中国の大手取引所であるHuobi.ProはHTという株式に似たトークンを発行しています。

この記事では👇について書いています。

  • HTとはなにか?
  • 何に使えるか?
  • 仕込むならいつか?
Huobi.Proとは?
中国の仮想通貨に対する規制で中国主要取引所は香港に拠点を移し法律に抵触しない取引所を立ち上げました。
Huobi.Proはそのうちの1つです。なおBinanceも同じ経緯で誕生した取引所です。
口座開設方法や、レバレッジ取引のやりかたは以下の記事に書いていますのでどうぞ!

HT(Huobi Token)とは?

HTはHuobiが発行した取引所系のトークンです。

同様の取り組みではBinanceのBNBが最も有名でしょう。

取引所トークンの仕組み

HTトークンも同様の仕組み

 

BinanceはBNBを上記画像のように取引手数料として、また利益から買戻しするような設計がされています。

取引所系トークンの詳しい設計について知りたい場合は👇の過去記事を参考にしてみてください。

※BinanceのBNBトークンは発行されてから28倍以上の上昇をしています。

BNBと似たタイプのトークンがHuobiから「HT」という名前で発行されたというわけです。

SBIとの提携済み

Huobiという取引所にあまり聞き馴染みが無い方も多いと思いますが中国の三大取引所の1つとされユーザー数はかなり多いです。(140〜160万人規模)

また昨年の12月にはSBIグループととの提携もしています。

おそらくSBIが作る仮想通貨取引所(バーチャルカレンシーズ)と何かしらの協力関係を結ぶものと思われます。

中国三大取引所のHuobi、SBIグループと提携へ【フィスコ・ビットコインニュース】

【追記】

SBIとの提携は解消されました。
Binanceも金融庁から警告を受けていますし、海外取引所への風当たりは強いです。

韓国へは進出をしました。

HT(Huobi Token)の使い道は?

今回発行されるHTトークンは主に以下の用途があります。

  • HTのトレード
  • 手数料が割引になるVIPサービスの購入
  • Huobiのサービス利用
  • Huobiの事業への投票など各種特典

それぞれかいつまんで紹介していきます。

トレード

トレード通貨としてのHTトークン

 

最大の需要はこちら、トレードです。
USDT/BTC/ETHの通貨ペアがあります。

これはBNBトークンなども一緒の扱いです。
Huobiの業績が好調、高サービスを提供すれば自然と市場でHTトークンの買い需要が発生すると思っています。

手数料サービスとして

トレード手数料としてHTトークンを利用

 

こちらもBinanceと似た仕組みですがHTを手数料として使うこともできます。

ただBinanceとは少し仕組みが違い、手数料が割引になるVIPサービスをHTを使って買うという感じですね。

正直微妙な仕組みだなと思いました。

 

これだとHTが値上がりしてしまうと、VIPサービスを受けるためのパッケージも値上がりしてしまうことになりますし・・・。

特に50%割引を受けるためには12,000HT/月ってかなり高額ですよ。
BNBトークンみたいにしてほしかったですね。

各種特典

 

あとはHuobiの提供するサービスを利用できたり、以下のような使い方もできるようです。

  • 新規に上場されたコインをプレゼント
  • Huobiの事業への投票

優待や議決権、という株のような仕組みにしていることがわかりますね。(株と違って何の責任もありませんが・・・)

4半期ごとの利益の20%相当の金額分を償却

バーンされるHTトークン

 

またこちらもBinanceと同じ特徴ですが、4半期毎の利益額の20%相当のHTを買戻します。

この買戻しにより市場に出回っているHTトークンの価値が上がるようになっています。

実際BNBトークンも買戻しの度に値を上げていっていますね。

スポンサーリンク

激戦のなか販売されたHT(Huobi Token)

さてこんな感じのBinanceとそっくりな形でリリースされたHTですが大激戦での販売でした。

少額の量を毎日販売していましたが、いずれも30秒以内で売り切れていました👇

売り出しの注意点!
【誤解が多そうなので追記しました】
今回のHuobiでのHTの売出しは「ポイントカードの購入」という点に注意してくださいね。
1ポイント=1USDのポイントカードを購入し、それにHTが付与されるという形です。
ポイントカードはHuobiでのトレード手数料として使うことが可能です。

かなり有望な部類に入りますから人気なのも頷けますね。

個人的にもかなり有望株なので毎日張り付いて買ってました。(2回だけ買えました)

仕込みの狙い目はバーンのタイミング

【2018年4月追記】

自分は売り出しされたHTは2.3倍ほどの価格で売却しました。

そして、現在ピークの2.7ドルから現在は1.6ドルほどまで価格を落としましたので買戻しをしています。

買戻しを計画中

 

上記にも書いたようにHTは4半期に1度、利益の20%相当の金額をバーン(burn)します。

BinanceのBNBトークンもそうですが、このイベントは利益を出しやすいため狙い目です。

 

4月19日時点でバーンの時期は発表されていませんが、公式が発表したときに値を上げると予想してます。
(ぼくはこの時にまたすべて売却の予定)

HTはHuobiでトレードできるので、仕込みたい人は開設しておきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

以上、第二のBNB?中国取引所のHuobi(フオビ)が発行した「HT」についてでした。
おすすめの記事