こんにちはDEGです、久しぶりのICO活動レポ!

テレグラムでは既に配信していたんですが、NKNというICOに参加することにしました。

4/19にトークンセールがありKYCは既に始まっています。

  • どんなプロジェクトか?
  • 投資判断?
  • 参加方法は?

 

などを書いていきます。

NKNのプロジェクト概要

一言でいうと、いま流行りのブロックチェーン3.0のプロジェクトです。

ブロックチェーン3.0という切り口にも色々あり

 

  • イーサリアムやNEOなど異なるチェーンを繋ぐもの
  • これまでの技術を活かしてさらにスケーラブル(負荷に強い)なもの
  • 新しいコンセンサス(合意)を用いたブロックチェーン

 

・・・などなどあります。

NKNは2,3番目の特徴をもったプロジェクトですね。

ちなみに「今からこういうの作ります!」系です😅

トークンセール概要

ICOのトークンセールの概要です。

  • 4/19 8:00AM UTC(日本時間は17:00)
  • ハードキャップ:12,050ETH
  • 1ETH=4,150NKN
  • 投資枠:1ETH〜150ETH
  • 最初の3時間は10ETHが上限額

人気がでる系統のプロジェクトのわりには上限額が低く、恐らくすぐに終了になると思っています。

(最初の3時間で1205人が投資したらそれで終わりですからね。)

NKNの個人的な投資判断

個人的な投資判断をしてみました。

ポジティブ

  • チーム、アドバイザーが良い
  • 独自チェーンのため、成功したときのトークンリターンが大きい
  • 公募金額が低い(上昇余地がある)

 

創設者の経歴や👆のおじいちゃんもすごい人です(語呂感)

真面目にいうと創設者はLinexの開発に関わったエキスパートでOnchainとの繋がりもあります。
※Onchainは中国のブロックチェーン企業
おじいちゃんはいまのブロックチェーン技術に基礎的に使われている公開鍵を発明した人です。

 

つまり良いものを開発するチーム力は十分にある、ということですね。
また独自チェーン(プラットフォーム)系のプロジェクトは当たるとリターンが非常に高い、というのも重要です。

ネガティブ

  • 公募金額が低く大手取引所への上場が見込みにくい
  • ETHで公募してトークンはNEP-5というやりかた(NEOが絡んでるから?)
  • 競争が激しい分野(オリジナルチェーン)
  • メインネットが2019年Q3という遅さ

 

ネガティブ要素は上記の通り。
競争の激しい分野においてこのスケジュールというのが1番のネックですね。

 

総合的に考えた結果、投資したことを忘れられるぐらいの金額で参加をすることにしました。(〜5ETH)

基本的には2019年のテストネット→メインネットの流れでのトークン価格高騰を狙います。

あるいはNEO系トークンが上場しているDEXで高騰したときに売却というプランですね。

スポンサーリンク

参加方法

NKNはLeekICOというサイト上で参加します。

詳しい参加方法は、公式テレグラムでピン留めされているメッセージから「LEEKICO tutorial」とというPDFファイルにあります。

 

パスポートを提出したりとKYCの基本的な流れは一緒なのでICO参加経験者なら迷うことはないでしょう。

留意点

ただほかのICOと少し形式が違うので👇の点は注意しておいてください。

  • 投資はETHで行う
  • 付与されるトークンはNEP-5規格(NEOトークン)
  • 売り出されるのはメインネット時にネイティブトークンとの1:1で交換できるトークン

 

以上、「NKN(New Kind of Network)のICOに参加するためKYCをしました」でした。

最後に各種リンクを張っておきます。

 

あとテレグラムではICO情報もよく配信してるのでよければ参加してくださいね〜👉Arutoko

各種リンク

おすすめの記事