こんにちはDEGです。

先日このブログで取り上げたdock.ioのICO詳細が発表されました。

最近、有望なICOは個人の投資額が大きく限定されて辛いですね(涙)

 

 

ICOの概要

今回のICOの概要についての運営からの発表はこちらです。(英語)
Token Sale Details + KYC Update

投資上限額について

ホワイトリスト+KYCの通過者が当日のICOに参加できます。

個人の投資上限額は最低0.1〜最高1ETHとなりました。(少ない・・・。)

 

ICO開始から4時間はこの上限額が適用され経過後は開放されます。

 

1ETH以上投資したい人は4時間後ちょうどに送金をしたほうがいいでしょうね。

なおトークン単価は0.84$で固定されています。

ICO日時について

ICOは2月21日16:00(日本時間)からスタートです。

投資上限枠は20:00から開放になりますね。

  • Date and Time: Feb 21st @ 7:00AM UTC (set a reminder)
  • Where — dock.io . The only official source/website (double check the address)

ぼくは10ETH投資したいのでダメ元で4時間後の投資にも参加する予定です。

トークンのアンロックについて

トークンはICO参加と同時に配布されますが30日間ロックされます。
この点、留意しておきましょう。

Tokens are received immediately after the token sale is concluded. Tokens are not transferable for up to 30 days.

プライベートセール発行分のトークンについて

またdock.ioは今回のICO以外にもプライベートセールを実施しています。

プライベートセールには40%のボーナスが付与、トークンは50%分を4ヶ月間のロックという条件です。

Private recap

We capped the private sale at $12 million USD and had participation from strong institutional and strategic investors around the world. Every private investor has the same terms.

  • 40% bonus
  • 50% of all tokens locked for 4 months

一般セールのおおよそ1.5倍の発行量なので4ヶ月後の売り圧力になりますね。

 

中期保有者はこの点を留意してくのがいいかと思います。(プライベートセール分がアンロックされる前に一旦手放すなど)

 

以上がdock.ioのICO概要です。

ICOの参加判断

ICOの短期売買は地合いがすべてと言っても過言ではありません。

ここ数日はビットコイン価格が上昇し一旦アルトコインの地合いが悪くなると個人的には予想しています。

 

そんな中dock.ioはトークンを30日間ロックされるので短期売り抜けを狙う投資家は嫌煙すると思います。
短期売買には適してないタイプですね。

 

ということで、自分は短期売買でなく3ヶ月後にICO価格より大きく伸びてることを期待して参加するつもりです。
(1ETHしか参加できないかもですけどね・・・)

投資上限額は公開されていませんが、短期売買前提ではなくロードマップにあるようにRemoto.com社との連携が実現するフェーズまで保有する中期での予定です。

引用元:【ICO活動レポ】dock.ioについて | 仮想通貨のあるとこ

ICOに参加しなくても登録すると報酬アリ!

なお、dock.ioはICOに参加しなくてもアカウント作成、SNS連携、プロフィール入力などで数ドルの報酬がもらえます。
よければどうぞ→dock.icoに登録する

 

以上「dock.icoのICO詳細について(開始時刻、投資上限額について)」でした。
んでは(๑´ڡ`๑)

おすすめの記事