イーサリアムの筆頭ウォレットを開発するMyEtherWalletがスマホアプリの「MEWconnect」をリリースしました。

 

特徴や使い方などを紹介していきます。

メリットとしてはイーサリアム系の通貨(ETH、OMG等)をよりセキュリティ高く管理できます。

MEWConnectの特徴

MEWConnectで何が便利になるのか?

カンタンに言うとWebでMyEtherWalletを使うときにイーサリアムアドレスにスピーディかつセーフティにアクセスが可能になります。

 

スマホが「」になるとイメージしてもらえればOKです。

MyEtherWalletで「MEWConnect」を選択

実際にやってみるとイメージがわきます。

https://www.myetherwallet.com/にアクセスすると以下のように「MEWconnect」の項目があります。

 

これをスマホに入っているMEWConnectで読み込むだけです。

 

 

おおよそ数秒で認識が終わり、いつものようにアドレスにアクセスすることができます。

 

MEWconnectがイーサリアムアドレスにアクセスする「鍵」としての役割を果たしているというわけです。

MEWConnectのメリット

従来MyEtherWalletでは以下の方法でイーサリアムアドレスにアクセスする人が多いでしょう。

 

  • プライベートキー
  • Keystoreファイル&パスワード
  • ニーモニック(パスフレーズ)

 

これらの方法はセキュリティリスクが存在しています。
(PC内部に情報が集中してしまう・通信上にパスワードを晒してしまうなど)

有名インフルエンサーの失敗
あるインフルエンサーはプライベートキーなどの情報をEvernoteに保存してました。この方法ではPCやスマホ端末が盗まれることはもちろん、アカウントハッキングリスクもあります。
現にそのインフルエンサーはEvernoteをハッキングされ数億円の資産を盗まれました。

MEWconnectであればPCとスマホ(鍵)を分別管理することになるのでより安全になります。

PCが盗まれても鍵は別ですし、スマホが盗まれてもスマホ&MEWconnectのパスワード守ってくれます。

 

イーサリアム(ETH)やトークンを保管している人は、これを気にMEWconnectをあわせて運用していくといいと思います。

ダウンロードはこちら

MEWconnect

MEWconnect

MyEtherWallet, Inc.無料posted withアプリーチ

MEWconnect導入の注意点

MEWconnectの導入すると、バックアップを取るようにもとめられます。

バックアップでは以下のように24種類のワードによるフレーズが表示されます。

絶対にこんな風にスクリーンショットしないでください。

 

 

手書きのメモ、あるいは以下のようなツールに安全にフレーズを保管できるようにしてください。

対策できるのはイーサリアム系通貨のみ

ただしMEWconnectではイーサリアムプラットフォームのものしか管理できません。

イーサリアムプラットフォームの通貨例
  • ETH
  • OMG
  • ZRX
  • BNB

よって、ビットコイン、イーサリアム、リップルなど異なる通貨を管理するのでれば、LedgerやTREZORなどの従来のモノを使うことをおすすめします。

ハードウェアウォレットの全容については以下の記事をどうぞ。

 

以上、MEWConnectを使ってスマホをハードウェアウォレット(鍵)にしようでした。

おすすめの記事