CosmosがICOから2年を経てメインネットへ「ATOM」トークンの価格に注目

3月の話題の中心になりそうなものの1つにCosmosがあります。
2017年4月にICOを実施、当時約1680万ドルを調達しこれまで開発がされていました。

そのCosmosが2月にメインネット公開・・・かなり注目を集めそうです。

Cosmosのカウントダウン

 

カウントダウンサイトはこちらです。

Cosmosについて詳しく書かれたサイトはいくつもあるので、このブログでは概要や注目されるポイントだけに絞って紹介していきます。

スポンサードリンク

Cosmosとは?

Cosmosは現状のブロックチェーンがいくつもあり互換性がない問題を解決しようとしているものです。

例えばビットコインはイーサリアムのアドレスに送れませんし、その逆も然りです。

しかも困ったことに新しいブロックチェーンは日々増えているんですよね。

乱立するブロックチェーン
日本で有名なものだけでもビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム、モナコインなど多くのブロックチェーンが存在します。
これらは互換性がなくユーザーにとても不便です。
ビットコインとモナコインはウォレットもアドレスも違う・・と言われてもユーザーには「なんのこっちゃ?」となりますからね。

Interoperability(インターオペラビリティ)を実現

そこでブロックチェーンにInteroperabilityを持たせようというコンセプトで始まったのがCosmosです。

Cosmosネットワーク上であらゆるブロックチェーンを相互運用し、互換性の問題を解決していこうというものです。

Interoperability
インターオペラビリティと読みます。
IT用語でソフトウェアとソフトウェアを連携させたりする「相互運用」という意味です。

Cosmosの「Tendermint」とは

この相互運用を可能にするのがCosmosのTendermintというシステムです。

すごく簡単に言ってしまうと、Tendermintを使っていればブロックチェーン同士の互換性が実現します。
ブロックチェーン間の互換性問題がないので開発者はウォレットやゲームなど、アプリケーション開発に集中することができるのがメリットです。

ポイント
Cosmosはブロックチェーン同士が連携しないことの不便さを解決するプロジェクト(インターオペラビリティ)
Tendermintというシステムを使うとCosmosネットワーク上で異なるブロックチェーンでも相互運用ができるようになる。

技術的な詳細が気になる人はZoomさんのブログを読んで理解を深めるのがいいでしょう。
Zoomさんのブログをみる→https://zoom-blc.com

Cosmos注目の理由はBinance DEX

前置きが長くなりましたがCosmosがどういうモノなのかをお伝えしました。

それでどうしてCosmosが注目なのかというと・・・・

世界トップクラスの取引所であるBinanceがCosmosのTendermintを使って独自のブロックチェーン「Binance Chain」を作ったからです。

そしてBinance Chain上にDEXを作りBinance DEXとして公開されました。

この取引所がまた素晴らしい出来で、ブロックチェーン上で動いてる取引所だとは思えないぐらいです。

Binance DEXが注目を浴び、次はこれを動かしているCosmosのTendermintすごい!という風潮になるでしょう。

これがCosmosが注目されると考える理由です。

CosmosのATOMトークン

Cosmosに投資しよう、となった時に投資対象になるのはネイティブトークンであるATOMです。(もうひとつありますがここでは省きます)

ATOMはCosmosのネットワークの承認者になるために必要なトークン、しかも流通量が非常に少ないです。
※2017年のICOでは即完売しATOMホルダーはわずか1,000人ほどしかいません。

しかも上記に書いたようにBinanceがCosmosのTendermintを使っているのですから、ATOMがBinanceに上場する可能性も非常に高い・・・はず。

【追記】
Binanceへ上場しました。次は米国のCoinbaseへの上場が計画されています。(確定事項ではありません)
以上がCosmosのATOMに注目する理由です。

ATOMのトレードの際に知っておきたいことはこちらの記事へ。

ATOMをデリゲートして報酬を得る方法はこちら。

スポンサードリンク
コメントを残す