こんにちはDEGです。

この定例記事では自分の保有しているアルトコインや参加予定のICO、トレード方針について書いています。

保有している仮想通貨(アルトコイン)

現時点で保有してるICO通貨や、アルトコインを紹介します。

ICO後のアルトコイン

現在のICO参加状況はこちら。

Grainは監査を終了し7月にバウンティ分を含めたトークンの配布を完了します。

ロードマップにはQ2に取引所上場とありましたが市況の悪さから先送りにしたようです。(ナイス判断!)

 

Atonomiは1ETH参加という少額なのでどこかに上場したら即売却予定。

 

Essentiaは合計20ETH分参加しました(100ETHの参加枠がありましたが流石に市況が・・・)

個人的にはbitfinexへ上場すると思っているのでそこで売却予定です。

売却したICO通貨

6月に売却したICO通貨はこちら。

NKNはICO価格から2.5倍(USD建)で売却できました。

ピークは5ETH→15ETHだったのでICO価格から3倍程度になったら一旦利確するのがいいですね、やっぱり。

 

NKNは大手取引所への上場もまだですし今年中どこかで1度大きく上げると思っています。(人気が強い)

メインネットは2019年のQ1なので意識しておくといいかと思います。

 

BridgeはNEOベースのICOでしたがえらい損になりました。

Bridge暴落 × NEO暴落=爆損」って感じのダブルパンチです。

(これまでイーサリアム以外のプラットフォーム上でのICOで勝てた試しがない)

保有しているアルトコイン

ICO以外での保有アルトコインはイーサリアム(ETH)のみ。

毎月18万円分の積立をして買い増しもしています。

また7月中に売買を計画しているアルトコインは以下の通り。

とはいえこの地合いで無理にアルトコイントレードをする必要もないと思ってます。

状況によってはスルーです。
詳しくは後述します。

参加予定、検討中のICO

次にチェックしているICOを紹介します。

全部ICODropsという定番ICOサイトへのリンクを張っています。

参加予定のICO

NEXは5月にトークンセールを実施予定でしたが伸びに伸びています。

法律に沿った形でトークンを発行したいらしく、その面で調整中のようですね。

調査中のICO

プロジェクトの調査、時期未定のICOはこちら。

【追記】

ICO情報は変更が多いため、リアルタイム情報はテレグラムで書くことにしました。

 

最新の状況はテレグラムで更新するのでよければ見てください。

スポンサーリンク

トレード方針

界隈では7月にトレンド転換だという話も見かけますが、個人的にはまだ下がる可能性が高いと思っています。(個人の予想ですよ!)

引き続き「守り」

ということで引き続き守りのトレードをしていきます。

具体的には、保有しているビットコインと同数分のショート(空売り)をし両建てします。

両建て
ビットコイン現物を保有し、ショート(空売り)を同時に持つことで両建てができます。
仮にビットコインが暴落しても「現物の損=ショートの利益」で資産額が変動しません。

両建てをしてビットコインの下落に合わせ、ショートポジションを調整して利益を出していこうと思います。

 

あとはアービトラージもしてコツコツ日本円を稼いできます。

7月のアルトコイン見立て

本当はアルトコインを仕込んでトレードするのが得意なのですが、前述したように仮想通貨全体がいい状態ではありません。

 

アルトコイントレードに有利な地合いはビットコインからシェアが移動している時期です。

ビットコインドミナンス(支配率)を見てもらうとわかるのですが・・・・

BTC(オレンジ)のシェアが弱回るときアルトコイン(オレンジ以外)が伸びる傾向があります。

ここがアルトコインに資金が流れている状態でトレードの勝率も上げやすい時期です。

 

現在ビットコインが60万円台まで暴落、少し価格を戻して停滞しております。

 

この停滞に飽きてか、ドミナンスからは市場がトレードを求めてアルトコインに移動しているような傾向がみえます。

このままアルトコインが盛り上がるようならトレードしようかなと思っています。

取引所トークンバブル

また6月はFCoinを始めとする取引所トークンのバブルがありました。

自分も突撃したのですが恩恵はありません(笑)

この記事を書いている時点ではCoinEXのCETトークンがが盛り上がりそうな兆しを見せています。

 

しかし状況がすぐに変わるので貼り付ける時間がある人以外はスルーしたほうが無難でしょう。

最大の影響力はビットコイン価格

とはいえ、ビットコインの「価格」が1番の影響力を持ちます。

 

ビットコインがまた更に暴落するときに備えてすぐ逃げれるぐらいの余力でトレードするのが良いでしょう。

アルトコインを持ったままビットコインが暴落するとひどい目にあいますからね。

 

ということで定例レポートでした。

 

つまらない状況が続きますが、こういうときこそ動いているプロダクトに目を向けたり、基礎知識を固めたりする良い時間かなと思います。

 

 

おすすめの記事