ハードウェアウォレットでBinanceのBNBを保管する方法について(Ledger Nano)

Binanceが独自のBinance CahinをリリースしたことでBNBをハードウェアウォレットで保管する方法が変わりました。
この記事ではハードウェアウォレットでBinance Chainのウォレット作成しBNBを送金する方法を紹介しました。

スポンサードリンク

Binance Chainに対応しているハードウェアウォレットはLedgerシリーズのみ

BinanceのBNBはBinance Chainという独自のブロックチェーンのトークンになりました。
このBinance Chainに対応しているハードウェアウォレットはLedger社の製品のみです(2019年6月現在)

LedgerのBinance対応

 

Ledger社のハードウェアウォレットはエントリーモデルの「Ledger Nano S」とスマホでも使える新モデルの「Ledger Nano X」の2種があります。

Ledger NanoにBinance Chainアプリをインストール

事前準備としてLedger本体へアプリを導入します。

とは言ってもやり方は簡単で、数分で完了します。LedgerをPCに接続してマネージャー画面を開きます。

Ledger本体にアプリをインストール

マネージャー画面で「Binance」と検索すればBinance Chainアプリが表示されます。

事前準備はこれをインストールするだけで完了です。

Ledgerにインストールが完了

Binance Chainのウォレットを作成する

ハードウェアウォレットの準備が完了したらBinance Chainに接続しウォレットを作成します。

Binance Chain各リンク

👆にあるウォレットリンクから以下のページに移動します。

LedgerをPCに接続してBinance Chainアプリを起動した状態で「Ledger Device」を選択して「Connect to Ledger」をクリック。

Binance Chainのアドレスを作成する

Ledgerに接続するとアドレスの一覧が出ます。
この中のどれを使っても構いません、好きなものを選択しましょう。

アドレス選択画面

 

※残高があるウォレットアドレスが優先して出てくるので探しにくくなるということもありません。

アドレスを選択するとLedgerと画面上のアドレスが一致しているかどうかのチェック画面が出ます。

PCがウィルスに感染して悪意あるプログラムによってアドレスが書き換えられる可能性もゼロではありません。
確認するようにしましょう。

DEXでトレードをする時の注意・・・・
これは余談ですがハードウェアウォレットを使うと、仕組み上どうしてもこの確認画面が頻発します。
ハードウェアウォレットから直接DEXでトレードできますが「新規注文」「注文取消」「決済」全てのタイミングでこの確認画面が表示されます。
ハードウェアウォレットは短時間に頻繁にトレードするのには向いてません。

 

ウォレットにアクセスすると最初に取引画面(DEX)が出ます。右上にあるBalancesをクリックしてアドレスを確認可能です。

 

これがアドレス画面です。
bnb~からはじまるのがBinance Chain上のアドレス表記ルールです。

アドレスは「bnb~」からはじまる

 

イーサリアムアドレスと勘違いしないように特徴は押さえておきたいですね。

Binance ChainアドレスへBNBを送金する

コピーしたアドレスを元にBinanceからBNBを出金します。

出金時にメモは不要

 

Binanceからの出金が完了したらウォレットにBNBがすぐに着金します。

Binanceから送金されたBNB

 

これでハードウェアウォレットへBNBを移動することができました。
ハードウェアウォレットの秘密鍵が漏洩しない限り、安全にBNBを保管できます。

Binance Chain エクスプローラーも活用しよう

残高はエクスプローラーでも確認可能

 

送金などはせずに、ウォレットの残高だけを確認したいときなどはエクスプローラーを使うと便利です。
エクスプローラーから自分のアドレスを入力し、その画面をブックマークすればスマホからでも残高や明細、資産額がチェックが可能です。

Binance Chainエクスプローラー

 

以上、ハードウェアウォレットでBNBを保管する方法でした。
この記事のリンクを以下にまとめておきます。

リンクまとめ
スポンサードリンク
コメントを残す