仮想通貨のあるとこ

仮想通貨(アルトコイン)を研究して1おくえん目指すブログ

Status(ステータス)ICOの結果と反省会

f:id:tweetbot:20170621122237p:plain

 

StatusのICOから一夜明けました。寝不足です。

案の定、多くの人が買えなかったようです。 

 

過去最高の参加者になったICO

イーサリアムのネットワークも過去最高レベルに圧迫されたようです。

桁違い過ぎるw

f:id:tweetbot:20170621124557j:plain

買えなかった人は@akhr1120さんへ

@akhr1120さんが神分配してくれるようなので小口投資の人は彼のツイートをチェックしてみてはどうでしょうか。

ぼくの参加結果は?

iPhoneからとMyEtherWalletからそれぞれ1つずつトランザクションが通ってました。

合計9イーサ投資できました。

やったぜ。

上限アリのICOだった? 

今回のStatusのICOはどうも1トランザクション(送信)あたりのイーサ上限があったようです。

つまり、このような流れになっていたものと予測されます。

  1. 大口が殺到する(例:300イーサ)
  2. 300イーサのトランザクションが通る
  3. ICOの残り残高が300イーサ減る
  4. 300イーサのうち受け入れ上限まで承認される(30イーサほど)
  5. 受け入れられなかったICOの残高270イーサ分が開放される
  6. 次のトランザクションを処理する、以下繰り返し

これならICOが終わったはずの朝に再トライした人が成功した理由が分かります。

つまり単純に送信回数が多い人が成功しやすかったと思われます。

送金手数料を上げても恐らくムダでした。

めっちゃ反省しています。

StatusのICO反省

というのも、夜中に必死にトランザクションを通すために手数料をめっちゃ上げて試行錯誤していたんです。

 

その結果・・・ 

 

送金手数料に1.1イーサ(4万4千円)発生、しかも否認される

f:id:tweetbot:20170621110918j:plain

 

こんな悲劇が起きました。

ICO参加して−4.4万円からスタートです。

 

今後のICOはちゃんと手数料は公式のとおりに送ろうと思います。。。

次回からの対策

ICOの参加確率を上げるために次回から以下のことを気をつけます。

  • 手数料を上げても意味が無い→公式の通りにする
  • ICOは1トランザクションあたりの金額を絞る方向へ?→送信回数を増やす
  • 複数の送信経路を持つべき

 あと以下のような詐欺にも最大限の注意をする、ですね。 

 

色々ありましたが、これにてStatusの更新/報告は終わります。

 

ぼくは今日も夜にICOがあるので頑張りますお( ゚д゚ )※Civic