国内ビットコイン取引所のLiquid(旧QUOINEX)がおすすめな理由

日本の主要取引所Liquid(リキッド)について紹介します。

 

メモ

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は2018年9月にLiquid(リキッド)にリブランドされました。

 

この取引所は知名度はありませんが顧客資産保護を第一に考えた「高セキュリティ&使いやすい」と隠れた実力派取引所なのです。

特にアルトコイントレード用のビットコインを買いたい人におすすめの取引所です。

ぼくはLiquidの口座を1年ほど使っており、主にアービトラージに活用しています。

【関連】

 

この記事ではLiquidのここが良い!と感じたメリットを紹介していきますね。

スポンサードリンク

Liquid(リキッド)はトレード手数料が無料

Liquidではビットコインをどれだけトレードしても手数料が発生しません。
※信用取引を除く

リキッドのビットコイン手数料は無料

 

例えばビットコインの大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)ですが、0.1%ほどの手数料があります。

100万円の取引をした場合
  • bitFlyer:1,000円の手数料
  • Liquid:無料

何度も取引をすればこの違いは大きくなってきます。

国内取引所で「ビットコイン取引手数料無料&セキュリティが高い」を実現しているのがLiquidなんです。

仮想通貨の出金手数料が無料!

また仮想通貨の出金手数料が無料というのも大きなアドバンテージですね。

ビットコインの出金は無料

レバレッジ取引の手数料も業界最低水準

またLiquidでは最大25倍までのレバレッジ取引が可能です。

手数料は0.025%と業界最低水準です。

 

また一般的にはレバレッジポジションを日をまたいで持ち越すと、翌日分の手数料が加算されます。

しかしLiquidの場合は毎朝7:00が基準時間になるので、この時間までのポジションを解消すれば翌日の手数料は発生しません。

レバレッジ取引では、「ポジション料」はポジションを建てた際に支払われます。

その後、同日から決済まで毎日7:00 AM (UTC+9) 、ポジション料を都度支払います。

引用元:[レバレッジ取引]ポジション料はいつ支払われますか。 – Liquid by Quoine(リキッドバイコイン) Help center ~登録から取引までご案内~

セキュリティが非常に高い

QUOINEXの高いセキュリティ

Liquidは「宣伝広告費を削減し設備投資に回す」と宣言しているだけあってセキュリティが非常に高いです。

 

仮想通貨はインターネットを使う通貨のためサイバー攻撃を常に受ける宿命にあります。

Liquidはセキュリティのためにビットコインなどをネットから切り離したコールドウォレットに保管しており強固な守りを実現しています。

 

ちなみにハッキング被害を受けたコインチェックはホットウォレットというネットに繋がった状態で資産を保管しており、狙われてしまいました

DEG
仮想通貨取引所を狙ったサイバー攻撃は激増しています。
取引所のセキュリティはかなり重要なポイントです。

スマホアプリが使いやすい

実はLiquidはスマフォアプリが非常に使いにくかったんです。
あまりにも使いにくすぎて削除してしまいました(笑)

しかし最近リリースされたスマフォアプリの「ライト版」は簡単にトレードできるように設計されています。

使いやすいトレードアプリ

 

上記の画像のようにシンプルで見やすい画面へと仕上がっていますね。

もちろんアプリから入金・出金などもできます。ぜひ一度ダウンロードして使ってみてください。

Liquid by Quoineライト版

Liquid by Quoineライト版

QUOINE Corporationposted withアプリーチ

トレード画面を自由にカスタマイズできる

これはLiquidの大きな特徴です。

トレードの画面を自由にカスタマイズし自分好みにすることができます。

どういうことかといいますと・・・

デフォルトの配置

デフォルトではこのようにチャートが真ん中にあり、囲むようにその他の操作画面があります。

カスタマイズ後の配置

これをよくあるトレード画面のように左にチャート、右に注文パネルに変更したり。

 

ノートPC用にコンパクトに配置したりとカスタマイズができます。

 

カスタマイズした画面はテンプレート化できるので「外出先のノートPC用」「自宅のディスプレイ用」と使い分けることが可能です。

ぼくはこの機能が非常に気に入っています。

日本国内でビットコインが最安

ビットコインは取引所によって価格が違います。

あるときはbitFlyerが1番高かったりZaifが異常に安かったりと様々なのですが、Liquidは総じてビットコインが安い取引所です。

なので少しでも安くビットコインを買うならLiquidがオススメです。

ビットコイン価格チェック

※取引所ごとの価格をすぐにチェックできるサイト

DEG
「ビットコインを買う→海外取引所でアルトコインを買う」ならLiquidを使うとオトクなんですよ。

しかも先程書いたようにビットコインの送金手数料が無料です。完ぺきです。

メリットまとめ

ここまで自分がLiquidを使ってきて感じたメリットを紹介しました。

まとめると以下のようになります。

QUINEXのメリット
  1. セキュリティが高い
  2. BTC取引所手数料が無料
  3. 信用取引の手数料が国内最安
  4. トレード画面のカスタマイズ
  5. ビットコインが安い

特に2.4は重要ポイントですね。

ビットコインを安く買う、手数料を節約する、小さいことですが長い目で見て数万円のコストを節約できるでしょう。

Liquid(リキッド)のデメリット

 

もちろん良いことばかりではありません。

Liquidの「ここは微妙・・・」と感じた点も紹介していきます。

本人確認に時間がかかる

これが最も改善してほしいポイント、人におすすめしにくいんです。

口座開設し、本人確認が終わらないと入金もトレードもできません。

しかしその本人確認が他の取引所に比べると非常に遅いんですよね。

 

ツイッターでもこんな声がありますね。

ぼくがLiquidを開設した頃は全く待たされませんでした。(2017年4月ごろ)

 

しかし自分のまわりの友人など最近開設した人は本人確認に1ヶ月ほどかかっています。

おそらく人材不足でしょう。

いずれ改善されるとは思いますが現時点での不満点であることは違いないです。

DEG
友人に勧めたら「まだ使えないんだけど?」と言われた経験アリ

出金に時間がかかる

出金のメール画面

Liquidの出金は最短で翌営業日、土日などを挟むと出金に数日かかる場合があります。

 

1つ1つの申請をチェックしているらしいのですが、もっと早くなってほしいですね。

この部分はセキュリティと引き換えなのでしょうがない部分もあるかな・・・と思いますが。

※日本円の出金は比較的早く完了します

この点も出金チェック人員の強化など今後に期待したい部分です。

 

【追記】
2018年8月時点
人員強化、仮想通貨に人がいなくなっている影響なのかわかりませんが出金スピードが早くなりました。(営業日)

 

ということでLiquidのデメリットは以下の2点です。

Liquidのデメリット
  1. 口座開設が遅い
  2. 出金確認に時間がかかる

DEG
Zaifのような出金の早さに慣れている人はストレスが溜まるかも

Liquid(リキッド)の口座開設について

口座開設、出金スピードの遅さはありますが、それを超えるメリットがある取引所です。

いつ仮想通貨市場が盛り上がるかわからないですし時間のあるときに開設しておきましょ(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

口座開設に使える本人確認資料はコチラ。

本人確認に使える資料
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 個人場号(マイナンバー)
  • パスポート

Liquidのサイトにも書かれていますが本人確認資料と入力する情報は一致させるようにしましょう。

住所の表記などを省略すると確認に時間がかかる原因になるようです。

「口座開設が遅くなる原因」
お申し込みいただく内容に一箇所でも不備がある場合、口座開設は遅くなってしまいます。

入力間違い、入力漏れ、本人確認書類の不備などがあると、一人ひとりお客様へ直接連絡することになり、確認作業に時間がかかるためです。

お申し込み時に、間違いなく丁寧に登録いただけますと、より速く口座開設が完了し、お取引いただけるようになります。

引用元:ステップ1:QUOINEX口座の開設 – QUOINEX Japan

まとめ

以上、自分がこれまでLiquidを使って感じてきたメリット・デメリットを紹介しました。

まとめると以下のようになります。

Liquidの特徴!
  • アプリやトレード画面が使いやすい
  • ビットコイン価格が安い
  • 取引・出金手数料が無料
  • ビットコインの仕入れに適している
  • 口座開設や出金スピードが遅い
スポンサードリンク
おすすめの記事