bitbank(ビットバンク)で仮想通貨を貸すことができるサービスが4月から開始されます。

サービスの概要や注意点、最後にbitbankの特徴を紹介しました。

bitbank(ビットバンク)サービスの概要

今回発表された貸出サービスの概要は以下のとおりです。

概要について
  • 最大リターンは3〜5%/年
  • 貸出期間は1年間
  • 4月から募集開始、5月から貸出スタート
  • 最初はビットコインのみ

仮想通貨を貸すと1年で最大5%の利用料を受け取ることができます。

1BTCなら1年後に0.05BTCがもらえるという感じですね。

いまのレートなら5万円といったところでしょうか。
また、1年後には仮想通貨がかなり活況でしょうし、資産自体の値上がり、貸し出しによる利益のダブル効果が狙えそうです。

貸し出しの料率テーブル

bitbankから受けられる利用料は上記のように貸し出した数量によって変動します。

年間5%のリターンを狙うのであれば10BTC以上の貸出が必要です。

その他の通貨は順次サービス開始

4月の募集はビットコインだけのようですが、その他以下の通貨にも対応が予定されています。

対応予定の通貨たち
  • リップル
  • ライトコイン
  • モナーコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ

5%のリターンをもらうためには相当量の貸出が必要になるでしょう。

しかし売るつもりがなく保管すしているだけなら預けても良いかもしれませんね。

貸し出しサービスの注意点

しかし注意すべきところもあります。

中途解約手数料が5%の部分です。

また中途解約した場合それまでの期間の貸出料も受け取れません。

中途解約した場合、貸した資産が5%減って戻る!
この点は要注意です。

 

1年間通して預けられるような、余力を持った貸し出しをしたほうがいいですね。

またbitbank自体がハッキング被害にあったりなど、サービスを継続できない可能性もあると考えたほうがいいと思います。

 

なおbitbankの口座があれば直ぐに仮想通貨の貸し出しができるようになります。

口座開設は数分で完了するのでお早めに!

 

bitbank(ビットバンク)の特徴

 

最後にビットバンクの特徴を個人的な主観で紹介します。

まず嬉しいのは、ビットバンクはすべての取引が手数料無料です。

 

また、他の取引所とくらべてビットコインの価格が高くなる傾向があります。

それを逆手にとってビットコインを高く売ったりアービトラージをする際にお世話になっています。

アービトラージについてはこちらの記事をどうぞ。

モナコイン・リップルをトレードするのに最適

またモナコイン、リップルを日本円・板方式でトレードできることから、人気もあります。

特にモナコインに関してはZaifを抜き、世界で1番の取引量になりました。

リップルのXRPもチャートを見ながらトレード式で取引をすることができます。

 

うまくアルトコインも安い単価でトレードできたりしますよ。

口座を持っておいて損はない取引所ですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

以上、「bitbank(ビットバンク)が仮想通貨を「貸す」ことができるサービスを開始」でした。

 

おすすめの記事