BinanceはBNBという株式に似たトークンを発行しており、3ヶ月に1度バーンされます。

このバーンが稼ぎやすいイベントなんです。(ぶっちゃけ)

記事を読んで、トレード戦略に役立ててみてくださいね。

BinanceのBNB「特徴・将来性」

先程も書いたように、BNBトークンは3ヶ月に1度バーンされます。

仮想通貨でバーンというのは償却(燃やす)するということを指します。
BNBを燃やして使えなくする感じですね。

バーンされるBNBの数量は4半期ごとの利益20%分です。(年4回)

つまりどういうことか?

市場にあるBNBが減るということは希少価値が上がるということです。
「バーンされるBNBが多い=価格の上昇」です。
BNBを保有している人も彼らの事業が好調であれば期待感から売る人が減ります(これも上昇要因)
簡単に言うと「彼らが儲けてBNBをどんどん燃やす→BNBの価値は上がる」です。
※その他BNBはBinanceでの取引手数料の割引としての役割もあります。

総発行量について

BNBはICOを実施して誕生しました。
トークンの総発行量は200,000,000(2億)

これが半分の1億になるまでBurnされていく予定です。

情報元:BNB(Binance Coin) - Binance.com

Binance Chainの主要通貨としてのBNB

Binanceは将来Binance Chainという独自のブロックチェーンプラットフォームを築くことを考えているようです。

BNBを保有していればBainance Chainのネイティブトークンへの交換券になります。

ネイティブトークンとは
そのプラットフォームの基軸通貨(トークン)のこと。
例えばイーサリアムの基軸通貨(トークン)はETHです。

情報元:Binance Chain – Binance

BNBの買い方について

BNBトークンはBinanceの取引所でトレード可能です。
2BTC以下の取引ならメールアドレスだけで取引できますので、ぜひ口座を作ってみてください。

また同じような役割をもつトークンをHuobiも発行しています。
「HT」というトークン名で、こちらも同じくトレード向きです。

BNBのバーン履歴

これまでバーンされたBNBについて記録しています。
※()は総発行量に対するパーセンテージです。

バーンイベントの前後はBNBの値動きが激しくなります。
こういった定例の動きを見極めればトレードで利益を出すことも可能だと思います。

2017年Q3のバーン

2017年Q3のバーンBNB数は👇

986,000 (0.493%)

10/15に実施されました、値動きは以下の通り。

10/1以降のBNBの動き

情報元:Binance Coin Burn in 2017 Fall

2017年Q4のバーン

2017年Q4のバーンBNB数は👇

1,821,586 (0.915%)

1/15に実施されました、値動きは以下の通り。

1/1以降のBNB価格

情報元:Binance Coin Burn in 2018 Winter

2018年Q1のバーン

2018年Q1のバーンBNB数は👇

2,220,314 (1.12%)

4/15に実施されました、値動きは以下の通り。

4/1以降のBNB価格

今回は3/21から出来高が増加し、BNB価格が上がっていきました。

バーンイベントも恒例になってきたので約1ヶ月前ぐらいから意識されているということですね。

ということは次回は6/15あたりから意識していくと良さそうです。

【追記】
6/7現在、既にBNBが上昇してきました。
定例どおりであれば一旦下落するので、そこで買いたいですね。

BNBの総発行量:194,972,068 BNB

情報元:Binance 3rd Quarterly Token Burn – Binance

2018年Q2のバーン

2018年Q3のバーンBNB数は👇

2,528,767  BNB(3,000万USD相当)

7/17に実施されました、値動きは以下の通りです。

BNB/BTCペア

 

今回もバーン前の高騰があった形となりました。
次回は10/15あたりにバーンがくるので8月後半〜9月のBNBの動きに注視するといいかなと思います。

 

BNBの総発行量:192,443,301 BNB

流通量:144,443,301 BNB

情報元:Binance Completes 4th Quarter Token Burn

【最新】2018年Q3のバーン

2018年Q3のバーンは定例通りであれば10/15の予定です。

チャートの縦の紫線がバーンの時期です。

自分は水色の水平線を背にBNBを仕込み中。(BTC建)

ただビットコインとの正相関が強くなってきたので、暴落の際には大きく影響を受けそうなので注意が必要ですね。

 

おすすめの記事