ビットコインには取引所の間で「価格差」が常に発生しています。

このページではこれを利用して稼ぐビットコインアービトラージについて紹介しています。

メモ

「アビトラ」「裁定取引」と呼ばれたりもします。

アービトラージの基礎情報からやり方まで解説しています。それぞれ目次からどうぞ。

ビットコインアービトラージとは?

アービトラージの仕組みついて解説していきます。

たとえばこんなシーンがあったらあなたはどうしますか?

どうする?
  • A取引所で
    ビットコインが100万円で取引されている
  • B取引所では
    ビットコインが98万円で取引されている

多くの人が「B取引所でビットコインを買って、A取引所で売れば儲かる」と考えるのではないでしょうか。

 

ビットコインアービトラージのもととなる価格差

とてもチャンスですよね?

 

同じビットコインなのに2万円の利益が出てしまいますよね。

このように「価格差」を利益にするのがアービトラージです。

アービトラージの特徴

アービトラージの特徴として以下の2点があります。

  • リスクが低い
  • 確実な利益がある
  • 相場環境に影響されない(上げ・下げ相場)

    1番メリットなのは上げ相場、下げ相場などのトレンドに影響されないといったところです。

    ビットコインの価格差はどれぐらいある?

    実際にビットコインの取引所間の価格差はどれぐらいあるのでしょうか?

    例えば以下は2018年5月のビットコインの価格差です。

    ビットコインの価格差

    Quoinex(現Liquid)とBitbankではビットコインの価格差が7000円ありました。

     

    違う取引所で買って売るそれだけで1ビットコインあたり7,000円の利益が見込める状態というわけです。

    どうして価格差が出るのか?
    ドルや円などの為替でこれほどの価格差出ることはまずありません。
    それは多額の資金を使って投資会社が参加しているからです。
    ビットコインはまだまだ歴史の浅い商品であることからこういったことがおきます。

    アービトラージのやりかた

    実際にどのようにビットコインをアービトラージしているのか書いていきます。

     

    ポイントは同時決済です。

    こんなケースを想定しみましょう!

    • A取引所:ビットコインが99.1万円で「売っている」
    • B取引所:ビットコインが99.4万円で「買われている」

    このようなケースを見つけて同時決済をします。

    つまり・

    A取引所:1BTCを99.1万円で買う

    B取引所:1BTCを99.4万円で売る

    これをした結果

    99.4万円 - 99.1万円 =

    利益0.3万円

    というわけです。

     

    あとはこれを延々と繰り返します。

    同時決済をすれば数秒で取引が終わるため値動きのリスクはほぼありません。

     

    価格差がありつづける限り、稼げるのがビットコインアービトラージです。

    アービトラージのデメリット

    ただしデメリットもあります。資金が多く必要なことですね。

     

    たとえば3つの取引所間で同時決済をしようとすると資金が3倍必要になります。

    よって以下のいずれかの方法を取るのがいいと思います。

    アービトラージをやるには・・
    1. 資金を大量に用意する
    2. 信用取引を活用する(ショートポジション)
    3. アービトラージする取引所を絞る(2箇所など)おすすめ

    おすすめは3の「取引所を絞る」です。

    実際にぼくも取引所を2つに絞って資金集中をしています。

     

    ここまで読んで「アービトラージやってみたい!」という人に実際に準備する方法を書いておきました、でぜひチャンレンジしてみてくださいね。

    スポンサーリンク

    ビットコインアービトラージで準備すること

    ビットコインのアービトラージをするために必要なモノです。

    各取引所のアカウントを開設する

    まずはビットコインを売買する取引所のアカウントが必要です。

    国内では多数の取引所がありますが口座が必要なのは以下の2社です。

    必要な取引所

    ※上記以外の取引所は新規登録を停止しているため案内していません。

    基本的にはLiquidでビットコインを買い、bitbankで売るという流れです。

    さらにこの2社であればスマホアプリもあるため、練習すれば外出先でもアービトラージができます。

    価格差をチェックするためのサイト/アプリ

    次にそれぞれの取引所のビットコイン価格を調べる為の準備です。

    Webサイトは以下の2つが便利です。

     

     

    またアービトラージするのに便利なスマフォアプリも出ています。

    ビットコイン アービトラージ アプリ

    ビットコイン アービトラージ アプリ

    Makoto Nishimoto無料posted withアプリーチ

    開設しておくべき銀行

    ビットコインアービトラージの際の取引所への入金はSBIネット銀行を開設すべきです。

    その理由は土日祝日も入金でき反映スピードが早いからです。

    DEG
    ビットコインは365日24時間変動しています。
    価格が激しく変動するとアービトラージ収益があがるのでチャンスを逃さないようにしたいですね。

     

    アービトラージにおいて資金移動の早さはかなり重要です。

    どの取引所にも手数料無料で振り込めてかつ早い。

    そして土日も入金できる住信SBIネット銀行を開設をしておきましょう。

    アービトラージを実践

    この手順でアービトラージ!
    1. Liquidに日本円を入金、bitbankへビットコインを入金
    2. アプリやサイトでビットコインの価格差が出るのを待つ
    3. 自分の狙った価格差※が出たらアービトラージをする
      ※5,000円〜10,000円ぐらいがおすすめ

    4. アービトラージはLiquidでビットコインを買い、bitbankで売る
    5. 完了後、Liquidのビットコインをbitbankへ送金
    6. bitbankの日本円を銀行へ出金→再びLiquidへ

    ビットコインを持っていない場合は・・・

    アービトラージをやる場合、ビットコインそのものを保有していることが望ましいです。

    厳密に言えば保有してなくてもアービトラージはできますが非常にやりにくいです。(信用取引を駆使するため)

     

    「え?ビットコイン持ってないよ」

     

    という人なんですが・・・・長期的(数年)に考えた時ビットコインが今の価格より上がる可能性は高いです。

    ビットコイン を保有しておくことをおすすめします。
    (もちろん責任は取れないので強くは勧められないのですが)

    ビットコインは資産として
    ビットコイン自体は価格変動が激しいですが、長く保有する資産として考えましょう。
    不動産で例えるなら物件そのもの(資産)への投資です。
    その建物を人に貸して家賃収入を得るのがアービトラージのイメージに近いです。
    もし外的要因(景気)などで不動産価格が暴落したり暴騰しても家賃収入は大きく変わらず安定して収入を生みます。

    もしビットコインを保有するのがリスクだと感じる場合はアービトラージがおわった時に売ってしまえば問題ありません。

     

    またアービトラージ中のビットコインの値動きをノーリスクにする場合は、ビットコインを買い、同じ数量のショート(空売り)をすることで両建てにできます。

    これならばビットコインが暴落しても問題はありません。

    アービトラージは投資の基本、仮想通貨では効果絶大

    ぼくは2017年の6月頃からアービトラージを実践しています。
    (利益はすべて仮想通貨の投資に当てています。)

     

    またこのアービトラージがオススメなのはこの手法をアルトコインにも応用できます。

    ビットコイン、アルトコインは世界中に取引所があり必ずどこかに価格差があります。

     

    つまりこの方法をマスターしておけば長期に渡って安定して稼ぐことが出来るというわけです。

     

    アービトラージは投資の基本です、是非トライしてみてくださいね。

     

    最後にそれぞれのリンクを用意しました。

    おすすめの記事