Bumoという独自のブロックチェーンを開発するプロジェクトがエアドロップを実施しています。

以下の理由から期待できるエアドロップなので、受け取り方法を解説します。

  1. エアドロップが大規模である
  2. 独自ブロックチェーン系のトークンは値段が付きやすい

過去に似たエアドロップでIOSTがありました。

彼らはBinanceやHuobiなどの大手取引所に上場を果たしたので、Bumoもそれを期待したいですね。

【追記】

上限に達したため受付中止、また再開されるようです。

エアドロップ受け取りページはこちらから→BUMO

Bumoのエアドロップ受け取り方法

こちらからエアドロップ受け取りページに移動してください。

 

中国語になってます、読みにくい人は右上にある言語ボタンで英語表示に切り替えてくださいね。

最初にウォレットを作成する必要があるので右下の「No Wallet address?」をクリックします。

アドレスの作成、プライベートキーのバックアップ

プライベートキーとアドレスが表示されます。

プライベートキーは紛失しないように必ず控えてくださいトークンがもらえなくなります。

控え終わったら「NEXT」をクリック。

タスクをこなす

あとは以下のタスクをこなして完了です。

  1. ツイッターフォロー
  2. 公式ツイートをする
  3. テレグラムに参加
  4. テレグラムに自分のコードを入力

画面付きで説明していきます。

1.ツイート

2.公式アカウントのフォロー

 

3.テレグラム参加

下のほうにあるリンク「BUMO official Group」をクリックしてテレグラムに参加します。
その際「Your Code」をコピーしておきます。

テレグラムでコード入力

テレグラムに参加後、Your Codeを入力。

botから返事が来たら完了です。

 

簡単な作業なので5分以内にできます。

サクッとエアドロップもらっておきましょう→BUMO

招待コードを広めれば10BUをゲット

自分の招待コードも発行されます。

「Your invitation address」にあるURLを広めれば1人あたり10BUゲットです。

 

以上BUMOのエアドロップ受け取り方法でした。

値段がつくと良いですよね、期待せず待ちましょう。

おすすめの記事