仮想通貨のあるとこ

仮想通貨(アルトコイン)を研究して1おくえん目指すブログ

イーサリアムの超便利ウォレットMetamask(メタマスク)の使い方について

f:id:tweetbot:20170813124211p:plain

イーサリアムには色々なウォレットアプリがありますが、その中でも「軽い」「扱いやすい」のがMetaMask(メタマスク)です。

またEtherDelta(イーサデルタ)と呼ばれる取引所でトレードする際には必携のアプリです。

MetaMask(メタマスク)の特徴

簡単にメタマスクの特徴をあげます。

  • Chromeアプリでサクサク動く
  • 新アドレスの生成が簡単にできる
  • 送金時のガス設定を無制限に設定出来る(ICOで有利)
  • 複数アドレス間での残高移動が便利
  • EtherDelta(イーサデルタ)取引所を使うのに必須
  • キツネが可愛い

メタマスクの導入と使い方

f:id:tweetbot:20170813132443p:plain

個人的にイチオシなのはウォレット間の残高移動EtherDeltaで使える、の2点です。

この記事ではメタマスクの導入方法と使い方を以下の6ステップで紹介しています。

  1. Chromeストアから追加
  2. メタマスクのパスワードを設定
  3. メタマスクのSeed(超重要)をひかえる
  4. メタマスクの画面ついて
  5. 既存のイーサリアムアドレスを追加する
  6. メタマスク内のアドレス間残高移動

1.Chromeストアからアプリを追加

メタマスクはChromeブラウザの拡張機能アプリです。

以下のURLからメタマスクアプリをChromeに追加してください。

MetaMask - Chrome Web Store

f:id:tweetbot:20170813124902j:plain

起動するとこんな感じになります。 

メタマスクのパスワードを設定

f:id:tweetbot:20170813125104j:plain 

メタマスクを起動する際のパスワードを設定。セキュリティ的にかなり強いパスワードにすることを推奨します。

ぼくは64文字の半角英数記号のパスワードを設定しています。

パスワードアプリは1Passwordがおすすめ(今後記事を書きます)

メタマスクのSeed(超重要)をひかえる

f:id:tweetbot:20170813125307j:plain

パスワードを設定するとメタマスクにSeed(復元情報)が表示されます。

この12の英語のワードで作られたSeed情報が盗まれると、メタマスクのパスワード関係なくコインを盗まれます。

絶対に外部に漏れないかたちでひかえてください。

メタマスクの画面について

f:id:tweetbot:20170813125742p:plain

メタマスクが起動すると上記のような画面になります。

ウォレット名が上部、左部に残高、履歴画面が下部にあります。

また右上の「・・・」の部分をクリックするとアドレスをコピー可能です、これはよく使う機能。

色々できることはあるのですが、まずは残高表示の部分とアドレスをコピーする部分だけ覚えておけばOKです。

既存のイーサリアムアドレスを追加する

f:id:tweetbot:20170813130033j:plain

既に保有しているイーサリアムアドレスを追加する方法は右上の「」部分をクリックして「Import Account」をクリックします。

f:id:tweetbot:20170813130141j:plain

インポートする方法を選択します。

Private Key(秘密鍵)を入力するのが手っ取り早いです。

f:id:tweetbot:20170813130323j:plain

もしMEW(マイイーサウォレット)を使っているのであれば、ウォレットを開けた↑の部分に秘密鍵が表示されています。

メタマスク内のアドレス間残高移動

f:id:tweetbot:20170813130418j:plain

メタマスクの便利なところが 、ウォレット内のアドレスで簡単に残高移動ができるところです。上記画像のように送金画面で、メタマスクにあるアドレスが表示されます。

f:id:tweetbot:20170813130433j:plain

送金金額を入力して「SUBMIT」をクリックすれば残高の移動は完了です。

イーサリアムウォレットに残った端数を1つのアドレスにまとめたりするときに非常に便利です。

f:id:tweetbot:20170813130506j:plain

それぞれのウォレットに名前をつけてあげると、より管理がしやすくなりますね。

まとめ

以上、簡単にメタマスクの導入と使い方でした。

重要な点を再度おさらいしておくと、以下の2点です。

  • メタマスクのパスワードは強固にすること
  • メタマスクのSeed(12の英語ワード)は絶対に流出しないこと

メタマスクは気軽に扱えるウォレットなのです。

ついつい、大金をおいてしまいますがセキュリティ上のリスクをしっかり把握して使うようにしましょう。

今後、メタマスクを使ってイーサリアム系コインの取引所EtherDeltaの使い方を紹介します。見てね。

 

んでは(๑´ڡ`๑)