2022年6月22日FTX JPとのAMA(質疑応答)内容について

6月22日21:00よりFTX Japan COOのセス・メラメドさんを招いてAMA(質疑応答)を行いました。

閉塞感のある日本の仮想通貨市場を変えてくれるのだろうかという不安をぶつけるべく、セスさんのツイートにAMA開催を持ちかけたところ快諾して頂いての開催となりました。(相談したら明日やろうって言われてびっくりしました)

 

コミュニティから事前に送った質問の内容はこちら

https://deg.notion.site/FTX-JP-AMA-279e2a62e25143fb8e78e9dda8a32574

 

また当日の司会はAlbet(アルバート)さんに務めていただきました。(全部英語でやりとり)

そしてこれらのやりとりをzaqさん(Twitterやられてないです)ライブ翻訳してもらいました。それを活用してAMAの内容を紹介していく記事です。

FTXとLiquidの統合について

  1. あなたが誰で、何をされてきたかを教えてください。例えば、日本での仕事歴はどれくらいですか?
  2. SBFについてのエピソードをお聞かせください。SBFについてどのようにお考えですか?
  3. SBFは日本にも来ていますか?FTXジャパンでSBFを中心としたイベントを開催することは可能でしょうか?
  4. QuoineとFTXのチーム統合はどのように行われたのか?

1.あなたについて教えてください

-Sethさんについて教えてください-

日本で15年生活 今回は3回目 最初の来日は1990年後半。

次の2000年代中盤 キャリアは金融でLiquid入るまではゴールドマンサックス。今はFTX Japanのビジネスを拡大させるために従事。

クリプトは2014年からBTCをまず購入した。 2015年からETHを取引していた。

趣味はポーカー 目黒に住んでいて、ポーカークラブがあるので良くプレイしている 昔はトーナメントにも出ていたが、子どももいるので以前ほどはやっていない

サム・バンクマン-フリードのFTX、日本に熱視線【COOインタビュー】 | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン

2.3.4 SBF(サム)とのエピソード、Liquid統合

-SBFとのエピソードとLiquid統合の背景-

私はサム(SBF)に初めて会ったのは2018年 Alamedaで彼が働いている時だった。

その時彼は日本にいたが当時SBFとは名乗っておらず、サムでしかなかった。再びあったのは2021年後半 FTXプラットフォームを日本に持ち込むことについて話した。色んなコラボができると思ったLiquidは色々とライセンス関連の手続きや事業を行っていた。当時からFTXは素晴らしいと感じた。

FTXとのディスカッションでデリバティブを日本に5月か6月に提供する予定だった。しかし8月にLiquidのハッキングが起きた。ハッキングが起きた時、私は日本にいなかった。

ハッカーは私が日本にいないタイミングを狙った(笑)

ハッキングされた時は復旧させるために最大限を尽くした。しかし飛行機に乗っている間はWiFiがなく、サムが私が送ったメッセージを確認できたか確認できなかった
東京に着いて、PCR検査を行いWiFiをようやくゲットできた時サムから話をしようというメッセージがきた。

彼とハッキングについての内容やLiquidの状況、日本市場におけるデリバティブ取引の規制、競合などの話を3時間した。翌日の10時AMからまた話をした。

 

翌日に担保、レバレッジ、資産保護、免許などの質問を受けて最終的に短期的な105Mドルの資金提供を申し出てくれた。

その2時間後、さらに多くの質問を受けた。そこからFTXのLiquid買収の話になり、その電話で合意した。その1時間後にまた返答してくれと言ったらGoogle DocsでFTXによる買収の契約書が送られてきた。

 

日本で素晴らしいプロダクトを作ろうってメッセージがサムから送られきた。

 

この提案は素晴らしいが、取締役会からの承認が必要だった。
しかし結果125Mドルの提供を受けた。翌朝10時に 銀行口座にアクセスしてコーヒーを飲んで、ブラウザをリフレッシュし続けた。

10時過ぎ頃の125Mドルが銀行口座にふりこまれているのを確認できた。

サムは日本での暗号資産の将来と発展に高い期待を寄せ、顧客保護の精神に則って真摯に手を差し伸べてくれた。

 

会議を2:30AMに終わって、滞在先に戻った.

翌朝に日本への飛行機が昼に出るので9:30ぐらいにオフィスに戻った。そしたらサムがまだいた 仮眠していて、起こさないようにした。しかし結局起きて、すぐに仕事に戻った。

FTXチームは小さいが素晴らしいプロダクトを作ろうとしていて、それと同じクオリティのものを日本で実現しようとしている。

-SBFは日本に来る?-

サムは日本へのコミットがあり、愛もある。

US議会による仮想通貨デリバティブ規制への対応をする必要があった(ソラナハッカーハウスのタイミングで来られなかったこと)彼は日本に来ることに興味を持っていて、仮想通貨とFTXが日本で成長させたいと思っている。

いつか彼が来日する機会を作りたい。間違いなく興味を持っている。

そしてサムは暫定的にFTX JapanのCEOになった。 このニュースは別のチャンネルで発表される予定で、暫定の新CEOとなった。

これが彼の日本へのコミットを示す。もちろん、日々の業務は日本のチームが行うが バハマオフィスから多くのメンバーが来日したり、日本のメンバーがバハマに行ったりしている 。バハマとの会議も毎日数多くやっている Liquidの過去からは大きな変化。

現在は採用もしている。

「採用について」の詳細

現在は積極採用中。マーケティングのサポートをしてくれる人を探しており、たくさんの取引所が日本にはある。

このコミュニティのFTXファンには感謝している。ただ、FTXは日本ではまだまだマイナーなのでコミュニティに私たちのバリューを伝える必要がある。他にも、クライアントサポートを探している Twitterなどでメッセージしてくれれば、HRにつなぐよ!

採用の要件の最も重要なところはそのポジションに対しての熱意です。

USDについて

5. JPY/USD 市場の流動性を高めるための具体的な計画や施策(マーケットメイカーの確保等)はあるのか?
6. FTX Japan が FTX Global の米ドル及び米ドル安定コインに関する機能(例:①米ドル の入出金、②BUSD、USDC 等の米ドル安定プールの統合)を導入・実装する具体的計画はある か?
7. DAI などのフィアットに裏打ちされないステーブルはどうなのか?

5.6.7 ドル円の流動性やドルステーブルコインについて

-JPY/USDの流動性を高めるために?ドルステーブルコインは?-

素晴らしい質問をありがとう。

月曜日にUSD/JPY取引板をローンチした。より流動性を大きくするためにマーケットメイカーにアプローチしている。

流動性は今後増えていくと思っている。流動性は取引する需要が大きければ、積極的に乗ってくる。なのでFTXに人を集める必要がある。またUSDステーブルコインに関しての質問もあったがまだ仮想通貨取引所が取り扱うのが承認されていない。

でも、2023年には取り扱えるようになると思っている。現在、法務部と規制当局が話している。おそらく2023年2Q

また現在オフショア銀行によるドル入出金を検討しているが、 これを使うとWire transferが必要で手数料も高い これは素晴らしい体験ではない。

-FTXからドルで国内銀行口座に出金することはできるのか?-

銀行はドルでの転送を認めない 仮想通貨取引所が関わっているとNGになる。銀行はまだ仮想通貨を怪しいと思っている。

新規市場

8. FTX Japan は IEO やるのか?
9. FTX Japanの市場戦略について教えてください(例:四半期先物取引、MOVE、日本の取引所に既に上場しているトークン、日本の取引所に上場していないトークンなど)。
10. FTX Japan は日本の NFT 市場にどのようにアプローチするのでしょうか。例えば、FTX JapanがFTX USのNFTクリエーションやコレクションに関する機能を導入することは可能か。

8.IEO

-IEOは?-

FTX Japanが実装する新しいマーケットでIEOをやる計画はない。

良い流動性と透明性のあるプロダクトを作りたい。これまで仮想通貨業界に関わって多くのIEOは成功したとは言えないと思っている。IEOを日本でやるべきだとは思っていない

9.市場戦略について

-市場戦略について-

FTX Japanの戦略 期限あり先物に関しては流動性が足りないと思っている。
各四半期毎に取引される量は凄い少ない。
FTX USの戦略を取り入れたい。それはトークン化された株式に取り組み海外の株式のデジタル化したい。アップル株やテスラ株をFTX Japanで取引できるようにしたい。
これらへの需要は大きいと思っている 。
他のプロダクトとしては、マージンFXをレバレッジに。現在ドル円はマージン取引ではなく現物取引だがFXにすることも面白いと思っている。
また、オンチェーンステーキングサービスを提供したい。Solanaをステーキングして、報酬を受け取れるようにしたい。
他にも、Poll(投票)を行ったどのプロダクトが面白いかをコミュニティの意見を聞きたい。
我々は日本の規制に従うことにもっともフォーカスしている。
日本の規制に従ったもの+面白いものに取り組んでいきたい 。
-新規通貨の上場審査に対しての意見-

業界は変わる必要がある 現在の規制はユーザーのためになっていない。

欲しいデジタル資産の取引ができない さらに、審査の時間もかかり、ばかげている。

できる限り多くのトークンを上場させたい。明日2種類OMGとENJを上場させる。他の取引所が上場していないトークンの上場計画も行っている。

コミュニティが間違いなく喜んでくれると思っている

また現物だけでなく無期限先物も提供して、現物、デリバティブどちらでもポジションを持てるようにしたい

ライブ質問「MOVEを扱ってほしい」

MOVEを取り扱って欲しいと司会のAlbertさんが熱くお願い。

→わかりましたと回答GET

10.NFT市場について

-NFT市場にどうアプローチしますか?-

FTX JapanのNFTマーケットへのアプローチ 私たちはNFTに興味を持っている。
ここ数か月、私自身もNFTを触っている 日本向けのNFTプロダクトを計画中。
今まさに取り組んでいる ウォレットホスティングとNFTマーケットプレイス 私たちは日本のアーティストを探している FTX Japanローンチ記念のNFTをリリースしたいので、良い人がいたら教えてほしい!

アプリやbot

11. iOS/Androidアプリは?
12. Wen Quant Zone?
13. FTXジャパンは、マネーフォワードなどの資産運用サービスにも対応するのでしょうか?

11.iOS/Androidアプリについて

日にちまではまだ確定していないが、準備完了したらアナウンスする。
現在、アプリローンチに取り組んでいる。

12.QuantZoneについて

提供可能。欲しい人の数が知りたいのでPoll(投票)をしたい コミュニティがどれだけ興味を持っているか知りたい
(明日社内検討に上げてもらえることになったようです)

13.家計簿アプリに対応する?

そういう計画はない。
皆さんはFTXのトレーダーで、FTXのフォーカスはマーケット、プロダクト、流動性、デリバティブなどなど MoneyForwardはこれらと関係のない金融のパートだと思っている。もちろん、Pollを行って、欲しい人の数を確認しても良いですが。

そのほかの機能

14. L2入出金に対応していますか?
15. FTX Globalのレンディング機能をFTX Japanで導入することは可能でしょうか。

14.L2対応について

いくつかのラップドトークンはサポートする。
Solana上のラップドビットコインに対応している。日本で私たちのアプローチはプロトコルがサポートされていれば、あらゆるラップドトークンに対応できる。
だから現在はSolana上のあらゆるラップドトークンに対応できる。ラップドトークンのためにウォレットインフラを作って承認を取れば、ラップドトークンを提供できる。(L2が承認されれば対応できる、の意だと思います)

15.レンディング

P2Pの貸し借りは提供中。
担保があれば、すでに借りることできる。貸したら利息を稼ぐことができる。現在は貸し借りする場合、FTX Japanを通じてFTX.comを使っている

担保率について

担保率50%にするのは日本の規制上の理由。

他の取引所も50%で、私たちはあらゆる仮想通貨を担保にできるという柔軟性を提供している。FTX Japanが取り扱っている銘柄を担保にすることができる。他の取引所はだいたいBTCとETHのみだと思う。

ライブ質問👇

事前質問が終わり、希望者からのライブ質問。

日本企業とのコラボを考えているか?

コラボは常に探している。私たちはステーブルコインのパートナーを探している。
自分たちでやりたいことではないので良いパートナーを探している また、税金を支払うためのツールのパートナーも探している、カード決済オプションを提供するための会社も探している。
いくつかのイニシアチブで、ユーザーに提供するプロダクトを増やすために取り組んでいる。

レバレッジの倍数は今後改善できる?

難しい質問ですね。現在、2倍までのレバレッジを提供している。
レバレッジはボラティリティに基づいて計算されるべきで固定のレバ倍率は正しいアプローチじゃない。
ボラティリティに基づいて、レバレッジの上限が変動するべき 規制当局がレバレッジの上限をいじるのに興味があるのかはわからない。
しかし法人、機関はよりリスクを取ることができるのでそっち向けには高いレバレッジを提供したい。たぶん2~8倍ぐらい。
JPYレンディングは検討中。仮想通貨を担保に、JPYを借りることを指しているんですよね?
現在、そういうサービスを提供するための免許を取得しようとしています 免許の名前は忘れましたが、現在検討しています

最後に

16. FTX Japan と他の日本の取引所との違いは何ですか?また、FTX Japan の強みは何でしょうか。
17. その他、コミュニティへのメッセージはありますか?

16.17 FTX JPの強み

-FTX JPの強み-

  • 無料の日本円出金、スピーディで2分後には銀行に着金する
  • 販売所は他の取引所よりスプレッドが小さい
  • Perpetual(無期限先物)があり、流動性はFTXグローバルのものを利用できる
  • クロスマージン、ドル、円などの外貨や仮想通貨を担保にできる
  • USD/JPYペアがあるのでドルをJPYにできる
  • サブアカウントを無数に作成でき、リスクのコントロールができる
  • FTTを使って手数料を割り引ける、取引量によってはリベート(マイナス手数料)がある
  • Liquidは刷新され新しいチーム、プラットフォームへと変化した
  • FTXはハッキングされたことがない
[原文]
FTXと他の取引所の差別化 FTX Japanでこれまでやってきたことで面白い機能がある。
無料の日本円出金で、とても早い。2分後には銀行口座に円が着金する。
また、販売所を作った。他の取引所よりもスプレッドは小さい 。
仮想通貨と仮想通貨、法定通貨と仮想通貨の取引もできて柔軟である。
Perpetual(無期限先物)プロダクトも日本に持ってきた。PerpetualとCFDの比較資料もあり、ユーザーにとってはるかに良いプロダクト。
CFDとは違って、Perpetualではファイナンスフィーで稼ぐこともできる。
PerpetualではFTXのグローバルの流動性を利用できる CFDよりも良い価格で取引できる。
クロスマージンもできて、ドル、円、ユーロ、仮想通貨を担保にできる。
USD/JPYペアがある。ドルをJPYにしたい人はこれを使うことができる。
取引板も厚い。グローバルで共通の流動性を使っている。
サブアカウントも作れる サブアカウントの数には上限がない。
これでリスク制限することができる。
FTTを使って取引手数料を割引したり、ハイボリュームの取引をする場合はリベート(マイナス手数料)も可能。
過去にLiquidはセキュリティ問題はあったが、新しいチーム、プラットフォームになった。
FTXはハッキングされたことはない。取引手数料も競争できるレベル。
-コミュへメッセージ-
このコミュニティが素晴らしいと思ってる。またAMAをぜひしたい(喜んで!)
チャートツールのTradingViewについて

このブログで使用しているチャート画像TradingViewで作成しています。無料で利用でき、フォローした人のチャート分析を見れるSNS機能もあります。当ブログ管理人のアカウントはこちらからどうぞ。

コメントを残す