仮想通貨のあるとこ

ビットコインとアルトコインの「最前線」を発信するブログ

Wavesをリースして2週間、エアドロップ(報酬)の結果について

f:id:tweetbot:20170808204327j:plain

Wavesには、自分の保有している残高をリースすることでエアドロップ(配当)を受ける仕組みがあります。

1,000Wavesを2週間ほど貸し出してみて、どれぐらいのエアドロップがもらえたのか?を書いていきます。

2週間貸し出した結果は?

Wavesを1,000ほど貸し出し(リース)した結果、以下のエアドロップ結果になりました。

f:id:tweetbot:20170818173754p:plain

※1Satoshi=0.00000001BTC

合計23万Satoshi

日本円にして約1,000円分の価値

今回のエアドロップでもらったトークンを市場価格で計算すると合計230,030Satoshi(BTCに換算すると、0.0023BTC

これを本日のビットコインレートの475,000円で換算すると1,092円です。

 

1,000Waves=50万円で計算すると0.2%ほどの金額になります。ほったらかしでこれだけ入ってくるとなるといいですね。

流通していない無価値トークンも

f:id:tweetbot:20170818183810p:plain

エアドロップにはよく分からないトークンも含まれています。 

さきほどの結果にもあるように「Voltroom」「MCFly」など、コレどうすればいいの?というものが・・・・(笑)

 

少し残念なのが、Waves自体のエアドロップが少ないことですね。 

Wavesがたくさんエアドロップされるなら複利効果がでるので期待していました。

Wavesのエコシステム

f:id:tweetbot:20170818183401p:plain

Wavesは非常に多機能なプラットフォーム型の通貨です。(イーサリアム/NEMなどが比較対象)

エアドロップでもらったトークンをICOへ投資することもできるようです。

エアドロップ報酬をICOへ投資し、増やしたWavesをまたリースして・・またWaves DEX上での仮想通貨トレードもできるようになっています。

今後はエアドロップ記録をしていきます

f:id:tweetbot:20170818182329p:plain

個人的にWavesプラットフォームに将来性に大きな期待をしています。

値段がどこまで上がるかわかりませんが今の価格は安すぎると思っています。

将来的な値上がりを信じ2,000Wavesをガチホ用ウォレットへ入金しました。

 

この保有分のWavesは1ヶ月に1度リース先を変えながらエアドロップを継続していきます。

そしてエアドロップ結果をブログへ書いていく予定です。

f:id:tweetbot:20170818175106j:plain

エアドロップでもらったトークンをICO参加へ使うのもやっていきたいですね。

以上、Wavesのエアドロップ結果でした。

 

Wavesの分散型取引所「Waves DEX」についてはこちら

www.bitcoin-trade.info

Wavesエアドロップの詳しいやりかたはこちら 

www.bitcoin-trade.info

んでは(๑´ڡ`๑)