TAOTAO(タオタオ)がオススメな理由|口座開設、使い方のまとめ

ヤフー系列のTAOTAO(タオタオ)は2019年に誕生した新鋭の仮想通貨取引所です。

そのTAOTAOについてまとめたページです。最新のキャンペーン、オススメできるポイントや口座開設、その後の使い方まで網羅しました。

TAOTAO(タオタオ)について

TaoTaoは仮想通貨業界でわりと後発参入の取引所です。(バブル崩壊後です)

しかしインターネット業界大手ヤフー系列らしく、手数料の安さ、使いやすいスマホアプリ、豊富なキャンペーン、など・・次々に打ち出し業界シェアを獲得しようとしています。

DEG
ヤフーといえばPayPay、それを彷彿とさせる取引所ですね

また最近では世界最大の取引所Binance(バイナンス)との提携協議も発表されています。今後の日本仮想通貨業界をリードする取引所の1つでしょう。

BinanceからTaoTaoへの世界最先端の暗号資産取引関連技術の提供や暗号資産取引所運営のサポートなど、日本市場における戦略的なパートナーシップについて協議を進めてまいります。

TaoTao(タオタオ)
Yahoo!参加のZコーポレーション株主
LINEとの統合も発表された日本インターネット界の巨人Yahoo!系列のビットコイン取引所
入出金手数料すべて無料、取引手数料も無料さらにレバレッジ手数料までも無料(期間限定)

TAOTAOの基本情報について

TaoTaoは仮想通貨現物2種類、レバレッジ5種類のトレードペアを提供しています。

即時入金ができる、クイック入金も手数料が0円とコスト的にも嬉しい取引所です。

トレード対象通貨 現物:BTC ETH
レバレッジ:BTC ETH XRP LTC BCH 
手数料取引手数料:無料
入出金手数料:無料
仮想通貨入金出金手数料:無料
日本円入金方法クイック入金のみ
380行の銀行
建玉管理料(レバレッジ手数料)0.04%/日
無料キャンペーン中
最大レバレッジ4倍
レバレッジ取引の証拠金日本円,BTC,ETH
定期メンテナンス毎週水曜日12:00~15:00

最新キャンペーン情報について

2020年2月1日時点のキャンペーンは2つです。

  • 新規口座開設で2020円もらえちゃうキャンペーン(条件は口座開設のみ)
  • 手数料全て0円になっちゃうキャンペーン

過去のキャンペーン

TAOTAO(タオタオ)の個人的オススメポイント

TaoTaoは入金出金手数料の無料や、アプリの使いやすさや、ヤフー系列であることがアピールされることが多いです。

それより別の部分をイチユーザー視点で「TaoTaoのここがオススメ!」というところを紹介していきます。

DEG
同じような大手資本のGMOコインやDMM Bitcoinなども手数料無料で共通していますしね。
「ここがTaoTaoの個性」というところに絞って紹介していきます

建玉管理料無料のキャンペーン

現在の「手数料すべて0円になっちゃうキャンペーン」について。

これには建玉管理料の無料も含まれており、ビットコインの中期ポジションを役立ちます。

どれぐらいおトクか?
例えば1BTC(約100万円)の買いポジションを持っていた場合は、400円/日の建玉管理料が発生します。
これを10日間保有した場合は建玉管理料4,000円→キャンペーンで無料

他社では通常通り建玉管理料が発生します。

よって、ビットコイントレーダーは建玉管理料が発生しないようにないポジションをクローズするなど、コストを意識しなければいけません。(日付が変わると手数料発生します)

これは非常に大きなメリットです。

例えば半減期に向けてビットコインを低レバレッジでロングし続ける、というトレードも取ることができます。これは他社にないメリットですね。

建玉管理料の無料キャンペーンの終了は現時点で決まっておらず当面の間実施される予定です。(終了の30日前に告知する予定とのこと)

TaoTao利用時点で告知がなければ、以後30日以上は建玉管理手数料が発生することはありません。

DEG
現時点でもっとも低コストで長期ポジションを持つことができる取引所です

スプレッドが表記されている

TaoTaoのアプリではユーザーのためにスプレッドがリアルタイムで表記されています。

スプレッドは本来取引所からすると隠したい情報ではあるもの。公開しているところに誠意を感じますね。

スプレッドとは?

そもそもスプレッドとは何でしょうか?

それは買いと売りの提示金額の「差」です。例えば以下の例だとビットコインを買うときと売る時でレートに差があるのがわかります。(512円)

これは「市場⇄取引所⇄ユーザー」と間に取引所が入っている場合に発生するものです。取引所はスプレッド(差)に自社の収益を含めて提示する形になります。

DEG
相場の急変時は取引所側がスプレッドを拡大します。(リスク対策)
ですのでスプレッド可視化することはユーザーに親切なわけです。

TaoTaoメンバーが積極的に情報発信している

TaoTao代表の荒川氏はツイッター上でユーザーからの質問に回答したり改善要望などを募集しています。またツイッター上でクレーム対応もしており、非常に透明感のある運営姿勢です。

また最近では仮想通貨業界で有名なアカウントNISHI氏もTaoTaoに入社されました。彼の市場分析などは多くの人が参考にしており、今後TaoTaoの中から発信される情報にも注目が集まります。

DEG
NISHIさんのツイートで「何言ってんのかわからない」ということを調べていくだけでもトレードの勉強になりますよ

 

このようにTaoTaoはいわゆる「中の人たち」とツイッターで意見交換したり機能改善、要望を出してより良い環境を作りに取り組めます。

これは黎明期である仮想通貨市場の楽しみの1つだと思います。

投資家に積極的に公開される情報(データ)


トレードは情報が大事

これは言うまでもないことですよね。ではトレードに必要な情報とは何か?1つは「市場の状態」です。

例えばいまビットコインのロング(買)/ショート(売)はどれぐらいされているのか?いくらになったらビットコインを買おうと思っているのか?

など、市場の状態を可視化して思惑を感じる取るわけです。

 

そういった予想に役立つのがTAOTAOユーザーのポジションをまとめた「TAOTAO建玉表」です。

これは口座開設者にしか公開されていない重要なデータです。

月次報告にも注目

荒川氏の月次報告記事も日本の仮想通貨事情を知るのに非常に役に立ちます。

彼の記事にはTAOTAOの取引ボリューム、トレーダーの人数や口座の新規開設数などの情報が公開されています

この1ヶ月を通じて、1回以上現物ないしレバレッジ取引をしていただいたお客様は、約1,300人で、10月・11月の約1,400人からは減少となりました。取引額は現物取引が約1.1億円、レバレッジ取引は約660億円でした。

DEG
例えば「前月比でユーザー数が激増」→お資金流入によるビットコインの買い圧力が見込める?など。
TaoTao社の公開データを足がかりに市場変化をつかみやすくなります
TAOTAOのオススメポイントまとめ
  • 建玉管理料の無料キャンペーンはビットコイントレードに非常に有用
  • TAOTAOを使いながらツイッター上で要望、意見を提出して改善に役立ててもらえる
  • 投資家がトレードに勝つために必要な情報を理解し、配信しようとしてくれる運営の姿勢

以上、個人的にTaoTaoをオススメするポイントでした。

「TAOTAO建玉管理表」を見るためだけにでも口座開設する価値は十分あると思います。開設は以下のリンクからどうぞ。

TAOTAO(タオタオ)口座の開設ガイド

ここからはTAOTAOの口座開設を画面付きで開設していきます。

以下のステップでだいたい2〜3営業日で口座開設が完了します。

取引開始のステップ
  1. メールアドレスの確認
  2. 電話番号認証(SMS)本人確認をする(身分証)
  3. 本人確認コードを郵便で受けとる
  4. 日本円(仮想通貨)を入金する

メールアドレスの確認

こちらからTAOTAOにアクセスし、登録するメールアドレスを入力します。その後、確認メールが届くのでメール本文のリンクをクリックしましょう(画像右)

電話番号(SMS)認証をする

続いて電話番号の認証をします。スマホの番号を入力し、登録をクリック。その後に届いた認証コードを入力します。

基本情報の入力本人確認資料をアップロード

続いて1.基本情報の入力 2.本人確認資料のアップロードを行います。

銀行口座の入力と本人確認資料の写真アップロードがありますので、出金に使う口座の情報を準備しておきましょう。必要な情報は以下の通りです。

1.基本情報の入力項目
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 現住所(本人確認資料と一致したもの
  • 投資経験についての質問(年収や金融資産など)
    ※年収と金融資産が双方とも低すぎると弾かれます
  • 銀行口座(TAOTAOからの出金に使う口座)
2.本人確認に使える資料
顔写真付きのもの(以下から1点)
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード、住民基本台帳
顔写真がないもの(以下から2点)
  • 住民票
  • 保険証
  • 印鑑登録証明書
日本国籍以外の人
  • 在留カード(特別永住者証明書)

本人確認資料のアップロードまで完了したら審査中のステータスになります。ここまできたらあとは待つのみです。

本人確認コードを受け取ったあとはTAOTAOログインしコードを入力。その後入金が可能になりトレードが可能になります。

Googleの二段階認証アプリとスマホアプリをダウンロードする

本人確認コードを待つ間に、Googleの二段階認証システムをダウンロードしておきましょう。設定を完了するのに必要になります。

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLCposted withアプリーチ

 

TaoTaoにログインする場合にはこのアプリが入ったスマホが毎回必要になります。普段使いの物を使うのがいいですね。

またTaoTaoのスマホアプリもダウンロードしておきましょう。

TAOTAO(タオタオ)安心・安全な仮想通貨取引所

TAOTAO(タオタオ)安心・安全な仮想通貨取引所

TAOTAO INC.posted withアプリーチ

 

本人確認コード到着後、二段階認証設定をする

TaoTaoから本人確認コードがきたら、ログイン後入力して口座開設は完了です。

最初に二段階認証設定を求められます。初めてで設定方法がわからない方向けにTaoTaoにも解説ページや設定動画が用意されています。

公式:TaoTaoの解説ページ

PCで設定する場合

iPhoneで設定する場合

TAOTAO(タオタオ)へ日本円、仮想通貨を入金する

二段階認証の設定が終わったら入金を済ませていよいよトレード開始です。TaoTaoは日本円・仮想通貨の入金に対応しています。

日本円を入金する

日本円はクイック入金を利用できます。即・着金しますが手数料は無料です。

クイック入金を使うために
自分の銀行のネット振込のアカウントを設定しておく必要があります。
仮想通貨業界ではSBIネット銀行が手数料の安さの恩恵を受けられることが多いのでおすすめです。

メニューの「総資産・入出金」から「日本円を入金」を選択。入金額を設定します。

振込元の銀行のページに飛ぶので、ログインして振込みを完了させます。

入金はすぐに反映されます。

仮想通貨(BTC、ETH)を入金する

仮想通貨はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の2種類の入金に対応しています。

同じように入金画面からBTC・ETHを設定して表示されたアドレスに入金します。

 

日本円・仮想通貨の入金が終わると総資産画面に反映されます。
ここに表示される「総資産」はレバレッジ取引(ビットコインFX)の担保として扱われます。

担保=証拠金

ここに注意!
BTC・ETHは価格が変動するため担保額も変動します。
たとえばBTCを担保にロング(買)している状態で下落した場合、担保価値も下落するためすぐに担保不足になる可能性を秘めています。

TAOTAO(タオタオ)でビットコインを購入する

TaoTaoでビットコインを購入するために、現物取引をしていきます。

「現物」を買うことでTaoTaoからBTCを出金して自分のウォレットで管理したり、海外の取引所に送金することが可能です。0.001BTC(約1,000円)から注文ができます。

ビットコインを買いたい価格がある場合は「予約注文」を使いましょう。

現物を買うと注文履歴に記載されます。

注意点
TaoTaoは手数料が無料ですが「スプレッド」があります。
以下は同じ時間のTaoTaoとコインチェックのビットコイン価格です。値段が違いますよね?この価格差をスプレッドといい実質の手数料になっています。
TaoTaoのスプレッドは特に高くも安くもなく、業界水準といった感じです。

 

TaoTaoでビットコインFXをする-PC版-(記事作成中)
TaoTaoでビットコインFXをする-スマホ版-(記事作成中)
Taotaoの建玉表をトレードに活かす(記事作成中)

チャートツールのTradingViewについて

このブログで使用しているチャート画像TradingViewで作成しています。無料で利用でき、フォローした人のチャート分析を見れるSNS機能もあります。当ブログ管理人のアカウントはこちらからどうぞ。

コメントを残す