仮想通貨のあるとこ

仮想通貨(アルトコイン)を研究して1おくえん目指すブログ

ビットコインの暴落は起こるか?今後の7月下旬〜8月のシナリオについて

f:id:tweetbot:20170630165819p:plain

7月19日現在ビットコインの価格は26万円とだいぶ戻してきました。
 
LINEニュースなどにビットコイン分裂の話題が流れ込むなどライト層への情報流入が開始され不安要素も出てきました。

ビットコインはまた暴落するのか?

ほとんどの人にとってはビットコインの価格がどうなるか?というところが最大の関心だと思います。 

そこで今回はこれからのビットコイン価格を考える為の影響の大きそうな4つの要素を紹介します。
  1. ビットコイン取り扱い停止アナウンス
  2. 中国でBitcoin Cashの上場、ビットコインの買い戻し
  3. UASFが発動せず、混乱が収束
  4. ビットコインのハッシュパワー問題による送金遅延の発生?

1. 7/19〜7/30 日本取引所のビットコイン取扱一時停止のアナウンス

こちらは既に開始されていますが、日本取引所の分裂問題に対して8月1日以降に一時的に停止するというアナウンスです。

つい先程、発表がまだなかったビットフライヤーからも正式に発表。 

ライトユーザーの立場で考えれば、何が起こるかよく分からないビットコインを保有するよりは、「一旦売ってしまおう」と考えるのが自然。

よって日本取引所のアナウンスはビットコインの売り圧力になると思われます。
※この解釈は主観、何もしない人も多いかもしれないですしね。

2. 7/22〜8/1 中国取引所でBitcoin Cashの上場、ビットコインの買い戻し

2つめがこちら。

ビットコインの分裂がほぼ確定し、一方がBitcoin Cashとなるのは先日書いた記事の通り。

www.bitcoin-trade.info

7/22にこのBitcoin Cashが中国のViaBTCという取引所で上場します。
この上場に合わせて、BTC_FROZEN2というIOUの仕組みが開始

 

ViaBTCの取引所ユーザーはBTC_FROZEN2(元ビットコイン)とBitcoin Cashを1:1の割合で付与されます。
ユーザーがもともと保有していたビットコイン自体は8/1にViaBTC側がBTC_FROZEN2の買い取りという形で返却されます。

 

f:id:tweetbot:20170624011106p:plain

またBitcoin Cashと人民元のペアも同時に上場するため、中国でどういった反応があるか?というところに注目が集まります。

Bitcoin Cashの動向については、こちらもチェックしておくといいです。

Bitcoin Cash(wiki) | イーサリアム・ジャパン

普通に考えれば、Bitcoin Cashの陣営が自分たちの通貨の価値を上げる行動を取るのが自然。そうなると、先ほどのIOUの仕組みをうまく利用するでしょう。

また保有しているビットコインを市場に売り浴びせる可能性は大いにあります※予想です

3. 8/1〜 UASF回避 ビットコイン分裂問題の収束

3つ目は8/1のUASF回避によるビットコイン分裂問題の収束。

UASFと互換性のあるBIP91は既に80%以上の支持を得ており、このまま可決していくと思われます。

f:id:tweetbot:20170719202925p:plain 

https://www.xbt.eu/

BIP91の内容に問題はあれど、最悪の事態を免れビットコインへSegwitという新技術が実装されたという事実は市場に好感を与えると考えられます。

日本の取引所がビットコインの入出金停止を解除し、正式にアナウンスが出た頃にビットコインが買われるのでは?と予想されます※個人の予想です

4. 8/1〜 ビットコインの送金遅延問題の発生?

4つめはビットコインが従来のハッシュパワー(処理能力)を失ったことによる問題が表面化するケースです。

この件に関してはヨーロピアンさんの記事が非常に参考になりました。

medium.com

ぜひ、1度読んでください。 

どういうことかというとBitcoin Cash陣営分のハッシュパワーが失われた後のビットコインに遅延が生じるのでは?という懸念です。

状況に見切りをつけたマイナーがさらに抜けていき、ビットコインネットワークは完全に麻痺します。

引用元:ビットコインの非中央集権性が失われる日 – 西欧の車窓から – Medium

ヨーロピアンさんが書いた最悪のシナリオの部分にあるように、稼げなくなったビットコインの採掘をマイナーが次々やめたときに恐ろしい事態になるというところがポイントです。

最悪にならないよう、ビットコインの開発陣は対策をとると思われますが遅延して使い物にならなくなった場合に、ビットコイン価格は大きく下がるかもしれません。※これも予想

まとめ

4つの要素を紹介しました。

それぞれの要素がビットコイン価格にどう影響するかは、それぞれ意見が別れると思います。

それを踏まえた上でぼく個人の予想としては・・・・ 

  1. ビットコイン取り扱い停止アナウンス→売り
  2. 中国でBitcoin Cashの上場、ビットコインの買い戻し→売り
  3. UASFが発動せず混乱が収束、かつSegwit搭載が確実→買い
  4. ビットコインのハッシュパワー問題による送金遅延の発生?→売り

こうなるので、ビットコインがこのまま上がっていくとは考えていません。 

 
みなさんもそれぞれのイベント内容からビットコイン価格を予想して、有利にトレードできるよう計画してみてはいかがでしょうか。
 
まあ、ぶっちゃけビットフライヤーで1億円×15倍のレバレッジで取引できるような人が、シナリオを自由に決められるんじゃないかなと思ってますがw
 
以上ビットコインの暴落は起きるか?今後の7月〜8月のシナリオについて、でした。
んでは(๑´ڡ`๑)