ビットコインFXは莫大な利益をあげられる可能性がある反面、リスクも非常に高い世界です。

 

あなたは何となくビットコインFXを始めようとしてませんか?

 

最初にお伝えしておきます。

取引所選びはかなり重要ですよ。

このページでは、ぼくの経験を踏まえて以下のことについて書いています。

  • 大損したトレードは?
  • ビットコインFXをやる鉄の掟とは?
  • ビットコインFXはどこの取引所でやるべきか?

ビットコインFXのおすすめ取引所まとめはこちらからどうぞ。

失敗談、ビットコインFXで大損失

まずはぼくの失敗談ですが、とある日の朝・・・・・それはきました。

強制ロスカットで

-86万円

です。

f:id:tweetbot:20170716131805p:plain

 

 

 

・・(つд⊂)ゴシゴシ

・・・(;゚д゚) 

・・・( ゚д゚ )??

↑朝起きたときの顔

 

 

証拠金維持率は200%を超えていましたあが、それを超える値動きでロスカットされました。

この時のビットコイン相場は、7月15日の午後11時に201,000円の安値をつけ、そこから上昇し240,000円という動きです。

 

3時間の間で20%もの変動をしました。

f:id:tweetbot:20170716181404j:plain

敗因はビットコインが終わるという「思い込み」

このトレードは・・・

 

ビットコイン20万円割れる、絶対20万割れる

という思い込みが餌食になりました。

 

どうしてこんなに強い思い込みがあったのか?

 

実は、この時期はビットコインの分裂問題がありました。

ビットコインをめぐる政治的問題が勃発し開発者が分裂しました。

 

今までにないことが起きている、ビットコインはもう終わりだ

 

業界はそんなムードでした。

また、当時の情報は錯綜しており事態が好転する材料が全くなかったんですよね。

 

そんな状況のなかぼくは「ビットコインの歴史はここで終わる」と思いこみ暴落を予想していました。

思い込み→バイアスがかかる

そして、その思い込みこそが敗因。

思い込みをしていると、人って都合のいい情報しか受け取らないんですよ。

 

これが「認知バイアス」と心理学で言われる状態ですね。

 

分裂問題に対するネガティブ情報が出る度に「ビットコインはもうダメだ、間違いない」という考えをどんどん強固にしてしまうのです。

  • 絶対上がるだろう・・・
  • 絶対下がるだろう・・・
  • この情報を掴んでいれば負けない

    そんな自信のある状態になったときが危険信号かもしれません。

     

     

    思い込みや自信で、掛け金を大きくして大やけどする。

    せっかくコツコツ利益をためてたのに1回の負けでドカーンと失う・・・・

     

    まさにぼくはそういう失敗をしました。

    ビットコインFXの鉄の掟

    この失敗で手痛い思いをしたぼくはビットコインFXを少ないリスクでやるようにしました。

     

    またルール(鉄の掟)を徹底しています。

    といってもそんな難しいものではありませんので紹介しますね。

    FX鉄の掟
    1. 損切りラインを決めて確実に執行する
    2. ボラリティに適したBTC枚数でトレードする
      →相場の変動が激しいときは少量で
    3. 自分ルールに沿ったBTC枚数でトレードする
      →自分の得意なパターンを見つける
    4. 寝ロング/寝ショートしない

     

    これだけ守れば結果は出ます。(失敗したときの自分は3.しか守ってなかったですね)

     

    「え?当たり前のことじゃん」

     

    と思いますよね?

     

    たぶん90%以上の人がこれだけのルールも守れてないですよ。

    テクニカルも大事だが、心構えも
    ビットコインFXに限りませんが、トレードというのはテクニカル分析が重要視されがちです。
    しかし、トレードを行うのは自分自身の「判断」です。
    判断とはルールを機械的に執行できる心構えがなければ正常に行なえません。
    上記に書いた鉄の掟を守ることは、チャートを読む技術と同じぐらい大切なことです。
    スポンサーリンク

    リスクを抑えるには?

    またビットコインFXのリスクを抑えるためにも使っている取引所は重要です。

     

    どの取引所でトレードするか?

     

    ほとんどの人は人気だとか評判で選択していますよね、bitFlyerとか。

    重要なのは・・・・借金にならないことです。

    追証(おいしょう)がない取引所を選ぶ

    これが本当に重要です。

     

    追証がない取引所を選ぶことで「まさか借金になるなんて・・・・」という事態を防ぐことができます。

    追証とは?
    激しい値動きでロスカットされ、証拠金(担保)が足りない場合追加で入金しないといけない制度です。
    例えば10万円を元にトレードしていても、ロスカット→さらに追加入金というケースがあります。こうした入金した金額以上の損失がでるリスクです。

     

    ぼくの失敗談での損失86万円でした。

    しかしもっと値動きが激しかった場合・・・・・更に足りない損失を入金しないといけないところでした。

     

    知らなかったとはいえ、借金をする手前だったわけです。(恐ろしい)

    実際、日本の取引所を使って預けた証拠金以上の損失をだして借金になった人は多くいます。

    ビットコインFXのオススメ取引所ランキング

    ということで、ビットコインFXをやるのなら取引所の特徴を知っておかなければなりません。

    借金になるなんてしらなかった!といっても取り消せません(利用規約にかかれています)

     

    なので、最悪の場合取引所がどういう対応をするのかを最低限知っておきましょう。

    1位:追証(借金)を防ぐ!BitMex

    海外取引所のBitMEX

    結論からいうとここが1番です。

     

    BitMEXはビットコインの価格指標になる老舗サイトで日本人も多く利用しています。

    レバレッジは100倍まで可能、小資本から大きなリターンを目指せます。

     

    1番のオススメ理由は追証なしということ。
    これは入金した金額以上に損はしないということです。(借金になりません)

     

    BitMEXではビットコインをXBTという単位でドル建てでトレードできます。

    海外サイトですが、日本語対応しておりすぐに使い慣れることができますよ。

    Bitmexの取引画面

    日本語表記で馴染みやすい画面

     

    アルトコインのトレードもできますし、リスクが有る取引をするのならBitMEXです。

    借金にならないというのは思っている以上に安心ポイントですよ。

    BitMEXを開設する

    【関連】

    2位:国内大手の安心感DMM Bitcoin

    国内大手FX業者のDMMでもビットコインFXができます。

    FXでのノウハウがあるので、取引アプリなども充実しています。 またビットコインに加えて、以下のアルトコインもレバレッジ取引が可能です。

    • イーサリアム(ETH)
    • NEM(XEM)
    • リップル(XRP)
    • ライトコイン(LTC)
    • イーサクラッシック(ETC)
    • ビットコイン・キャッシュ(BCH)

    入金した証拠金の「維持率」が80%以下になると自動的に決済してくれる仕組みになっています。

    追証:無し(自動ロスカット)
    追加入金:有り

    DMMBitcoinを開設する

    ※いまなら口座開設&取引で最大5,000円のキャッシュバックもあります

    追加入金について
    追証はありませんが、口座の残高がマイナスになったときに「追加入金」をする制度があります。
    これが実質の借金なので勘違いしないように気をつけてくださいね。

    3位:スマフォトレードが多いならGMOコイン

    もしスマフォでビットコインFXをやるのならGMOコインが最もいいでしょう。

    GMOコインは元々FX業作だけあって、アプリの使いやすさはピカイチです。

    追証:無し(自動ロスカット)
    追加入金:有り

    追加入金について
    GMOコインには追証はありませんが、口座の残高がマイナスになったときに「追加入金」をする制度があります。
    これが実質の借金なので勘違いしないように気をつけてくださいね。

    【GMOコインを開設する】

    まとめ

    今回の内容をまとめると以下の通りです。

     

    • 自分の思い込みこそが敵、いつでもフラットに考える
    • 鉄の掟を守るべし
    • リスクを承知で1発逆転を狙うなら借金にならないBitMEXを使う

     

    ビットコインFXはリスクを低くすれば十分な利益をねらえます。

    注意すべきは己の欲をコントロールすることです。

    おすすめの記事