2017年はまさに仮想通貨元年と言われるにふさわしい数のユーザーを増やしました。
しかしながらビットコインをはじめ、まだまだ問題が多くとても実用化できるレベルではありません。

今の仮想通貨は期待先行の投機熱で盛り上がってることを自覚しておきたいですね。

そこで仮想通貨の未来を理解するためにも2018年にホットなキーワードになりそうなものをまとめてみました。

スケーラビリティ問題

f:id:tweetbot:20171224095332p:plain

これは2017年も散々話題になりましたが、2018年も引き続き取り上げられると思います。
ビットコインをきっかけに爆発的に仮想通貨ユーザーが増えたものの、処理能力(スケーラビリティ)が大きな問題になっています。

現に今ビットコインを送ろうとしても手数料は数千円かかるし、着金も数時間・・・と、とても決済に使えるレベルではありませんよね。

以下の記事の「スケーラビリティについて」の項目は一度読んでおくことをおすすめします。
ビットコインの技術上の欠陥について | ビットコイン研究所

Segwit(セグウィット)

f:id:tweetbot:20171224115853p:plain

スケーラビリティ問題解決の技術としてビットコインにはSegwitという技術が導入されました。2017年夏頃のことですね。

・・・・が、これ実際の利用率は12%程度に留まることです。
なぜ今こんなにビットコインのスケーラビリティが問題になっているのにもかかわらず使われないのか?という考察には以下の記事を読んでおきましょう。

SegWitの普及が進まない理由と考えられる対策 - ビットコインダンジョン

2018年徐々に色々な企業がSegwitに対応すると思われますし、理解しておきたいキーワードです。

Casper(キャスパー)/Plasma(プラズマ)

f:id:tweetbot:20171224115210p:plain

イーサリアムはビットコインより多くの処理をこなしていますが、更に処理能力を上げるための取り組みが行われています。

現在、時期バージョンアップを控えており次の「Serenity(セレニティ)」バージョンではCasperというアルゴリズム(ルール)が使われます。

このバージョンアップでは、PowからPoSという採掘方法にアルゴリズム(ルール)が変更になるため2018年更に大きく話題になるはずです。

Casperが何か?というのは以下の記事を。
EthereumのPoS「Casper」の概要をまとめてみる – Individua1

またイーサリアムの処理能力を上げるPlasma(プラズマ)という技術も開発されているのでこちらも勉強しておきたいですね。

イーサリアム系の話題を抑えたいなら以下の3つのサイトも要チェックです。

オン・オフチェーン/レイヤー2

f:id:tweetbot:20171224123817p:plain

仮想通貨ではしばしばオンチェーン、オフチェーン、レイヤー2などの言葉が使われます。
それぞれの言葉の意味はだいたいこんな感じです。

  • オンチェーン:ブロックチェーン上での処理
  • オフチェーン:ブロックチェーン外での処理
  • レイヤー2:ブロックチェーン上で稼働するモノ

ライトニングネットワーク

f:id:tweetbot:20171224111807p:plain

ビットコインにはライトニングネットワークというオフチェーン技術があります。
詳しくはこちらのツイートを。

じゃあコレ使えばビットコインのスケーラビリティは解決じゃないの?

と思いたくなりますが、実用化にはまだまだ時間がかかりそうな技術です。
2018年進展があるか要チェックです。

DApps

Dapps(ダップス)はイーサリアムなどの分散型ブロックチェーン上で稼働するアプリケーションです。よくレイヤー2とも表現されています。
参考:DApps (非中央集権・分散型アプリケーション)とは何か?なぜ重要か?

すでに多くのDappsが開発されていますが、イーサリアムのスケーラビリティが進めば有望なDAppsが一気に台頭してくるはずです。(今あるプロジェクトはイーサリアムの処理能力が上がることを前提にしているものが多いため)

いまから有望なDApps(プロジェクト)を漁っておきたいですね。

スポンサーリンク

その他

f:id:tweetbot:20171215170238p:plain

その他にも話題になりそうなキーワードをピックアップしてみます。
個人的に気になってる、というものが中心です。

DEX/分散型取引所

f:id:tweetbot:20171224113600p:plain

多くのマイナーな仮想通貨は現状、取引所でトレードすることでしか手に入りません。
しかし取引所は常にハッキング被害のリスクがつきまとい、つい先日も韓国の小さな取引所がビットコインを盗難され閉鎖しています。

そんな中、期待されているのがDEX(分散型取引所)です。

DEXは自分の預けている通貨はブロックチェーンが稼働している以上、ハッキングされることはありません。
また管理者によって不正に残高を操作されるなどの心配もありません。

将来の仮想通貨トレードはDEX上で行われるのでは?と考えられています。
なお、いますでに稼働しているDEXはEtherDeltaが有名ですね。

www.bitcoin-trade.info

しかしDEXには速度の問題、匿名性の問題があります。
個人的には2018年にこの問題に対して大きく進展があると思っています。

Bancor Protocol(バンコール)

f:id:tweetbot:20171224112754p:plain

イーサリアム系のプロジェクトで2017年にICOを実施したものです。

Bancorは仮想通貨の流動性問題にアプローチするプロジェクトです。簡単にいうと運営が差し出した担保を元に現在のコイン価格を自動算出してくれるものです。

これによって◯◯コインがほしい人に対し適正な価格ですぐに販売することができます。

取引所形式でしか手に入らないコインが99%を占める現状、ライト層に簡単に手に入れてもらうための仕組みとして期待されています。

モナパーティ(Monaparty)

最後にコレ。
モナパーティはモナコインのブロックチェーン上で稼働するトークンプラットフォームです。

XMPというトークンを使用し自分のオリジナルトークンを発行できる機能があります。
このオリジナルトークンはモナコインのブロックチェーン上で取引をやりとりするこが可能。

つまりモナコインが基軸となったプラットフォームがモナパーティです。
詳しい記事はこちら。

monappy.jp

まとめ

以上、2018年のトレンドキーワードのまとめでした。

送金遅延が問題になってるだけあって、2018年はビットコインやイーサリアムなど基軸通貨たちのスケーラビリティに注目が当たりそうです。

まあ今のままだと、決済とかぶっちゃけクレジットカードのほうが便利ですしね。

ビットコインが誕生したけどもぼくたちの生活ってまだ何にも変わってない、そこを忘れてはいけません。このまま問題が大きくなり、ビットコインの価値が今の1/10になることだってあると思います。

ただ個人的にはビットコインはもう飽きちゃったのでイーサリアムに注目です。もし無事にバージョンアップを終えたら凄いことになります(語呂力・・・)
なんとしてでも2018年は1,000イーサを集めます。

みなさん2018年も仮想通貨を一緒に勉強していきましょうね!
んでは(๑´ڡ`๑)

おすすめの記事