【ICO活動レポ】Ocean protocolのホワイトリストへ登録しました

こんにちはDEGです。今日は1つICOに登録したのでレポしていきます。

登録はこちらからできます👉https://oceanprotocol.com/

 

Ocean protocolとは?

すごくカンタンにいうと「AIに食わせる大量のデータの売買マーケットの仕組み」を開発するプロジェクトです。

精度の高いAIの開発には大量のデータ(ビックデータ)が必要とされています。

例えば医療の現場においてAIの活躍は期待されていますが、精度を高めるためのモデルデータが不足しています。

 

Ocean ProtocolはAIの為のビックデータが必要な企業、ビックデータの保有者(病院など)を繋ぎデータ売買を可能にするプロジェクトです。

👆の図が示すようにデータを提供するプロバイダ、買うコンシューマーをアンロック(繋ぐ)という感じですな。

 

正直ぼくはAIやビックデータなどの領域に明るくないので市場規模などピンとこないですが、新しい市場だけに期待できるのかな・・・?

 

AIという領域に加えてビックデータのマーケットプレイスという、これからホットになりそうな分野のICOだけあって注目を浴びることが予想されます。

ちなみにAIプロジェクトでICOを瞬殺させたSingularityNETとパートナーシップを組んでいます。👇

https://blog.singularitynet.io/ocean-protocol-partners-with-singularitynet-de112ae68244

ホワイトリストは10,000人まで

今回のホワイトリストは10,000人までという上限枠が設定されています。

集まった人数に応じて一人あたりの投資上限額が変動する仕組みになっています。(たぶん10,000人集まります)

引用:Whitelisting Guidelines for Ocean Protocol Pre-Launch Distribution

注意点

重要な注意点ですが、今回のICOで配布されるトークンはメイントークンではありません。

Oceanprotocolではネイティブトークンが開発されるため今回のイーサリアムトークンはプレトークンとなります(予約みたいなもの)

 

メイントークンは2019年Q1にリリース予定で、今回のICOに参加しておけばトークンを優先して配布・・・というわけです。

 

つまり投資資金が約1年間ロックされるということです。

 

この点を重々承知した上で参加しなければいけない案件ですのでご注意くださいね。

 

以下に公式サイトとホワイトリストのガイドラインリンクを張っていますので、各自翻訳にかけて読んでみてください。
公式ブログも読んでおくといいと思いますよ。

 

ぼくはホワイトリストが通れば満額投資します。

んでは(๑´ڡ`๑)

ICO, ICO活動レポの関連記事
  • NKN(New Kind of Network)のICOに参加するためKYCをしました
  • 【ICO】Grainのトークンセール参加方法について
おすすめの記事
ハードウェアウォレットを初めて買う人へ
ハードウェアウォレット
コインチェック事件以来ハードウェアウォレットに注目が集まっています。 ・・が、ハードウェアウォレットはお世辞にも使いやすいとは言えません。...