こんにちはDEGです。

この定例記事では自分のビットコイン・アルトコインのトレード方針について備忘的に書いています。(11月の更新が遅くなりました)

保有している仮想通貨

現時点で保有しているのは以下の通り。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)※積立分

少額/塩漬け、エアドロップなどで保有しているアルトコインが6種類ぐらいあります。

11月のビットコイン

11月に入ってビットコイン現物を買い増しをしました。ここ数年のビットコインは11月に上昇する傾向があります。(アノマリーというやつですね。)

市場参加者が「11月は上がりやすい」と意識して結果的に価格が上がっていくというものです。

 

もちろん絶対ではありませんが、仮想通貨ではこういった集団の意識が顕著に働きます。

また既存の金融市場も年末に向けて上昇しやすいという長年の傾向もあり、追い風になるとも考えてます。

 

そして自分が好ニュースとして考えている米国のBakkt取引所のオープンも12月に予定されています。11月末にはそれも意識されてくるでしょう。

【参考記事】

金融市場のアノマリー(法則性)|DEGnote

ビットコイン(BTC)・暗号通貨の今後の相場にポジティブな理由9 | CoinChoice

ZaifのBTC入出金再開について

また、今月はハッキング被害を受けてフィスコへ事業譲渡することとなったZaifに注目です。

現時点でZaifは他の取引所と比較して1.5万円ほどBTC価格が安く取引されています。

 

これはZaifにBTCが入出金できないことが原因で発生している「歪み」のようなものです。

他の取引所より1.5万円程安い

 

ただ11月22日にZaifはフィスコ社に事業譲渡し、それ以降にBTCの入出金を再開するとアナウンスしておりそのタイミングでこの価格差はうまるでしょう。

事業譲渡の実行日である平成30年11月22日以降、株式会社フィスコ仮想通貨取引所の運営となった後、入出金のサービスについて再開に向け取り組んでおりますが、具体的な再開日付については追って公表させていただきます。

引用元:お客様預かり資産に関する金融支援 正式契約締結のお知らせ|テックビューロ株式会社のプレスリリース

つまりZaifのBTC価格が正常になる(なる直前)にBTCを買えばその価格差を丸々利益にすることができます。

自分はこのイベントを狙って利益を出していきたいと思います。

 

また、入出金再開前でも以下の記事のように利益を出すこともできます。

この方法で10月は15万円ほどの利益を出しました。

スポンサーリンク

11月のアルトコイン

今月のアルトコインで注目を浴びるのは何と言ってもビットコイン・キャッシュ(BCH)でしょう。11/15にハードフォークが予定されており新たな通貨(コイン)が派生して誕生するとされています。

 

この新たなコインをもらうためにはBCHを保有している必要がありこの権利を狙ってか高騰していますね。

CoinbaseやBinanceなどの大手取引所がこのハードフォークへの対応をすでに表明しています。

今後もハードフォークの状況を巡るニュースが出たり取引所の対応が表明されるたびにBCHの価格が上昇していくと思われます。

 

このハードフォークのイベントに祭してどう立ち回っていくか?

参考までにこれまでの経験から立ち回り方法を書いてみます。

1.BCHの派生コインを低リスクで狙う

1つはこれですね、ハードフォークで新たなコインをなるべく低リスクでもらうことを狙います。

現在、派生コインを付与すると宣言しているBinanceにBCHを入金しておきます。

それと同時にBitMEXで同数のBCHをショートすることで両建てポジションを作ります。

 

こうすることでBCHの価格変動の影響を受けることはありません。

ハードフォーク後にBCHの売却・ショートの決済をすれば派生コインを低リスクで受け取ることができます。

2.BCHのトレードをする

おそらくBCHのハードフォークまでに

 

「直近高値をブレイクした」

「まだまだ上がる」

「アルトコインで仮想通貨がまた盛り上がる」

「派生コインに値段がつきそう」

 

・・・などなどツイッターにはBCHに関する言及が広がり、多くの買いを呼ぶはずです。

値動きが激しくなるはずなので、トレードをして利益を狙うのもてですね。

 

BCHのトレードは日本円ペアならBitbankが最も取引量が多くその次にLiquidです。

bitbankの取引量は高い

取引所の口座を用意しておこう!
今回のBCHのハードフォークイベントなど、アルトコインをトレードするときには多くの取引所口座を持っておくことをお勧めします。
その理由はアルトコインによって、レートが有利な取引所が違うからです。

海外取引所を使う人はBinanceがいいでしょう。

臨機応変に

自分はBCHの情報収集をして直前までトレードする予定です。

 

ハードフォークがあるとはいえ11/15までずっと上がり続けることはありません。
上がったら利確、押し目で再度買うを繰り返していきます。

 

そして派生コインに価格がつきそうなら上記1.の両建てをしてハードフォーク後に現物を売却、BCHのショートポジションに切り替えていく予定です。(だいたいハードフォーク後に暴落します。)

 

ハードフォークまでに色々情報が錯綜するはずなので情報収集はやっておきましょう。

ぼくもできる限りツイッターで状況をツイートします。

 

以上、11月のトレード方針でした。

ハードフォークイベントについて過去に色々書いていますので、よければどうぞ。

【ハードフォークに関する過去記事】

 

おすすめの記事