ブロックチェーンゲームやトークンのトレードをスマフォでやる日も近いなと感じるアプリ、それがTrustです。

Trustの導入記事はこちら。

このページでは「すでに使っているイーサリアムアドレスをTrustで使う」方法について書いています。

 

Trustにイーサリアムアドレスを追加する

Trustの設定画面で新たにイーサリアムアドレスを追加します。

設定画面からアドレスをタップし右上にある「+」をタップしましょう。

下の部分のボタンをタップします。(ぼくの環境は中国語になってます)

以下の3つの方法でアドレスをインポートできます。

  • Keystore
  • Private Key
  • Mnemonic

 

1番カンタンなのはPrivateKey(秘密鍵)をQRコードで読み込む方法です。

画面上にあるこの部分をタップすると、QRコード撮影画面になります。

 

 

どうやってPrivateKeyをQRコードで表示させるかとういうとMyEtherWalletを使います。

Private Key(秘密鍵)をQRコードで表示する

MyEtherWalletで「お財布情報を見る」で秘密鍵を入力します。
※秘密鍵以外の方法で解除してもOKです。

アドレスを開いたら以下のように「目」のマークをクリックします。

これでPrivate Key(秘密鍵)がQRコードで表示された状態になります。

Private Key(秘密鍵)を読み込む

表示したQRコードを先程のTrustアプリで読み込みます。

するとTrustにPrivate keyが自動でセットされます。

あとはこれをインポートするだけで、イーサリアムアドレスの追加は完了です。

設定画面でイーサリアムアドレスが増えてるのを確認できます。

また追加したアドレスの取引履歴を読み取ってトークンを自動で追加してくれます。

地味ですけどかなり便利な機能です

インポートしたアドレスでDappsを利用

インポートしたイーサリアムアドレスでブロックチェーンゲームやDaapsを利用することができます。

ちゃんと自分の残高が反映されますよ。

ブロックチェーンゲームを自宅ではPCで、外出先ではTrustで遊ぶというスタイルもできちゃいますね。

トークンの売買もPCなしで出来るっていうわけです

Trustを触ってこう思った
ブロックチェーンゲームはもちろんアルトコインのトレードもアプリ上からできます。
その他開発されているブロックチェーンベースのアプリも今後利用できるようになるでしょう。
現時点で多くの人が利用するには技術・知識的ハードルが高いですがブロックチェーンを利用する窓口がスマフォに実装されたということは大きな一歩だと思います。

 

今後はTrustのようなブラウザアプリを使うのが当たり前になってくるでしょうね!

以上「Trustにイーサリアムアドレスをカンタンにインポートする方法」でした。

 

Trustの導入方法はこちらから。

んでは(๑´ڡ`๑)

おすすめの記事