろん仮想通貨をはじめるひとはまずビットコインを買うでしょう。

しかしいずれ「ビットコインは高すぎる・・・
と考え、他の仮想通貨コインを買いだす時期がきます。(2017年5月のように)

「モナコイン以外にも有望なのはあるんじゃないか?」

そう思われるかもしれません。
もちろんモナコイン以外の通貨も人気がありますし伸びる余地はあるでしょう。

それでもモナコインが期待できる理由を短期/中・長期面で紹介していきます。

短期的な期待:テクニカルは良好

f:id:tweetbot:20171202214339p:plain

モナコインは現時点で約700円台をキープし、仮想通貨の時価総額ランキングで33位をマークしています。

チャート的にも上昇トレンドへ突入しています。
ちなみにテクニカル(チャートの形など)な内容は以下のブログが参考になりますよ。

cryptocurrency-nira.hatenablog.com

高値728円を超えられるか?→次は1,000円→2,000円到達、次は?

個人的に10/14につけた最高値の728円を超えられるか?が焦点だと思っています。

11月末時点でこの高値を超え925円を記録しました。
次は確実に「1,000円」が意識されていますし十分狙える射程圏です。

この記事を書いたあと、ついにモナコインが2,000円を超えました。
12月7日現在では少し価格停滞しています。

モナコインがいくらまであがるのか?という1つの指標に、時価総額を例に考えてみました。
モナコインと同様に日本で支持が強い仮想通貨にNEMがあります。

NEMの時価総額ランキングは13位、金額は2,800億円とおよそモナコインの2倍です。

f:id:tweetbot:20171207224758p:plain

現在20位のモナコインがもしNEMと同程度の時価総額ランキングにまで伸びれば、価格はあと2倍伸びる、という計算になります。

上記のようなNEMを1つの目処とするとモナコインは4,000円まで伸びても不思議ではないといえます。

広がるモナコイン認知度

また最近では日本ではトップクラスの個人投資家cis氏もモナコインへ投資しました。(資産数百億) 

こういった有名な人が投資することでモナコインの知名度に大きく貢献します。
仮想通貨では知名度が高いことが圧倒的有利に働きます。
(よく分からないコインと、聞いたことがあるコインどちらを買いますか?) 

 

 

ここまでの話をまとめるとモナコインが期待できる短期的な要因に以下の3つがあります。

  • 仮想通貨が急激に盛り上がり日本人マネーが流入する土台がある
  • モナコインのチャートが上昇トレンドに入っている
  • 次の節目1,000円が意識されている
    (→1,000円を達成し現在2,000円、時価総額的に考えると4,000円は可能?)
  • 有名人がモナコインを買うことで知名度が上がっている(投資する人口の拡大)

次は長期的な視点でモナコインに期待している部分を紹介していきます。

長期的に期待できる部分

f:id:tweetbot:20171127174323p:plain

モナコインを買うにあたって色々調べた結果、かなりポテンシャルが高いコインだ、というのがわかりました。

自分がモナコイン持ってるからそう言うんだろ?

と思われますよね(笑)
もちろんポジショントーク的な意図もありますが、モナコインが長期的に何が期待できそうなのか?それを書いていきますのでぜひ読んでみてください(๑•̀ㅂ•́)و✧

モナコイン決済で広がるネットワーク効果

まずモナコインは既に決済方法として流通し始めていることが1番の魅力です。

実際に以下のサイトではモナコイン支払いができます。

monappy.jp

モナコインでお米まで買えますからね。

モナ玄米(ひとめぼれ新米の玄米) - Payment | Monappy

まだまだ出品されている数は少ないものの、将来的に話題になりモナコイン決済が広まるのも時間の問題かなという印象です。(既に秋葉原では使える店が多い)

またクリエイティブ系の仕事(絵を書くなど)をしている人への報酬へモナコインが使われる・・・など通貨として一定の信用を築くことができています。
 

またTwitterではtipmonaというモナコインをチップとして相手に送ることができる機能が開発されています。
これを使うのにTwitterアカウントだけあればいい、というのがポイントです。

モナコインちゃんbot (@tipmona) | Twitter

monappy.jp

モナコインをもっと知ってほしい

そういう人たちがモナコインをチップとして送ることで、受け取った側も関心を持つ。
こうしてモナコインの経済圏が広まっていく効果があります。

 

こういった実際にモナコインが使われるというのは非常に重要です。
なぜなら利用するユーザー人口のが増えるのとモナコイン価格の上昇は関連するからです。

これをメトカーフの法則といいます。
実際にビットコイン価格にもそのネットワーク効果は出ていることは有名です。
これに関しては詳しくは以下の記事を。 

www.bitcoin-trade.info

盛んな機能開発 

f:id:tweetbot:20171112100721p:plain

またモナコインは機能スペックも高いです。

最近ではMonaparty(モナパーティ)というカウンターパーティープラットフォームがリリースされました。

簡単に言うと、モナコインのプラットフォームで自分のオリジナルコインが発行できるようになります。
例えば自分が発行したオリジナルコインを100枚持っている人にブログを見せる、などそういった取り組みができるようになります。

monappy.jp

またこうして発行したオリジナルコイン(トークン)を売買するDEX(分散型取引所)も今後発展していく予定です。

そして Monaparty には、分散取引所 (DEX) があります。
承認間隔 90 秒より短い速度の取引は今のところできませんので、現在主流の板張り付きデイトレードの方々には不満が大きいことでしょう。
しかしトランザクション性能に関しては、Lightning Network 対応など進むことにより、ある程度の解決はしてしまうかもしれません。

引用元:Monaparty トークンと上場 (part 3/2)|cryptcoin_junkey|note

また、明確な時期は名言されていないものの、モナコインにはスマートコントラクトの実装も計画されているようです。

 

細かい機能を色々解説しましたが、ようは「ビットコインやイーサリアムという仮想通貨の超巨大通貨に引けをとらない機能スペックが、モナコインにはある」ということです。

モナコインを取り扱う取引所の拡大(世界で)

これは中期的な要素ですがモナコインの価格に影響しやすいのは取引所への上場です。

現在モナコインはBittrexという海外取引所にしか扱われていません。

冒頭に書いたように、モナコインは既に時価総額30位クラスの通貨です。
海外の大手取引所に上場することは十分考えられます。

以下の図をみてください。
モナコインのシェアは日本のZaifが68%を占めてます。

f:id:tweetbot:20171127183222j:plain

海外の主要な取引所へ上場し資金が入ってくれば価格は自然と上昇していくはずです。
逆に海外へのアピールができないと伸びしろが厳しいともいえますが 

仮に海外大手取引所への上場がかなわなかったとしても、国内取引所のbitFlyerがいます。恐らく彼らが海外進出したときにもモナコインは扱われるでしょう。

techwave.jp

ただしアメリカは仮想通貨取引の公的ライセンスが非常に厳しいため、bitFlyerのオープンと同時にモナコインが扱われる可能性は低いです。

しかし時が経過すれば取り扱うはず、日本で取り扱っているわけですから。
そのときはbitFlyerをきっかけに、世界中でモナコイン売買が広がる可能性は十分にあります。

まとめ

f:id:tweetbot:20171016144147p:plain

モナコインは買い

モナコインを買った理由と期待しているポイントを紹介しました。
まとめると以下の内容になります。

短期面

  • 仮想通貨へ流入する投資マネーの増大
  • チャート的に上昇トレンド入りした可能性が高い
  • 意識されている1,000円超え
  • 有名投資家がモナコインへの投資を開始した

中・長期面

  • モナコイン決済が広がっている
  • 機能としてのポテンシャルが非常に高い
  • 海外大手取引所への上場をすれば資金流通が見込める

いかがでしょうか?
モナコインを保有しているぼくの話なのでだいぶ楽観的な内容になっていると思います。(笑)

しかし既に仮想通貨の時価総額30位と主力クラスであること、今後仮想通貨が更に盛り上がり、日本人が仮想通貨に投資するとき買いやすいものは何か・・・

そう考えるとモナコインは有望株というのは事実ではないでしょうか(๑•̀ㅂ•́)و✧


この記事を読んでモナコインを買ってみたいという方に向けて、どの取引所で買うのがオススメか?というのを👇に書いてますので参考にしてみてくださいね。

モナコインのベストな買い方は?どこで買うべき?

f:id:tweetbot:20171128105547p:plain

モナー( ´∀`)

さてモナコインを買うのならどこでどのように買うのが良いのでしょうか?
結論からいうと取引所はZaif(ザイフ)がおすすめです。

その理由は以下の画像で一目瞭然、同じモナコインなのにこれだけの価格差があるからです。

f:id:tweetbot:20171128091102j:plain

価格差がありすぎ・・・
  • Zaif:633円
  • bitbank:650円
  • bitFlyer:669円

特にbitFlyerでのモナコイン取引は全くオススメできません。
以下に各取引所の特徴を書いていますので読んでみてください。

Zaif(ザイフ)

f:id:tweetbot:20171128102308p:plain

ザイフは現時点で世界で1番モナコインが取引されている取引所です。
取引量が多いので値段が安定しているのが特徴です。
※取引量が少ない・・・600円→550円→680円と変動幅が大きくなり価格が安定しません。

2017年11月時点でZaifと同規模の取引量を持つ取引所はありませんし、モナコインを買うならZaifでしょう。

口座開設する→【公式】Zaif(ザイフ)

Zaifは口座開設者が激増しているため本人確認が長くかかります(1週間)
本人確認が終わらないとモナコインを買うことはできないため早めに手続をしておくのがいいでしょう。

bitbank(ビットバンク)

f:id:tweetbot:20171025234409p:plain

ビットバンクZaifと同じ取引所形式をとっており、bitFlyerのように手数料でモナコインが高くなってしまうということはありません。

ただ、取引量が少ないのが欠点です。 

取引量の少なさを狙ってZaifより安い値段でモナコインを買うこともできますが・・・これはトレードに慣れている人でないと難しいと思います。 

しかし、取引量が少ない問題はあるもののbitbankはまだマイナーな取引所のため本人確認が非常に早く終わります。(ぼくは1日で承認)

  • Zaifの本人確認が終わらない人
  • モナコインを早く買いたい人
  • トレードに慣れている(板取引)

こういった人におすすめです。

また今ならbitbankは取引手数料無料ゼロキャンペーンをやっているのもいいですね。

f:id:tweetbot:20171128111618p:plain

bitbankは10分ほどで口座開設申込ができます。
口座開設する→【公式】ビットバンク

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerはおすすめできません。
販売所形式であるというのが最大の理由です。(販売所とはbitFlyer↔ユーザーの取引です)

bitFlyerからモナコインを買うとき既にスプレッド(手数料)が加えられているのでモナコインの値段が高くなります
また同じくモナコインを売却するときにもスプレッド(手数料)が引かれるので、他の取引所に比べて安く売ってしまうことになります。

「モナコインを買うときは高くなり、売るときは安くなる」となってしまう時点でbitFlyerで取引するメリットはありません。 

モナコインを扱う取引所一覧

以上、モナコインをどの取引所で買うべきかご紹介しました。ぜひ参考にしてくださいね。

んでは(๑´ڡ`๑)

※このブログでは仮想通貨の価格を予想することもありますが、参考程度にとどめていただき投資判断は自己責任でお願いします。