ビットコインのレバレッジ取引にBitMEXを使っている方に、出金手数料を節約する方法を紹介します。

デフォルトの出金手数料より最大1/5安くなるので、知っておくといいですよ。

BitMEXの標準の出金手数料

BitMEXからビットコインを出金するときのデフォルトの手数料は「0.001BTC」となっています。

2018年8月現在のレートでいうおおよそ700円・・・結構高いです。
もしビットコインが100万円なら出金手数料1,000円ですからね。

BitMEXの出金画面

BTCで表示されているので実感しにくいのですが、1ヶ月に10回出金したら7,000円ですからね。

結構な金額になります。

出金手数料の調整

出金手数料は0.0002〜0.001BTCの間で自由に調整できるようになっています。

最低の手数料にすれば「700円→140円」と1/5になるのでかなり節約できますよ。

Bitmexの出金画面で手数料調整をする

 

ビットコイン価格が上がれば上がるほど手数料節約の効果は大きくなります、自分で手数料を安くして出金しましょう。

BitMEXの出金手数料は最安にすべき理由

他の取引所も出金手数料を調整できる場合があります。

 

特にBitMEXの場合、送金作業は1日に1回しか行われません。(毎日夜22時に申請分を送金)

出金申請をした時間によっては翌日に処理が開始されるので「BitMEXからの出金は遅い」というわけです。

 

どのみち時間がかかるものなので出金手数料は最安の手数料にしておくべきでしょう。

ビットコインの送金手数料はいくらが適切?

ビットコインの送金手数料を減らすと送金が遅くなるんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。

 

実はビットコインの送金(処理)スピード自体は常に一定です。(約10分間隔)

なので「送金スピードを上げる→みんなの中から自分の送金を早く処理してもらうが重要です。

 

なので送金をしている人があまりいないときに高額の手数料を払ったとしてもそこまでの効果はありません。

ビットコインの適切な手数料を確認するサイト

1つサイトを紹介します。

Unconfirmed Transactions - BTC.com

上記のサイトではいま送金処理待ちになっている、トランザクション(明細)が見られるようになっています。

ここで安い手数料にたくさんの処理待ちになっている状態であれば、相場より少し高い手数料にしましょう。

 

それだけで自分の送金が優先的に処理されるようになるので、ビットコインの送金で覚えておいて損はないです。

 

以上、「BitMEX(ビットメックス)の出金手数料を節約する方法について」でした。

【関連】

BitMEXの手数料割引には期限があります。
割引期限が切れている場合はアカウントを再作成して、割引を適用しましょう。詳しくはこちら👇

おすすめの記事