STOX Alphaオープン、STXを使ってテニス界のフェデラー選手に賭けてみました!

スポーツくじのようなギャンブルができるSTOXですが、デモ版がオープンされたので早速試してみました。

STOXって?

まず「STOXってなに?どんな通貨?」という方は過去記事をごらんください。

仮想通貨が実現する予測市場に注目!ICO直後のSTOX($STX)を買いました
2018.3.7
ブロックチェーン技術が解決することを期待されている分野の1つに「予測市場」があります。今回その予測市場に対してアプローチしていく通貨、STOXを取り上げてみます。...

一言でいうと「予測市場(ギャンブル)プラットフォーム」を作るプロジェクトです。

そのプラットフォームで使われるのがSTXという通貨です。

STOX Alphaオープン

f:id:tweetbot:20170831183111p:plain

個人的にSTOXには期待してて大プッシュしてます。そんなSTOXはStox Alphaというデモサイトをオープンしました。

事前申し込みをして、さっそく本日使うことができたので紹介していきます。

ログイン画面

まずこちらがログイン画面。

STOXは紫をキーカラーとして採用しているようですね。(カッコいいよ)

f:id:tweetbot:20170831161705p:plain

デモ用に1000STXの付与

アカウントを作成してログインするとデモ用の1,000STXがプレゼントされます。

今のレートでいうと16万円分ぐらいの量ですね。

f:id:tweetbot:20170831161722p:plain

STOXのトップ画面

こちらがSTOXのトップビジュアルです。

シンプル!

f:id:tweetbot:20170831171219j:plain

今回はテニスの項目だけが表示されていますが、今後はサッカーなど色々なスポーツがここに表示されていくんでしょうね。

 全米オープンの優勝者を予想!

そして今回デモで賭けができるのは、テニスの4大世界大会の全米オープンの優勝者の予想!

以下の10名の中から予想します。

f:id:tweetbot:20170831161803p:plain

フェデラー選手にベット!

この中で知ってる選手がナダルとフェデラーしかいませんでした(笑)

全米オープンはクレーコートじゃないので、ナダルではなくフェデラーの優勝を予想してベットしてみました。

f:id:tweetbot:20170831161927j:plain

300STX投入!(5.8万円ぐらい0¥)

ベットが完了するとこんな画面へ。

f:id:tweetbot:20170831161947p:plain

Potential Profitはオッズ・・・?

しかし、競馬やスポーツ賭博をやった経験がないので「予想が当たったとき」のリターンがどこに書いてあるのか分かりませんでした。。。

f:id:tweetbot:20170831162058j:plain

この「Potential Profit」というのが予想があたったときの配当なのでしょうか?

(誰かおしえて欲しいです)

という感じでSTOX Alphaが経験できました。

はっきりいって、まだまだですね(笑) 

しかし!ICO後1ヶ月ほどでこういった形になるものを提示してくれたのはホルダーとしては非常に安心です。

公式テレグラムも毎日活発に議論されていて期待されているのがわかります。

引き続き期待してSTXをホールドしていきたいと思います。(ビットコインが暴落しなければ)

スポンサーリンク

今後のSTOXについて

f:id:tweetbot:20170831175731p:plain

さて、ぼくはSTOXで大きくリターンを求めているので、今後のシナリオを少し妄想してみました。

リアルマネー→STXの資金流出が見込める?

今回のサイトの最終型は上記画像のような形になっていくのでしょう。

ここで大切なのがSTXがどうやって上昇していくのか?なのですが、法定通貨(円など)からの流入が多くなるのではないか?と思います。

STOXがスポーツ分野を1番最初に選んだのは、すでにブックメーカーというスポーツ賭博市場への参入&認知というマーケティングなのだと思います。

マイナー通貨のSTXが値上がりしにくい理由の1つに「入手までのハードルが高い」というのがあります。

これを先ほどのSTOX AlphaでSTXを直接購入できるのであれば、それもクリアできます。

大型取引所への上場はしばらく先なのかも?

STOXが大型取引所へ上場するのも時間の問題かもしれません。

しかしすでにあるスポーツ賭博市場の現金を狙うことのほうが、価格上昇には大切かもしれません。

(恐らくSTX→現金もプラットフォームで対応するのではと思います。)

f:id:tweetbot:20170827153859j:plain

例えばサッカーのワールドカップなど大きなイベントがあるたびにSTOXは注目を浴びるでしょう。

また、「スポーツ賭博ができてそこでベットするSTXは将来的に値上がりするかもしれない」となれば既存のブックメーカープレイヤーの興味引くはずです。

長期で考えると高い費用が発生する取引所上場より、スポーツ賭博市場を優先して取り組んでほしいですし、STOXもそのつもりかもしれません。

(公式チャットで取引所の話をすると別ルームに行け!って言われるぐらいですから)

ロードマップから見るポイント

f:id:tweetbot:20170831170848p:plain

さてSTOXに期待するために、もう一度STOXのロードマップをおさらいしましょう。

  • 2017年はSTOXプラットフォーム開発
  • 2018年からアプリケーション開発(スマフォなど)
  • 2018年4月ごろからinvest.comへテストリリース

こんな予定になっています。

2018年のアプリケーション開発の目処がついたところで大きな話題を呼ぶでしょうね。

2017年中は取引所への上場がポイントかな?と。

ちなみにSTOXに出資してるinvest.comの株主は中国大手SNS企業ですからね、中国上場も期待したいです。

www.bitcoin-trade.info

なかなか上場せず、ホルダーが痺れを切らせてぶん投げによる暴落も何度かあるでしょう。

これをうまく利用しながらSTXの枚数を増やせたらいいなーと思ってます。

またSTOXに動きがあったら記事にします。

んでは(๑´ڡ`๑)

STOXの関連記事
  • 【2017〜2018年】Stoxのロードマップを和訳しました
  • 【定期観測】STOX(STX)の8月〜10月上旬の動向まとめ
おすすめの記事