ビットコインの長期チャートを見るのにオススメのサイト

ビットコイン誕生から今までの価格チャートを見たい」と思ったことはありませんか?

そんな方におすすめのサイトがBitinfoChartsです。

もしチャートの形状やテクニカル的なことでなく「ビットコインの歴史を知りたい」という意味であればビットコイン日本語情報サイトがおすすめです。

ビットコイン初の取引は2009年10月「1BTC=0.09円」

ビットコインが初めて現金と取引されたのは2009年10月12日です。
そのレートは1BTC=0.09円という価格でした。(今の値段からするとトンデモないですね!)

New Liberty Standardが5,050BTCを5.02ドルで購入し、これが初めてのビットコインと法定通貨間の交換となりました。

価格の算出根拠はビットコインを採掘するのに必要な電気代がベースとなっていました。

2010年5月ビットコイン「ピザ・デー」の起源日

その後、初めてビットコインで商品決済が行われました。2010年5月23日の出来事です。

ピザ2枚(25ドル相当)とビットコイン1万枚が交換され「1BTC=0.05セント(日本円4.6円)」というレートが記録。
その取引をしたのがLaszlo Hanyecz氏(ラズロー氏)です。

 

5月23日のピザデーからビットコインは繰り返しピザを買うために使われています。
このビットコイン初の商品取引を祝して毎年5月23日は「ピザ・デー」として記念日になりました。

ピザの価格からの長期チャートが先ほど紹介したBitinfoChartです。

ビットコインのログスケールチャート

価格は10年で1千万倍以上に

BitinfoCharts

なおビットコイン価格の幅がとても広いのでチャート左下にある「Log」ボタンをクリックしてログスケールでチャートを見ることをおすすめします。

チャートツールでビットコイン長期チャートを見るならTrading Veiw

本格的にビットコインの長期トレンドを分析したいと思う人にはTrading Viewというチャートツールがおすすめです。(無料で使えます)

ビットコインの10年チャート

2011年~2020年のBTCチャート

チャートのコピーも可能
  • すでにTradingViewアカウントを持っている人はここからコピーできます
  • チャート画像が欲しい方はこちらからダウンロードできます

海外のチャートツール「Crypto Watch」

そのほかCryptoWachという海外のチャートツールサービスもビットコインの長期チャートを表示することができます。

CryptoWach

仮想通貨トレーダーの支持が高いサイト

 

このサイトは仮想通貨専門のチャートサイトなのでより本格的ですが、全て英語表示されるため少し敷居は高いです。
一般的なチャート分析であれば前者のTrading Veiwをおすすめします。

 

以上、ビットコインの長期チャートを見るのにおすすめなサイトでした。

コメントを残す