先日参加したICO、Bread(BRD)を売却しました。

Breadのプロジェクト内容やICO概要についてはこちらの記事を読んでみてください。

www.bitcoin-trade.info

ICO終了後、わずか8日でBinanceへ上場

Breadは12月16日にICOがスタート開始から1時間も立たないうちに完了、激戦でした。

そして約1週間後にBinanceへの上場を果たしました。
(どうしてこんなに早く上場したのか?というのは上記の過去記事を見てもらえばわかります。)

f:id:tweetbot:20171218175648p:plain

2.2倍でBRD売却

f:id:tweetbot:20171225074910p:plain

上場後、順調に推移していきました。
ぼくは0.0025ETHで全売却。

f:id:tweetbot:20171225074925p:plain
売ってから上がった・・・

ETHLendに続き、毎度のことなんですがまた売ってから上がりました(悲しい)
まあともかく利益を出せました。

今回のICOの売買単価は以下の通り。

  • ICO単価:0.00111111ETH
  • 売却単価:0.002500ETH

約2.25倍のリターンになりました。

Breadの上昇要因

EtherLendに続き今回のICOも比較的早く利益を出すことができました。
1週間で2.2倍なら上出来かと思います。

  • 瞬殺の人気ICOだった
  • Binanceへ上場した
  • 仮想通貨全体の地合いがいい(好景気)

今回の上昇要因は上記の3つ。

なんども言ってますがICOは地合いが命です。今はビットコイン価格が停滞しており、アルトコインに資金が流れておりICO銘柄に味方していますね。

ビットコインが暴落してる、低迷しているときのICOだとこうはいきませんから・・・・。

Binanceはアルトコインの主戦場に

f:id:tweetbot:20171220132202p:plain

今回、BinanceではLaunchPadというサービスでBreadの2次セールが行われていました。
このサービスでICOをした銘柄は「GIFTO」「Bread」と2つ、そして両者ともICO価格より数倍の値をつけることに。

この実績から更にBinanceが人気になり、いずれ世界のアルトコイン主戦場はBinanceになるでしょうね。マイナーなアルトコインも今はBinance上場を目指す時期なのかも。

ということで仮想通貨トレードするなら口座はもっておくべきですね!→Binanceで口座を開設する(2BTC以下の出金枠なら個人情報不要で使えます)
詳しい解説方法は以下を。

www.bitcoin-trade.info

ICO復帰第2戦も無事に勝利!
次の参加ICOを調査していますので、決めたらまたブログで報告したいと思います。

んでは(๑´ڡ`๑)

おすすめの記事