こんにちはDEGです。

人気が出そうなICOのFriendzがホワイトリストを本日からオープンしました、早速登録です。

 

ホワイトリストに登録する👉Friendz

この記事ではFriendzの紹介と、今までのICOにない変わった仕組みを紹介していきます。

 

Friendzとは?

Friendzはすでにビジネスが軌道に乗っている会社です。※それが人気の要因でもある

事業内容はデジタルマーケティングを手がける企業です。(広告代理店的な)

 

宣伝をしたいブランド(企業)と宣伝に協力するユーザーがFriendzのプラットフォームに登録し、実績によって報酬が支払われる形です。

そしてFriendzにはすでにグローバルな200以上のブランドが参加しており、ユーザーは20万人を超えているようです。

 


※トヨタとかディズニーとかそうそうたるメンバーですね

 

2016年に誕生して以来、2年でこの規模に成長したことから注目を浴びている企業のようです。
(欧州の企業なので日本では聞いたことがないですねぇ。)

トークンモデル

このICOで発行されるトークンの使いみちです。

宣伝をしたい企業がトークンを使ってプロジェクトを作成→そのトークンをユーザーへのリワードなどに使います。

 

またFriendZ自体が市場からバイバックも実施し流通トークンの数を減らすことで価格上昇を促すモデルです。

そして時期は詳しく明記されていませんが、トークンをデポジットして配当をもらうこともできるようです。(溜め込みが発生し価格が上昇しやすくなる)

 

詳しくはホワイトペーパーを👉https://friendz.io/file/whitepaper_icofriendz.pdf

 

ホワイトリストへの登録

ICOに参加するためにはホワイトリストへの登録が必要です(KYCは後日)

ホワイトリストのリンク👉FriendZ

 

上記のリンクからアカウント作成をし以下の流れで登録できます。

 

  • アカウント作成(メール認証)
  • ホワイトリスト申請(投資額の入力)
  • テレグラムグループへの参加/アカウント名入力
  • ニュースレター登録
  • イーサリアムアドレスの登録
  • リファーラルリンクの取得

 

※リファーラルリンクは友人などを招待するときのリンクです。

Power hourについて

そしてこのICOにはPower hourという特別参加枠があります。

この参加枠のメリットは以下の通り。

 

  • 一般価格より40%のボーナス多く付与される
  • メインセールより早い時間から参加できる
  • ガス価格を高く設定しなくても良い(競争が激しくないため)

 

しかしPower hourで付与されたトークンは1年間のロック期間があります。

1ヶ月毎に1/12のずつロックが開放されるため、一気にトークンを売却するというようなことは出来ないようになっています。
※投げ売りの防止ですね

これは他のICOにない変わった仕組みですね。
長期のホールド予定で投資するユーザーには非常に親切な設計だと思います。

ICOの人気は?

前述の通り既存の勢いある企業が実施するICOだけあって人気は高いです。

  • テレグラム:30,000人
  • ツイッター:3,500人

ツイッターの集客はあまり力を入れてないようです。

 

しかしICOレーティングサイトでもかなりの高評価なのでこれも激戦ICOになるでしょうね・・・。

スコアは4.8(MAX5)

 

トークンがロックされるのは悩ましいですけど、確実に参加できそうなPower hourが魅力に思えますね。
悩ましいです。。。

取引所への上場計画

またロードマップのQ1では取引所への上場も明記されていますね。

テレグラムを調べましたがどの取引所かは公開されていませんでした。

 

 

以上「【ICO活動レポ】Friendzのホワイトリストへ登録しました」です。

ホワイトリストの登録はこちらからどうぞ!👉Friendz

 

個人的にFriendzはすぐ投げ売りする日本人の間で話題になっていないので期待できるかなぁと思ってたりします(笑)

んでは(๑´ڡ`๑)

スポンサードリンク
ICO, ICO活動レポの関連記事
  • dock.ioのICO詳細について(開始時刻、投資上限額について)
  • 【ICO活動レポ】Ocean protocolのホワイトリストへ登録しました

仮想通貨情報を毎日ツイートしてます→