Binance Futures(バイナンス先物)がBTC担保に対応、トレードの始め方を解説

Binance Futures(先物)がBTC担保に対応しました。
これによってBTCがあればBinance FuturesのBTC/USDTのほか、ドル建てのアルトコイン先物がトレードできます。

手数料10%オフを適用することもできます、条件はこちら

この記事では画像付きでどのようにBTCを担保にしてBinanceの先物を使うか解説しています。

Binance FuturesにBTCを担保として使う流れ

Binance Futures(先物)を利用する大まかな流れは以下の通りです。

BTCを担保にしてトレードにする流れ
  1. アカウントにBTCを入金する
  2. BTCを担保にUSDTを借りる
  3. USDTを証拠金にトレードする
  4. 借りたUSDTを返還する

担保にするBTC(仮想通貨)をウォレットに入れる

BinanceのウォレットにBTCを入金します。

この状態で左メニューから「Futures Wallet」をクリックします。

上記の②の場所でUSDTを借りて先物をトレードします。

USDTの借入れから返還まで

以下の画面の「Collateral amount(担保の数量)」が担保にする通貨です。ここでBTCを選択します。BTCの数量によって、借りられるUSDT数量が変動します。

この借りたUSDTには金利が発生しません。

ここに注意!
USDTを借りた分だけ担保がロックされます。このロックはUSDTを返還するまで解除できません、借りる量は計画的に決めましょう。
借りたUSDTはトレードの証拠金として利用しますが、仮に損失で減らした場合はUSDTを用意して返還しなければいけません。その際に全ての資金を担保にしてロックしてしまうと担保を売却してUSDTを返還するということができません。

DEG
自分はUSDTを少なめに借りて、レバレッジをその分あげてトレードしています

USDTを借りた後の画面

USDTを借りたあとはFutures Walletの画面に表示されます。

あとはこの借りたUSDTを証拠金としてBinance Futures(先物)をトレードします。

機能の解説や手数料、狙えるチャンスなどについてはこちらの記事の目次「Binance Futures(先物)の使い方」を参考にしてみてください。

基本的にはBitMEXを使った経験があれば問題なく使えるようなインターフェイスになっています。

USDTを借りた後のBTC価格の下落には注意

「Collaterals」をクリックすると担保にしている資産や担保率が表示されます。

BTCは価格が変動するので下落した場合は担保価値が下がることに留意しましょう。

最初に借りたときの担保率は70%になりますが、BTC価格が下がるとこの数値が上がり80%でマージンコール(追加担保要求)90%で強制精算になります。

マージンコールのメール

マージンコール(追加担保要求)の水準になるとBinanceからこのようにメールが届きます。

この場合は画面の「Adjust LTV」から追加担保(BTC)を加えます。

強制精算になった場合は担保にしていたBTCを出金することはできなくなります(ロックされたまま)くれぐれも注意しましょう。

DEG
そういう意味でもやはりUSDTを目一杯借りすぎないのが自衛になると思います

USDTを返還する

借りたUSDTを返還する場合は「Repay」から行います。

Repayの画面から返還する量を決定して「Confirm repayment」で完了です。

トレードで利益が出た場合に先にUSDTを返還しておくと担保率が改善されるので、前倒しでやっておくのもいいですね。

トレードでロスカットになった場合の担保について

トレードの方で損失を被ってロスカット(強制精算)になった場合は手持ちの借りたUSDTがゼロになり、担保はロックされたままです。

強制精算後の画面はこのようにUSDT残高がゼロになります。

画像はBUSDを担保にしている

USDTを借りた時の担保がロックされており、返還するまで解放されません。

この場合は借りた分のUSDTを別に用意して返還してロックされている担保(BTCなど)を取り出す形になります。

DEG
USDTでしか返還することができないのが要注意です、ビットコインを売却したり他のステーブルコインをコンバートしましょう

 

以上がBTCを担保にしてBinance Futuresを使う方法です。

先物アカウントへの10%手数料割引の適用方法

Binance Futuresのアカウントを開設する際に、割引コードを入力することで10%の手数料オフが30日間適用されます。

手数料10%オフのやり方

Binanceにログインして「Futures」から始めることができます。

Open nowの上部にあるコード入力画面に紹介コードを deg を入力すると30日間取引手数料が10%オフになります。ぜひお使いください!

またメールアドレス1つでBinanceアカウントを作ることもできます。

Binanceアカウント同士の仮想通貨送金は即出金、手数料無料なので先物用に口座を使い分けるのも便利ですよ。

DEG
自分は本人確認済みのアカウントと別に先物アカウントを作ってます。本アカウントから先物トレード用の資金を送金して使う感じですね。

Binance Futuresアカウント作成はこちら

トレードの際のレバレッジやポジション量制限、注文方法、手数料などはこちらの記事に紹介しています。

チャートツールのTradingViewについて

このブログで使用しているチャート画像TradingViewで作成しています。無料で利用でき、フォローした人のチャート分析を見れるSNS機能もあります。当ブログ管理人のアカウントはこちらからどうぞ。

コメントを残す