【お知らせ】コインチェック銘柄分散投資の企画は休止します

こんにちはDEGです。

コインチェック社のハッキング事件についてはもうみなさんご存知だと思います。

このブログでは「日本人はアルトコインを買うだろう」という予想のもと、コインチェック分散投資というテーマで投資をしていました。

 

分散投資の運用成績

12万円からスタートし、追加投資を経てピークで120万円超え。
現在は約76万円となっています。

当初の読み通り、数倍はカンタンに達成できたなという感じです。
なによりこの投資方法は完全に放置、市場の動向も気にしなくていいというのが気に入っていました。

 

 

これでちゃんと出金までしてリスク対策してれば完璧だったのですが。

今後コインチェックがどうなるかわかりませんが、もう返ってこないものとして眠らせておきます・・・。

今後に活かすために

今回の事件を活かすため、学んだことを振り返るとすると以下の2点でしょうか。

 

  • 日本人の資金力
  • 取引所リスクへの対策

 

日本人の資金力

コインチェックでNEMを保有していた人が26万人ということ、ハッキングの被害額(NEMの残高)が約580億円ということを考えるといかに日本のマーケットが大きいかというのがわかります。

 

もちろん残高=投資された金額ではありませんが、このほかにコインチェックを利用してない人、Zaifで取引していた人もいたということを考えると想像以上に日本は仮想通貨への投資が浸透していると実感しました。

 

 

こういった観点からやはり「日本人が投資しやすいものを買う」という投資は理にかなっていたと思えます。

じゃあ一般的な日本人が投資しやすいものはなにか?というとやっぱり日本語情報があって、コミュニティもあって、雰囲気も良い・・・ものじゃないでしょうか?(バカにしてませんよ)

日本コミュニティが活発なアルトコインをまとめました
2018.3.6
Verge(バージ)という通貨が大暴騰を見せています。日本コミュニティが活発なのでツイッターでこの通貨を見かけていた人も多いのではないでしょうか。...

👆の記事でも書いたように日本では多くのコミュニティが出来ています。
こういう通貨を日本で流行る前に先駆けて買っておけば大きなリターンになりそうですね。

取引所リスク

取引所に資産を置いておくということに大きなリスクが伴うということは日頃から理解していたのですが、やらかしてしまいました。
※ちなみに自分はPoloniexから50ETHを返してもらえてないです

 

コインチェックに非はないということを言うつもりは全くありませんが、自衛できたのも事実だと思っています。

資産保護の仕組みなどない世界だということを改めて学びました。。。

 

 

今後このブログでもウォレット系の記事などを増やし、仮想通貨業界への貢献を自分なりにできる範囲でやっていこうと思います。

ということでテンション低めの締めです。

コインチェックが生き残ってたらまた残高公開します、んでは(๑´ڡ`๑)

  • 【お知らせ】コインチェック銘柄分散投資の企画は休止します
  • 【おすすめ】コインチェックの全アルトコインに分散投資した結果 #5ヶ月目 #増資
おすすめの記事