ヒヤッとした出来ごとがあったのでブログに残しておきたいと思います。

特にイーサリアムで人気のウォレット、メタマスク(Metamask)を使っている人は覚えておいて損はないですよ!

残高が入っているメタマスクを削除してしまった話

メタマスクはChromeブラウザのアプリで使えるイーサリアムのウォレットアプリです。

 

かなり便利なウォレットで、送金はもちろんのこと最近ではICOの本人認証などに使われたりしています。

イーサリアムをよく扱う人は一度はメタマスクを触ったことがあるでしょう。
(メタマスクの導入方法は以下の記事に書いてあります。)

今回は100万円以上の残高が入っているメタマスクを消してしまったという話です。

 

  • どうして消してしまったのか?
  • どうやって復旧をしたか?

 

ということを書いていきますね。

新しいMac買った!・・・そしてそれは起きた

f:id:tweetbot:20171112100721p:plain

先日、MacBookが故障したので新しいのを購入し新しいカチャカチャと設定をしていました。

 

もちろんChromeブラウザも導入。

Chromeってすごく便利で新しいPCの方でGoogleアカウントをログインすればブックマークとか拡張アプリをそのまま同期してくれるんです。(入力履歴、各サイトのパスワードも同期するのでちょっと危ないんですけどね)

 

この同期機能で新しいPCの方にもメタマスクが自動的にインストールされました。

f:id:tweetbot:20171216220807p:plain

 

ただし、これはただアプリがインストールされただけですので当然元PCにあるメタマスクの残高は同期されません。

新しいPCの方でメタマスクを削除

メタマスクは古いPCの方で残しておけばいいかな。こっちのPCでは消しとこっと

そんなことを考えて新PCの方でメタマスクを削除しました。

f:id:tweetbot:20171216221050p:plain

旧PCのChromeブラウザにあったメタマスクが消える

なんとなくおわかりだと思うんですが、新PCにあるメタマスクを削除したことにより旧PCのメタマスク(100万円以上の残高有り)が消えてしまいました。(同期されるから)

 

やっべぇぇえぇえぇ〜〜〜〜〜

 

本当に焦りました。
旧PCのメタマスクのバックアップを取ったか定かではなかったので、猛烈な不安が・・・・。

 

えっあのメタマスク15ETH以上入ってたぞ・・・100万以上だぞ・・

 

心臓バクバクです(;´Д`)

メタマスクのバックアップ発見!

しかし、メタマスクのバックアップ(シード)を発見!

「これでイケるはず!」メタマスクをすぐにインストールしてバックアップをもとにリストアしてみるも・・・・・・

 

今まで使っていたイーサリアムアドレスが戻ってこない。

f:id:tweetbot:20171217010817p:plain

 

終わった・・・・😭

絶望でした。

しかし「バックアップ(シード)があるんだからなんとかできるはずだ」と色々調べた結果、無事にイーサアドレスを戻すことができました。

 

本当によかった〜😒

スポンサーリンク

メタマスクのSEEDを元にイーサアドレスを使う方法

f:id:tweetbot:20171217132010p:plain

ということで、同じようにPCの買い替えでメタマスクを削除してしまう人も今後いるでしょう。

どうやってメタマスクにあるアドレスからイーサリアムを引き出したかを書いておきます。

大前提!メタマスクのバックアップ(シード)は必ず必要

まず大前提として、メタマスクのバックアップ(シード)がないとおそらく復元はできません。

メタマスクを導入するときには以下の画像に表示される12個のワードを必ず控えましょう。

f:id:tweetbot:20171216221152j:plain

もしこれを控えておらずにChromeからメタマスクを削除してしまった場合はおそらく復旧できません。

マイイーサウォレット(MEW)でバックアップを入力する

ではメタマスクのシードを使ってマイイーサウォレットで操作する方法です。

MyEtherWallet.com

👆マイイーサウォレットにアクセスし「ニーモニック文節」という操作方法をクリックしてください。

以下の画像のように「ニーモニックを上書き」という欄にメタマスクのシードを入力します。

f:id:tweetbot:20171216213446p:plain

 

その後「アンロック」をクリックするとメタマスクで生成したイーサリアムアドレスが表示されます。

f:id:tweetbot:20171216213512p:plain

 

イーサリアムの残高、トークン量もチェックできるので、該当するアドレスを探しましょう。

「お財布をアンロック」をクリックするとメタマスク内にあったアドレスが操作できます!

 

f:id:tweetbot:20171216213535p:plain

他のアドレスへの送金もできますし、秘密鍵を取り出すこともできます。

 

なので消してしまったメタマスクにまたアドレスを戻すことも可能ですね。

 

今回はこんな感じで消してしまったメタマスクから15ETHを取り出しました。
本当に焦りましたよ〜。

まとめ

今回の内容をまとめると以下の内容です。

 

  • Chromeの同期機能を利用している人は注意
  • 新しいPCで同期して、メタマスクを削除すると旧PCのメタマスクも削除されてしまう
  • メタマスクのバックアップ(シード)があれば復旧できる
  • シードは絶対に控えるクセをつけよう 

 

焦りましたが、イーサリアムウォレットへの理解が深まる出来ごとでした。
みなさんも仮想通貨のウォレット周りのスキルは高めておいたほうがいざのときに役立ちますよ。

このブログでいろいろなイーサリアムウォレットの使い方を紹介しているので、ぜひ勉強しておきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

おすすめの記事