仮想通貨のあるとこ

ビットコインとアルトコインの「最前線」を発信するブログ

100万円分(時価)のWavesをリースして受け取った配当について #1ヶ月目

f:id:tweetbot:20170923004624p:plain

~WAVESのリース結果発表~

仮想通貨のWAVESにはリースの仕組みがあり報酬を毎週もらうことができます。1ヶ月たった結果を書きました。

WAVESのリーシングはどれぐらいの利回り?

前述の通り、WAVESには保有しているWavesをノードへリース(貸出)することで報酬がもらえる仕組みがあります。

これをリーシングといい、先月書いたように約100万円で買った2000Wavesを実際に運用しています。

www.bitcoin-trade.info

※注記:当ブログではリースの報酬を「エアドロップ」「配当」など、表現がごっちゃになってますが、あんまり気にしないで読んでいただけると嬉しいです(笑)

 

果たしてどれぐらいの稼ぎになるのか?」そんな定例レポートです。 

2000Wavesをリースして1ヶ月経過

8月18日から開始し1ヶ月経過した結果がこちら。

f:id:tweetbot:20170920232317j:plain

 エアドロップされた通貨を9月22日の相場でBTCへ換算すると0.00813BTC(約3,414円)という結果になりました。※8月のBTCレートであれば4,500円ほど。

BTC建で利回り約0.4%/月の結果に

2000wavesは本日のレートで約2BTCリース結果が0.00813BTCなので1ヶ月で約0.4%ということですね。

残念ながらwaves自体はほとんど配当されていないので、複利効果は期待できなさそうです。 

リース先について

f:id:tweetbot:20170901190527p:plain

WAVESの面白いところはリース先であるノードを自由に変えられることです。

現在、ぼくはWAVESノードの大手であるWAVES GOへリースしています。↓

WAVESGO | The Waves Network Hub

 

あと1ヶ月は継続してWAVES GOへリースしてその後は別のノードへリースして配当結果が変わるかどうか試してみようと思っています。

 

というのも、確実に配当を得るなら大手へリースするのが確実なのですが、大手ゆえに1wavesあたりの配当が少なくなってしまうようです。

大手ノードの全体でたくさんの報酬があっても、実際にリースしている人にそれぞれ分配すると少なくなってしまうって感じです。 

なので、弱小ノードへリースしたほうが採掘したときの分け前が増えるという情報をTwitterで以前見かけました。(勿論弱小だと機会は減りますが)

※ソース元のツイートが見つからなかったので探して追記します

 

【追記】

Wavesに詳しいニルスさんから教えて頂きました。

上記結果にあるWavesCommunityというトークンは、リース先によって変動するものではないもようです。

 

本当かどうかは分かりませんがリース実験ということで試してまたレポしてみようと思います。

 

ということで、今回の結果は以下のようになりました。

  • リースしたWaves量→2000waves
  • リース先→WAVES GO
  • リース結果→0.00813BTC(相当)

 

ちなみにWAVESのリース方法は超カンタンなので、興味があったらやってみてくださいね。 

www.bitcoin-trade.info

WAVESの将来性についてはニルスさんのブログを読むべし!

日本語圏で1番Wavesについて深く取り上げられていると思います。

waves Archives - ニルスの暗号通貨日記

Twitterアカウントはこちら→ニルス@暗号通貨

 

んでは(๑´ڡ`๑)