仮想通貨のあるとこ

仮想通貨(アルトコイン)を研究して1おくえん目指すブログ

【実践してみた】ビットコインのアービトラージ(裁定取引)は稼げるのか?

f:id:tweetbot:20170804160923j:plain

ビットコインをはじめとする仮想通貨の世界には取引所間の価格差が多く発生します。

これを利用して稼ぐアービトラージ(裁定取引)について紹介しています。

アービトラージ(裁定取引)とは?

  • A取引所で1ビットコイン=29.5万円
  • B取引所で1ビットコイン=30万円

たとえば上記のようにビットコインの価格差があった場合、A取引所でビットコインを買い→B取引所で売る。

f:id:tweetbot:20170804161520j:plain

このように価格差を利益にするというものです。

アービトラージの特徴

アービトラージの特徴として以下の2点があります。

  • リスクが低い
  • 相場環境に影響されない

ビットコインを買い、別の取引所ですぐに売るので保有時間が短いです。このため価格変動の影響がありません。

また、上げ相場下げ相場などの相場環境に影響されません。

こういったメリットがあります。

取引所間の価格差はどれぐらい?

実際にビットコインの取引所間の価格差はどれぐらいあるのでしょうか?

Twitterのてぃなちゃん (@btc_AP) このアカウントは価格差が発生するたびにツイートしているので例に出してみます。

こちらは4,600円の価格差。

5,000円以上の価格差があるときも。

ここから過去の価格差をチェックできます→#BTCスプレッドアラート

このように、頻繁に価格差が発生していることが分かると思います。 

毎日のように価格差が発生するので、チャンスがたくさんあるのも特徴です。

アービトラージのリスク

しかし100%ノーリスクというわけにはいきません。

  • 資金移動中の価格変動リスク
  • 送金先のミス入力のリスク

ビットコインを他の取引所へ送信している間に、価格が変動するリスクがあります。

また送信先のビットコインアドレスを間違えたりするケースもあるでしょう。
※間違えても返金されますが時間がかかります。

アービトラージに興味を持った人は「準備するもの」「実際にやってみた」を書きましたので参考にしてください。

ビットコインのアービトラージをする準備

f:id:tweetbot:20170801194248p:plain

まずビットコインのアービトラージをするために準備するものを紹介していきます。

各取引所のアカウントを開設する

ビットコインは世界中に取引所がありますが、まずは国内取引所で慣れましょう。

国内だけでもこれだけあります。

基本的にはチャンスを逃さないよう、すべての取引所口座を開設するのが望ましいです

また口座を開設するさいには、本人確認まですませておきましょう。

例えばコインチェックはメールアドレスのみの登録の場合「入金5万円、出金3万円」の上限があります。
これではアービトラージには向きません

少し大変ですが、すべて開設して本人確認まですませておくことをオススメします。

価格差をチェックするためのサイト/Twitterアカウント

次にそれぞれの取引所のビットコイン価格を調べる為の準備です。

ちなみにTwitterアカウントでてぃなちゃん (@btc_AP) をフォローしてアラートで通知するようにすると便利です。

【補足】開設しておくと便利な銀行

なお、取引所へ入金する際に銀行振込になりますが、日本の取引所はSBIネット銀行を採用しているところが多いです。

同じ銀行同士なら手数料を300円ほど節約できるのでおすすめです。 

実践!100万円を使ってビットコインをアービトラージ

f:id:tweetbot:20170804163145j:plain

では、実際に100万円を使ってビットコインのアービトラージをした結果を書いていきたいと思います。

coincheckへ入金→ビットコイン購入

あらかじめ、coincheckへ100万円の入金をしておきました。

入金は1時間ほどで完了します。

f:id:tweetbot:20170730171113j:plain

coincheckのビットコインが安くなるのを待ち、↓の情報を確認。 

このときに、ビットコインを注文して100万円(3.29BTC)分を購入しました。

coincheckは取引量が多いのですぐに買うことができました。

価格差が2,101円なので2,101円×3.29=6,912円の利益が出る予定です。

f:id:tweetbot:20170730171154j:plain

bitFlyerへ送金→売却

次はこれをbitFlyerへ送金して売却です。

7月28日23:30頃に送金手続きを終えました。

f:id:tweetbot:20170730171528j:plain

誤算!ビットコインの送金に時間がかかる

ここで誤算。bitFlyer側でビットコインの入金承認に約1時間かかりました。

f:id:tweetbot:20170730171628j:plain

本来であれば15分ぐらいで着金するのですが、このときはビットコインの分裂騒動のなか取引の承認に時間がかかる時期でした。

アービトラージをする場合はこういう情報も押さえないといけませんね。

 

結局、7月28日23:30に送金、00:25に着金です。約1時間。

f:id:tweetbot:20170730171558p:plain

「送金に1時間・・ビットコインの価格変わったんじゃない?」

と思いますよね。

当然変わっていました・・・・

アービトラージ結果

しかしありがたいことにビットコイン価格は上昇したため利益は増えました。

coincheckで購入したビットコインを309,000円ほどで売却。

f:id:tweetbot:20170730171719p:plain

結果13,000円の利益となりました。

【改善案】アービトラージのポイント

今回は運良くビットコインの価格が上がり、アービトラージが成功しました。

しかし、送金中にビットコイン価格が暴落する可能性もありましたね。

  • ビットコインの送金が混んでないときを狙う
  • coincheckの高速入金のような機能をうまく使う
  • 送金が早い通貨でアービトラージをする(NEMなど)

アービトラージをよりリスク低くやるならこういったポイントを抑えていきたいですね。 

もし資金に余裕があれば、前もって取引所に現金&ビットコインを入金しておけば更に低リスクでの取引ができます。(これはまた別の機会に)

 

以上、【実践してみた】ビットコインのアービトラージ(裁定取引)は稼げるのか?でした。ぜひチャレンジしてみてください。

では(๑´ڡ`๑)