当ブログ限定でおトクなバイナンスのキックバックコードを用意しました

ブログを読んで頂いている方へ。

この記事ではバイナンスでトレードした際の手数料が20%キックバックされるコードを限定公開しています。(通常はキックバックはありません)

コードを適用すると以下のように手数料20%分の金額が取引ごとに戻ってきます。

コード適用

 

このブログ以外ではなかなか見つけられない条件だと思います。バイナンスで頻繁に取引する人は活用してください。

なお、先物のBinance Futuresについてはキックバックは通常通りの10%です。(別枠)

DEG
先物の方はまだ新しいプラットフォームなのでキックバック料率が上げられないみたいです

すでにバイナンスアカウントがある場合や、キックバックコードの適用方法を解説したので以下の目次からどうぞ。

バイナンスのアカウントが既にある場合は?

既にあるバイナンスのアカウントにキックバックコードを適用するのは現状できません。(運営に確認中)

なので新規にアカウントを作る必要があります。その際には出金上限についてあらかじめ知っておく必要があります。

1日2BTCの出金上限について

バイナンスでは本人確認をしていないアカウントは1日の(24時間)出金上限が2BTCに設定されています。

24時間に2BTC相当の出金上限

 

運転免許証などの資料提出、顔認証を済ませると1日100BTCまでを出金できる仕組みです。

本人確認画面

 

そして本人確認をしたアカウントは1つしか持てないため、既に本人確認済みのアカウントがある場合は、出金上限2BTCのアカウントでトレードしていくことになります。

DEG
自分は本人確認済みのアカウントにメイン資金をおいて、キックバックアカウントをトレード用にしています。

キックバックコードでアカウント作成

ここからは実際にキックバックコードを使ってアカウント作成する方法と、キックバックされた金額の確認方法を紹介していきます。

パソコンから始める場合

こちらのリンクからアカウントを作成します。その際にキックバック20%が適用されていることをチェックしてください。

Kickback rate:20%を確認

アカウント作成後は二段階認証を

現在のバイナンスはセキュリティポリシーが厳しくなり、アカウント作成後は二段階認証を設定しないとトレードできないようになっています。

Futuresの10%キックバックコードを入力する

アカウント作成後は先物取引のFuturesの口座を開設します。
画面左メニューにあるFuturesからウォレットを開いて「Open now」をクリックするだけです。

この時にコードを「deg」と入力することで10%のキックバックがされるようになります。(半年間)

キックバックが適用されているか確認

実際にキックバックが適用されているか確認する方法です。通常取引と信用取引の分はこちらで確認が可能です。

先物取引のFuturesの方は取引明細(Transaction History)から確認します。

Commission rebateを確認

スマホから始める場合

バイナンスアプリからアカウントを作成することもできます。

以下のリンクからアプリをダウンロードします。既にアプリがある人はログアウトし→アプリを削除して再ダウンロードするのがオススメです。

Binance - Crypto Trading App

Binance - Crypto Trading App

Binance LTD無料posted withアプリーチ

20%キックバックコードを入力する

スマホアプリを起動して最初のアカウント作成時にキックバックコードを入力します。

パソコン版と違って手入力になります。コードを間違えた場合は適用されないので、コピペして入力することをオススメします。

以下のTVVIYAEZがコードです。

TVVIYAEZ

Futuresの10%キックバックコードを入力する

アカウント作成が完了したら先物のFutures口座のコードも入力します。右下のWalletから上部のFuturesをタップするとコード入力画面がでます。(右)

ここでも手入力でdegというコードを入力してください。

deg

その後「Open Future Account」をタップすれば先物口座も開設完了です。

キックバックコードが適用されているか確認する

スマホアプリからキックバックを確認するには以下の画面からです。

先物のFuturesのキックバックは取引明細(Transaction History)から確認します。

バイナンスアカウント間の資金移動は無料かつ迅速

バイナンスアカウントを複数持つとアカウント間の送金をよくするようになるのですが、その際の手数料は無料です。(内部転送扱い)

しかも手続きが迅速に完了するので、すぐにトレードを始めることができます。

DEG
数分程度で資金移動が完了します。トレードアカウンの利益をメインアカウントへ転送したり、月初にトレード原資を移動したり・・・とそんな使い方をしています。

 

以上がキックバックコードを適用したバイナンスアカウントの作成方法でした。

是非活用してください。

チャートツールのTradingViewについて

このブログで使用しているチャート画像TradingViewで作成しています。無料で利用でき、フォローした人のチャート分析を見れるSNS機能もあります。当ブログ管理人のアカウントはこちらからどうぞ。

コメント一覧
  1. tomochan より:

    BinanceってBitMEX同様にゼロカットシステムはあるのですか?

    • DEG より:

      はい、ありますね!ロスカットになった場合「Futures Wallet」にある残高がゼロになります。
      またBTCを担保にしてUSDTを借りてトレード原資にした場合は担保率が規定を下回ると同じくロスカットとなるのでご注意を!詳しくはこちらです。
      Binance Futures(バイナンス先物)がBTC担保に対応、トレードの始め方を解説

      • tomochan より:

        早速のお返事ありがとうございます。
        ということは、BinanceにUSDTを送って、Futuresのウォレットに入れれば、すぐBitMEXみたいに活用できるということですよね。
        あと、
        ・今から登録しようと考えているのですが、日本人でもオッケーなのでしょうか。
        ・DEGさんの場合、本人確認書類提出から使用開始までにどれくらいかかりましたか。
        お忙しいところ大変恐れ入りますが、宜しくお願い致します。

        • DEG より:

          >ということは、BinanceにUSDTを送って、Futuresのウォレットに入れれば、すぐBitMEXみたいに活用できるということですよね。
          その通りですね。

          ・今から登録しようと考えているのですが、日本人でもオッケーなのでしょうか。
          →日本人でもOKです、今後のことは確実ではありませんが特に日本への制限をかける予定はないみたいです
          ・DEGさんの場合、本人確認書類提出から使用開始までにどれくらいかかりましたか。
          →本人確認をしたのがだいぶ前なので参考になるかわかりませんが、1日半ほどでした。取引自体は本人確認が終わってなくても可能です。

コメントを残す