こんにちはDEGです。

ぼくが投資しているアルトコインの1つRaidenNetworkについて紹介します。

 

RaidenNetwork(ライデンネットワーク)とは?

ライデンネットワークはイーサリアムを更に高速処理可能にするプロトコルの開発プロジェクトです。(通称:ライデン)

2017年秋にICOを行い、RDNトークンを発行しました。

プロトコルとは
プロトコルは「仕組み/決まり」と理解するといいでしょう。
例えば日々インターネットを使っていますが実際にどのような仕組みで動いているかほとんどの人はわかりませんよね?
しかし裏では仕組みや決まりごとによって動いてます。
また開発者は共通のプロトコルを意識することで、互換性のあるシステムを構築できるメリットがあります。

スケーラビリティ問題を理解する

ライデンネットワークの必要性を理解するために「スケーラビリティ問題」を知っておかないといけません。

 

ビットコインを始めとする仮想通貨は爆発的に知名度を広げましたがその処理能力が問題になっています。

堅牢な仕組みではあるのですが、その仕組み故に「処理応答速度の限界」「送金手数料の高騰」という問題を抱えています。

 

スケール(拡大)するための問題、スケーラビリティ問題と言われています。

仮想通貨の処理速度について
例えば世界中で決済ができるVisaやMasterのカードは決済が数秒で終わります。
何気なく日常でクレジットカードを使っていますよね。
しかしその裏では膨大な決済処理が行われており現在の主要仮想通貨はこれらを処理できるほどの速度はありません。

オフチェーン技術のライデン

スケーラビリティ問題を解決するための方法として「オフチェーン技術」があります。

これはブロックチェーン上での処理を介在せずに処理速度を劇的に向上させるアプローチです。

 

細かい仕組みは省きますが、これが実現・実用化すればVISAやMasterの速度に匹敵するレベルになります。

利用シーン

ライデンネットワークはイーサリアムの処理速度を向上させ、以下のような用途で使われることを想定しています。

 

  • 店舗決済
  • P2Pペイメント(個人間取引)
  • マイクロペイメント
  • トークンスワップ(交換)
  • DEX(分散型取引所)
  • IOT

 

高速取引、ほぼ手数料がかからない、この2つがウリなので、店舗決済や、IOT(internet of ting)への応用が期待されています。

ライデンのプロジェクト

またライデンネットワークが手がけるプロジェクトして以下の3つがあります。

 

  1. μRaiden
  2. Raidos
  3. Raidex

 

μRaiden

 

μRaidenはライデンプロジェクトの1つで高速決済技術です。(すでに実現しています)

 

いまビットコインのライトニングネットワークが話題ですが、これと同様の技術です。

手数料ゼロでIOT(モノ間の通信)技術への応用も可能です。

Raidos

Raidosはサイドチェーン技術を使用し、イーサリアムの処理速度を向上するプロジェクトです。

現時点では実装されていません(構想中?)

What is Raidos?
Raidos (or Raiden 2.0, “dos” is spanish for "two") is a proposed sidechain technology to generalize state channels.
While the Raiden Network is limited to ERC20 token transfers, Raidos aims to scale Ethereum’s generalized computation capabilities through a network of satellite chains, which can host any smart contract.
This technology is similar and complementary to Ethereum's sharding.

引用元:Raiden Network - Fast, cheap, scalable token transfers for Ethereum

Raidex

ライデンの技術を使ったDEX(分散型取引所)です。

資産の安全性からDEXが注目されつつありますが、処理速度の問題があります。(オーダーするのに1分かかるなど)

 

ライデンのオフチェーン技術で高速な取引ができるようになれば、DEXの需要も今より高まってくるでしょう。

ただDEXはかなり競争が激しい分野でもあります。

RDNの価格と投資判断、購入できる取引所

ライデンネットワークのICO価格と自分の投資判断について書いていきます。(現時点で5,000RDNほど保有しています。)

ICO価格

 

ライデンはICOでRDNトークンを発行しました。

 

ICO単価:ETH建で0.0021906ETH/RDN
当時のイーサリアム価格での法定通貨建:0.66$(72.6円)/RDN

 

現在価格は👇です。

 

投資判断(2018年2月時点)

  • 0.003576ETH/RDN(ICO価格比1.63倍)
  • 時価総額も100位圏

 

ライデンははスケーラビリティ問題に対して必須ともいえるプロジェクトであり、いささか過小評価であると判断しています。

 

しかしその一方、RDNトークンの必要性や需要を高める仕組みは低いように思えます。

以下のページにもあるように、Raidenプロジェクトの継続には資金、イーサリアムチームの助けも必要と公表されています。(そのためにICOをしたともとれる)

The Raiden Network Token Model – Raiden Network – Medium

 

イーサリアム系の鉄板プロジェクトではあるものの、RDNトークンの必要性が現時点で高いとはいえないのがリスク要因です。

 

個人的には以下の考えで投資しています。

  • 現在価格が過小評価(イーサリアム系プロジェクト、スケーラビリティ問題の背景)
  • 2018年はビットコインのライトニングネットワークが評価される
    →同技術のライデンネットワークが注目される

 

100倍になる!という大穴銘柄ではありませんが、堅実に時価総額50以内を目指すプロジェクトでしょう。

そうなったときのリターンはおよそ2.5倍です。

RDNを取引所できる取引所

ライデンのトークンRDNは以下の2つの取引所で多く取引されています。

  • Binance
  • Huobi Pro

 

個人的にはBinanceが使いやすくオススメです。

Binance(バイナンス)の特徴、口座開設と出金上限アップ方法
2017.9.9
この記事では急成長中の中国取引所Binance(バイナンス)の口座開設方法や本人確認について書いています。...

 

以上「【RDN】RaidenNetwork(ライデンネットワーク)とは?投資判断について」でした。

スポンサードリンク

仮想通貨情報を毎日ツイートしてます→