このページではEnigmaについての解説、投資判断を書いています。

以下の目次をどうぞ👇

Enigma(ENG)が買える取引所は?

Enigmaは2017年9月にICOを実施し、約50億円を調達したプロジェクトです。

発行されたトークンのENGは以下の大手取引所に上場しています。

ENGを扱う取引所
  • Binance
  • Bittrex
  • Huobi
  • OKex
  • Upbit

※2018年5月3日時点

上場していない大手取引所は「bithumb(韓国)」と「Bitfinex(香港)」ぐらいしかありません。

ICO価格からそこまで伸びていない

しかしこれだけ大手取引所に上場している割りにはICO価格からさほど上昇していません。

    ENGのICO価格からのリターン

    ICO Dropsより

    特にETH建については1.7〜2倍と、プロジェクトの内容からすると過小評価と思えます。

     

    よってプロダクトのリリース、実際の採用例(企業採用やサービスの立ち上がりなど)が出てくるうちに注目されると予想しています。

    独り言
    人気があったICOの上場後価格は「そのときの仮想通貨の情勢」に大きく左右されます。
    暴落相場だと有望ICOなど関係なく下がります、Enigmaも上場時期が悪くあまり波に乗れなかったタイプですね。
    しかしこういった有望ICOはチェックしている人も多く、好ニュースで一気に値を上げることが多いです。
    (煽られやすいとも言うか・・🤔)

    Enigmaのプロジェクト内容について

    さてEnigmaは何を実現しようとしているプロジェクトなのか?を紹介していきます。

    「全てのブロックチェーンにスケーラブルな秘匿性を」

    というのがコンセプトですが、実は日本語コミュニティがありかなり情報も充実しています。

     

    日本コミュニティリンク集

     

    ぼくの方からは様々な仮想通貨の中からEnigmaはここがポイントというのをかいつまんで紹介します。

    Enigmaの特徴

    • シークレットコントラクト
    • オフチェーン(スケーラブル)
    • ノードにインセンティブがある
    • ブロックチェーンにとらわれない
      (Plasmaや他のブロックチェーンに乗る)

     

    Enigmaの特徴はなんといってもシークレットコントラクト(Secret Contract)

     

    これはイーサリアムによって認知度が高まった「スマートコントラクト」の大きな問題を解決するコンセプトです。

    大きな問題とはスマートコントラクトはブロックチェーン上でその中身が丸見えであること。

    丸見えのデータ

     

    例えると契約書の中身が丸見えって感じですかね。

    「丸見えの契約書」これだとビジネスに使うには厳しいものがありますよね?

     

    Enigmaはそういった部分をシークレットにしてくれます。

     

    契約やデータの中身は暗号化(秘匿)しつつも、契約の内容を実行できるというものです。

    具体的なユースケースもEnigma Japanで日本語で調べることができます。

    しっかり理解すると「Enigmaのような仕組みは今後の世の中に必要だな」と腑に落ちるはずです。(説明丸投げ😇)

    独り言
    個人的にはデータマーケットプレイスの分野でこの技術はかなり使われるだろうなと思いました。ビックデータ、Iotの時代ですしね。
    スポンサーリンク

    Enigmaの投資材料

    Enigmaの投資判断として、今後の材料になりそうなものをまとめてみました。

    ロードマップ

    まずはEnigmaのロードマップです。

    ロードマップのインフォグラフィックは以下のURLから見ることができます。

    Enigma’s Ambition — Our Latest Roadmap – Enigma

    2018年(Discovery) 

    2018年は創世記ということでプロダクト世にでる瞬間です。

    Q3のメインネットリリース時にはかなり注目が集まると予想されます。

    • Q2(4〜6月)テストネット
    • Q3(7月〜9月)メインネット(Secret Contract 1.0 TEEs)

    2019年(Voyager Valiant)

    2019年はスマートコントラクトをさらにバージョンアップさせたものをリリースする予定です。(秘匿性などの向上)

    • Q1 テストネット(Secret Contract2.0 sMPC)
    • Q2 メインネット(Secret Contract2.0 sMOC)

     

    こちらは2019年前半が目標とされています。
    開発の進捗として注目を浴びるイベントでしょうね。

    未上場取引所

    また価格が上がる要素として大手取引所への上場です。

    いま未上場な大手取引所は以下の2社。

    • bithumb
    • bitfinex

    インパクトが大きいのはbithumb(韓国)でしょう。

    ノード報酬の公開

    また情報の公開時期は未定ですが、ノード報酬の公開はかなり価格インパクトのある材料になるでしょう。

    ノード報酬とは?
    Enigmaのサービスを提供する「暗号計算」「暗号ストレージ」を支えるインフラをノードが支えます。 (ぼくたち個人投資家がこのノードを提供することもできます)
    • ノードになるためにはまとまった数量のENGが必要※買い需要
    • ノード報酬が良くノード参加者によるENG買い集め※買い需要
    • ノードにデポジットされたENGは売られることがない※ENGの希少性上昇

    またノード条件・報酬の公開の価格インパクトは他のアルトコイン銘柄でも実証されています。

    個人的な投資方針

    実はこれを書いている間にEnigmaの価格がどんどん上がっています。

    一時100円だったのが今や300円Over・・・

     

    ということで今買うには割高です。
    5月15日からNYで行われているConsensus2018でEnigmaの発表が終わった事実売りで下落したところが買いどきでしょうか。

     

    ぼくはEnigmaが世の中に必要なサービスであると判断しました。

    運営の開発力(早い)日本語での情報の手に入りやすさ、ノード制度による継続的な買い圧力(売り圧減少)などを考慮し中・長期保有する予定です。

     

    また、ノードによる金利報酬も狙えるので買い集め目標はノード条件であろうとされている1万〜2万ENGを集める予定です。

    トレーダーはイベント時に売り抜けがベスト

    逆にトレーダーの人は、メインネットリリースやノード条件の発表時などのイベント時の高騰を狙って売り抜けるのがいいのではないでしょうか。

     

    また日本人でもEnigmaを推している人は多いので煽られやすい銘柄とも言えます。

    イナゴタワーの頂点で売り抜けできれば相応のリターンがあるでしょうね。

     

    以上Enigma(エニグマ)の投資材料・判断について、でした。

    おすすめの記事